■上司の心得、部下の心得■644号【選択し集中していますか!?】(上司編)

0

    この記事は、メールマガジン『上司の心得、部下の心得』にて発信したものです。 
    1つテーマに対して、上司と部下それぞれの視点で考えていきます。 
    毎週水曜日12:30に配信しております。 

    ご興味のある方は、こちらから登録して下さい。

     

     

    人には理屈を越えた、感情があります。

     

    ちょっとした心の持ちようで、人は大きく変れます。


    ちょっとした心遣いで、人は大きく変ります。

     


    ●今回のテーマは●(今回のテーマは約4分で読めます)

     

    【選択し集中していますか!?】(上司編)

     

    ◆○◆─ since 2006.02 ────────────────<2018.8.29>─

     

    上司の心得、部下の心得  ◆ 644号 ◆

     

    ────────────────────────────────◆○◆
    こんにちは。
    組織の当たり前のレベルを上げることで強い組織を構築する!!
    活き活き組織構築支援コンサルタント NK総研の瀬川裕之です。

     

    多くの組織で人材不足が叫ばれています。

    そんな中、いつも出てくる言葉が「選択と集中」です。

     

    あなたは自分の意思で選択し、そして集中できているでしょうか!?

     

    今回はそんな“選択と集中”をテーマにお送りします。

     

     

    今週も最後まで、お付き合いください。

     

     

     

    新刊本「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     ご購入はこちら(amazon)

     

    組織の持つ“当たり前”のレベルを上げる!!
    『活き活き組織構築プロジェクト』
     ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html

    ────────────────────────────────◆○◆

     

    さて、今週はテーマ【選択し集中していますか!?】
    上司編をお送りします。

     

     


    “選択と集中”

     

     

    いつからか会議でもよく聞く言葉になりました。

     

    要求事項の高度化、短納期、コスト制限
    これらに加え、人材不足。

     


    「忙しすぎて手が回らない!!」

     

    「思った通りに業務を遂行できない!!」

     


    そんな状況から、“選択と集中”せざるを得ない
    と考えている人は多いと思います。

     


    では、実際にどれだけ選択し、

    集中させているでしょうか?


    多くの人は何を優先すべきかを
    選択することはできます。

     

    しかし、集中できているかと言えば、
    多くの方は集中できていません。

     


    なぜか・・・!?

     

     

    選択から漏れたものを
    キチンと捨てていないからです。

     


    「分かっていても、どれも必要で捨てられるものなどないですよ」

     

    そういう方がとても多い。

     

     

     

    確かに、必要のない業務はないでしょう。

     

    どれも、やるべき業務です。

     


    簡単に取捨選択でるようなものが
    いつまでも残っているはずがありません。

     

    だからこそ、“選択と集中”と言う
    意思を持った行為が必要になります。

     


    “選択と集中”で大事なことは、
    捨てるものを決断し実行することです。

     


    選択とは選ぶことではなく
    捨てることだと言っても過言ではありません。

     

     


    ここで捨てると言う行為を
    以下の4つのレベルで考えてみます。

     

     

     

    1、やめてしまう。

     


    最も簡単なことです。

     

    しかし、これは最も少ないはずです。

     

    多くの組織はここでつまづきます。

     

     

     

     

    2、他の人に行ってもらう。

     


    実はここがマネジメント力の見せ所です。

     

    多くの方は「周りも忙しいから・・・」
    と思考を停止させてしまいます。

     

    自分の行っている仕事の重要度が
    低いならそれでもいいでしょう。

     

    もし、そうならそれ自体が大問題です。

     

     

    通常は多くの決断を迫られ、
    組織運営、チーム運営に大きな影響を
    与えるポストにいるはずです。

     

    それなら、部下の生産性を各自10%ずつ
    向上させて、その10%に仕事を移管する。

     

    10%が難しいなら、5%でもいいでしょう。

     

    要はそれを選択し行動するかどうかです。

     

     

    それができないのは、
    自分の仕事に自信のない表れです。

     

    特にプレイングマネージャーの方は
    自分の仕事をよく振り返ってみて下さい。

     

     

     

     

    3、他の業務に取り込む、統合する。

     


    他の業務と一緒にできるものはないか。

     

    ある時の対処が対策を打つ間もなく
    業務として定着していることも多々あります。

     

    また、組織が大きくなると、気づかないうちに
    組織間で同じような業務を行っていることは少なくありません。

     

    マネージャー間で情報共有することで、
    意外と統合できる業務も出てきます。

     

    自組織だけではなく、会社全体を見た
    全体最適と言う想いになることが重要です。

     

     

    また、ITの活用が当たり前になっていますが、
    これらの業務も見直すことで統合できることも少なくありません。

     

     

     

     

    4、シンプルにする。

     

     

    やめることはできないが、
    負担の少ない方向に持っていけないか。

     

    ITの活用はその代表的なものです。

     

    その他にも頻度や粒度を落としても
    情報として問題のないものはないか。

     

    意外とこだわりが詰まりすぎて
    複雑になっていっていることも多いです。

     

    本当にそれがそのレベルまで必要なのかを
    再考することも大切なことです。

     

    また、シンプルにすることで、部下に委譲しやすくなります。

     

     

     


    “選択と集中”はどう捨てるかが肝になります。

     

    多くの方や組織は捨てられずに
    結果的に多くの業務を抱えたままです。

     

     

    上の4つを参考にして、
    捨てることを意識してみてください。

     

    行動せずに机上で“選択と集中”などできません。

     

    これ自体が働き改革なのです。^^

     

     

    今週も当たり前のレベルを上げていきましょう!!

     

     

     

    ◆今回の心得◆

     

    まず捨てること、そうすれば自ずと残りに集中できる!!

     

     

     

    新刊本「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     ご購入はこちら(amazon)

     

    組織の持つ“当たり前”のレベルを上げる!!
    『活き活き組織構築プロジェクト』
     ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html


    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
    【編集後記】

     

    “断捨離”と言う言葉が流行りましたが、
    自宅で断捨離しようと思っても、なかなか実行できていません。

     

    「仕事の反動もあるのかな〜」


    などとつい言い訳を考えてしまいます。

     

     

    しかし、仕事であってもプライベートであっても、
    決して捨ててはならないものが“こだわり!!”だと思っています。

     

    時には、フタをする必要がある時もありますが、
    それは私の実力不足であり、捨てるわけではありません。

     

    こだわって生きるために頑張る!!

     

    これも一つのこだわりですかね。^^

     


    最後までお読み頂き、ありがとうございます。
    今週も笑顔の一週間でありますように!!

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

    JUGEMテーマ:ビジネス



    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    新刊の紹介

    NK総研 代表 瀬川裕之著

    メールマガジン
    『上司の心得、部下の心得』

    ビジネスマン必読!!
    毎週水曜日発行中

    いくら能力があっても、
    組織内で能力を発揮しなければ意味がありません。
    上司と部下の立場から、
    組織における能力発揮コミュニケーション術をお送りしています!!

    メルマガ購読・解除
     

    子育て応援
    メールマガジン

    子育ては、
    ”子どもが独り立ちできるようにする”こと!!

    毎週月曜日発行中 読者急増中!!

    メルマガ登録・解除

    facebook

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      瀬川裕之
    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      名無し

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM