【失敗を魔物にしているのは自分!!】

0
       この記事は、メールマガジン『上司の心得、部下の心得』にて発信したものです。
    1つテーマに対して、上司と部下それぞれの視点でコミュニケーションのあり方を考えていきます。
    毎週水曜日12:30に配信しております。
    ご興味のある方は、こちらからお申し込み下さい。

    【失敗を魔物にしているのは自分!!】



    さて、先週まで数週間に渡って、

    “自分の未知の能力を信じてチャレンジしてみよう。”

    “正しい努力をしよう”

     

    と話しをしてまいりましたが、

    最後に皆さんに心掛けてほしい心得をお話します。

     

    失敗は成功のもと

    失敗は成功の母

     

    この言葉に異論がある人は少ないでしょう。

     

    しかし、犯した失敗を顧みなければ意味がありません。

     

    「なぜ失敗したんだろ〜?」

    「どうしたら、成功するんだろ〜?」

     

    ただただ成功に向けて驀進するのではなく、

    失敗したことで、

    失敗する前に比べて確実に成功する確率が

    上がらなければ成長はありません。

     

    まっ、このことは今更私が言わなくても、

    皆さん心掛けていることだと思いますし、

    言われなくても人は経験を糧にする術を身に付けています。

     

     

    では、ここから本題に入りましょう。

     

     

    今週のテーマは、

    【失敗を魔物にしているのは自分!!】

     

     

    人には多かれ少なかれ欲求と言うものが存在します。

     

    そしてそれは常に一つではなく、

    数多くの欲求を抱え、

    それらの欲求の中から何らかの意志を持って選択されます。

     

    現代社会において自分の欲求を

    最優先にすることは許されないことが

    多いのも事実です。

     

    それらはストレスとなり

    自らの身体を蝕むことも少なくありません。

     

    行動すべきか、やめるべきか、

    聞き入れるべきか、拒絶すべきか、

    心の葛藤が絶えることはないでしょう。

     

    心理学でも、

    一方の欲求を満たすと

    他の欲求が満たされないと言うような、

    欲求が競合状態にある事を

    「葛藤(Confict)」と言います。

     

    その葛藤は大きく3つの状況に分類されますが、

    今回は話しをしたいのは、

    「正と負の誘引性を同時に持っている場合」、

    失敗するかもしれないが

    やってみなければ成功することもない

    と言う状態のことです。

     

    これって、当たり前のことです。

     

    しかし、多くの人がこの葛藤をすること自体を拒んでいます。

     

    つまり、「負の誘引性」

    失敗することを恐れる気持ちが、

    成功することへの欲求より大きか、

    実はしっかりと考えていない人が多いんです。

     

    よく愚痴を言う人にこの傾向が強いように感じます。

     

    欲求は人一倍多いのに、

    その欲求は自分ではなく他人が原因で

    阻止されていると考えてしまう。

     

    一種の自我防衛機制と言われるものです。

    言い訳をして、自分の心を守っています。

     

    これ自体それほど悪いことではありませんが、

    あまり度が過ぎると、自分自身を失いかねません。

     

    失敗において、

    物理的な損失は人に相談したりすればある程度計算できますが、

    精神的な損失はその人によってその評価は様々です。

     

    チャレンジ出来ない人は、

    この精神的な損失の見積もりが高いか、

    一種のトラウマを抱えています。

     

     

    それをまず知ることが大切です。

     

    自分に向き合って、

    自分の弱さを知る。

     

    これ自体勇気のいることですが、

    もっと自分自身の強さを信じてほしい。

     

    いろいろと理由をつけて行動しないことは簡単です。

    しかし、

    その反面、それが自分自身を傷つけ、弱くしています。

     

    欲求を求めるために努力することを

    否定しないでほしいのです。

     

    “Easy come easy go”

     

    これは私のブログのタイトルでもあるのですが、

    “簡単に手に入るものは、簡単に逃げていく!!”

     

    本当に欲しいものは簡単ではないことが多いと思います。

     

    と言うよりも、簡単ではないから欲しくなる。

     

    だからチャレンジし、努力した結果、

    手に入れば大きな幸福感(達成感)と自信(成長感)を

    手に入れることができるんだと思います。

     

    失敗を恐れずチャレンジして、

    初めて成功へのスタートラインに立てるのです。

     

    後はあきらめずに、努力して

    失敗したら工夫して、また努力する。

     

     

    成功をもっと夢見てもいいと思いますよ^^

     

     

    今週はこの辺で・・・

     

     

    ◆今回の心得◆

     

    失敗という魔物を自分自身で育てている!!

     

    【仕事を楽しくする:活き活き職場構築プロジェクト】

    ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html

     

    今週も最後までお読み頂き、ありがとうございます。



    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    新刊の紹介

    NK総研 代表 瀬川裕之著

    メールマガジン
    『上司の心得、部下の心得』

    ビジネスマン必読!!
    毎週水曜日発行中

    いくら能力があっても、
    組織内で能力を発揮しなければ意味がありません。
    上司と部下の立場から、
    組織における能力発揮コミュニケーション術をお送りしています!!

    メルマガ購読・解除
     

    子育て応援
    メールマガジン

    子育ては、
    ”子どもが独り立ちできるようにする”こと!!

    毎週月曜日発行中 読者急増中!!

    メルマガ登録・解除

    facebook

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      瀬川裕之
    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      名無し

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM