■上司の心得、部下の心得■393号【仕事の優先順位って必要なの・・・】(部下編つづき)

0
    この記事は、メールマガジン『上司の心得、部下の心得』にて発信したものです。
    1つテーマに対して、上司と部下それぞれの視点でコミュニケーションのあり方を考えていきます。
    毎週水曜日12:30に配信しております。
    ご興味のある方は、こちらからお申し込み下さい。

    今週のテーマは、【仕事の優先順位って必要なの・・・】(部下編つづき)


     

    先週からの続きです。

     

    優先順位を決める上で、

    大きく3つの要因を意識していると話をしました。

     

    1、段取りの手間を少なくする。

    2、より早く行なうほうが、得になる。

    3、相手があり、納期の約束がある。

     

    先週は1と2については話をしました。

     

     

    今週は、3の“相手があり、納期の約束がある”

    場合について話を進めてまいりましょう。

     

     

    仕事をしていると、

    上司からの命令やお客様からの要求などで納期を決められ、

    「これが最優先だ!!」なんて言われることも少なくないと思います。

     

    仮に効率的には悪くても、

    上司からの命令やお客様からの要望を

    無視するわけにもいきません。

     

    結果として、どうしても相手主導で納期が決められてしまい、

    対応に四苦八苦するようになってしまいます。

     

     

    これらの事で悩みを抱えている人の共通点は、

     

    “仕方がないじゃないか!!”

     

    と言うものです。

     

     

    しかし、仕事のできる人は、

    違う意味で“仕方がない”と思っています。

     

     

    もし、あなたが先にお客との約束があり、

    どうしても相手の要望する納期に対応できない

    としたらどうしますか?

     

    どちらも大切なお客様です。

     

     

    そうなると、頭を下げてでも、

    こちらの可能な納期で納得していただくようにお願いするか、

    他の対応策を話し合うと思います。

     

    どうしようもないことで、

    仕方がありませんよね。

     

     

    そう、仕方がないんです。

     

    この「仕方がない」が重要なんです。

     

    この仕方がないは、

    あきらめの「仕方がない」ではありません。

     

    積極的な「仕方がない」なんです。

     

    そして、この「仕方がない」の為に、

    相手の要望に対して、どうしてもムリだと頭を下げ、

    新たな納期を提案しなければならない状況が

    本当の交渉のスタートになります。

     

     

    本当に忙しい人は、

    相手主導で納期を決められても

    対応することができません。

     

    ですから、仕方なくこちらの状況によって

    納期を提案していくしかないんです。

     

    もちろん全てではありませんが、

    少なくとも相手の要望に対して即答することはしません。

     

    決して立場が逆転したわけではありませんが、

    忙しくてできないんですから仕方がないんです。

     

     

    そして、結果として本当に忙しい人ほど、

    効率良く仕事をすることができるようになります。

     

    それは仕方なく断ることで、

    自ら優先順位をコントロールすることが

    できるからなんです。

     

    それが分かれば、忙しくない人でも、

    上司の前では難しいでしょうが、

    お客様の前では忙しいフリはできますよね。

     

    そうすれば、最終的にお客様の要望通りになったとしても、

    主導権を持って納期を決めることができます。

     

     

    ただ言われた事を一生懸命やるだけでは、

    本当に良い結果を出し続けることは困難です。

     

    自分自身で考え行動できる環境をつくることが、

    より大きな成功へと近づきます。

     

     

    何でも

     

    「ハイ、できます」

    「すぐやります」

    「いつでも結構です」

     

    なんて言わずに、主導権を持って

    価値の出る仕事を優先に行える

    忙しい人になりましょう!!

     

    振り回される忙しさは、

    忙しい割には結果が出ないものです。

     

    皆さん、痛感してますよ^^;

     

     

    来週から新テーマです!!

     

     

    ◆今回の心得◆

     

    本当に忙しい人ほど、優先順位をコントロールせざるを得ない!!

     

     

    活力のある組織は強い!!

    『活き活き職場構築プロジェクト(活プロ)』

    ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html

     

    今週も最後までお読み頂き、ありがとうございます。

     

    JUGEMテーマ:ビジネス

     


    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>

    新刊の紹介

    NK総研 代表 瀬川裕之著

    メールマガジン
    『上司の心得、部下の心得』

    ビジネスマン必読!!
    毎週水曜日発行中

    いくら能力があっても、
    組織内で能力を発揮しなければ意味がありません。
    上司と部下の立場から、
    組織における能力発揮コミュニケーション術をお送りしています!!

    メルマガ購読・解除
     

    子育て応援
    メールマガジン

    子育ては、
    ”子どもが独り立ちできるようにする”こと!!

    毎週月曜日発行中 読者急増中!!

    メルマガ登録・解除

    facebook

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      瀬川裕之
    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      名無し

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM