■上司の心得、部下の心得■389号【急ぐ時ほど、ゆっくりと】(部下編)

0
    この記事は、メールマガジン『上司の心得、部下の心得』にて発信したものです。
    1つテーマに対して、上司と部下それぞれの視点でコミュニケーションのあり方を考えていきます。
    毎週水曜日12:30に配信しております。
    ご興味のある方は、こちらからお申し込み下さい。

    こんにちは、ストレス・マネジメント・コミュニケーショ

    活き活き職場構築支援コンサルタントの瀬川です。

     

    今週のテーマは、【急ぐ時ほど、ゆっくりと】(部下編)



    先週の話しは、・・・

    急ぐことでストレスが大きくなり、

    その結果、通常の能力を発揮できなくなる。


    これは、部下の立場でもまったく同じです。


    特に多いのが、“ミスがミスを呼ぶ!!”


    ミスを挽回しようとして、

    またミスを犯してしまう。


    正に悪魔のサイクルです。

    私も何度も経験してきました。



    さらに部下の立場では、

    どうしても仕事に追われる形になることが

    多いと思います。


    次から次に仕事を与えられ、

    それらは具体的な仕事の時もあるでしょうが、

    時には期間とノルマだけを指示される

    などと言うことも少なくないでしょう。



    そんな毎日の中で、

    仕事を十分にこなしきれない自分に自信を失ったり、

    プレッシャーに押しつぶされそうになることもあると思います。



    そんな時に振り返ってほしいことがあります。


    「人はできることしかできない!!」


    当たり前のことなのですが、

    ついついできない事をできないと認識することができず、

    なかなか次のステップにいけない人を良く見かけます。



    そこで、考えてほしいのが、


    「できない言い訳ではなく、

    今何ができるか?

    今何をすべきか?」



    どんな要求だろうが、

    人はできることはできますが、できないことはできません。


    しかし、何もできないわけではありません。


    “今と将来”をきちんと分けられるか。

    仕事をする上で、とても重要なことです。


    初めから全てをできるわけではありませんが、

    できることは自分の成長と共に確実に増えて行きます。


    今できないからといって、

    将来もできないともかぎりません。


    ここで焦ってお茶を濁すようなことをして結果を出しても、

    その時は良いかもしれませんが、本当の成長にはつながりません。


    できない事をしっかりと認識できるからこそ、

    課題が明確になり、将来に向けて確実に成長できるのです。


    人は欲張りな動物です。


    今できないことでも、

    何故できないんだと悩み苦しんでしまいます。


    ある意味、それは成長へのエネルギーにつながります。

    今できないことは、将来できるようになれば良いんです。


    もちろん努力は必要です。

    ただその努力の方向を自分に向けることが重要です。


    上司の顔色をみてばかりで、

    その場しのぎの仕事ばかりしていると、

    本当の実力は付きません。



    よく上司に怒られないことだけに

    労力を費やしている人を見かけます。


    確かに上司からの受けは良いですし、

    そこそこ仕事もしているように見えます。


    しかし、そこには仕事の本質が存在していません。


    今この瞬間の仕事をこなすことは大切なことです。


    さらに、自分の将来を見据えて、

    仕事の本質を意識しながら取り組むことで、

    結果的に自分の成長につながります。


    ただただ仕事に追われて一生懸命仕事しているだけでは、

    あっという間に時間なんて経ってしまい、

    ふと立ち止まった時に結局自分は何ができるんだろう

    なんて言うことになってしまいます。



    時速100キロで走る車から、

    隣のガードレールを見ても速くて何も認識できませんが、

    遠くの山々はゆっくり流れ、綺麗な景色を堪能することができます。


    近くばかり(細かいこと)見ている時のスピード感と、

    遠く(全体)を見据えた時のスピード感は全く違います。


    たまには、遠く(仕事の全容、自分の将来)を眺めて、

    綺麗な景色(考え方や進め方、希望や目標や夢)を堪能しながら

    走ることも忘れないでほしいのです。


    上司はあなたのナビはしてくれますが、

    結局あなたの人生のハンドルを握っているのはあなた自身です。


    ただアクセルを踏み続けているだけでは、

    気付いた時にとんでもない場所に辿り着いた

    なんてことになりかねません。


    急ぐ時ほど、ゆっくりと・・・



    あなたの視線は何処を見てますか?

    ちょっと意識してみて下さい。



    今週はここまで・・・


    来週からは仕事の優先順位についての話しをします。

    お楽しみに。



    ◆今回の心得◆


    今と将来を意識せよ!! 器用にお茶を濁すな!!



    ストレス・マネジメント・コミュニケーションで、

    能力を発揮できる環境を:『活き活き職場構築プロジェクト』

    ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html


    今週も最後までお読み頂き、ありがとうございます。


    JUGEMテーマ:ビジネス


    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    新刊の紹介

    NK総研 代表 瀬川裕之著

    メールマガジン
    『上司の心得、部下の心得』

    ビジネスマン必読!!
    毎週水曜日発行中

    いくら能力があっても、
    組織内で能力を発揮しなければ意味がありません。
    上司と部下の立場から、
    組織における能力発揮コミュニケーション術をお送りしています!!

    メルマガ購読・解除
     

    子育て応援
    メールマガジン

    子育ては、
    ”子どもが独り立ちできるようにする”こと!!

    毎週月曜日発行中 読者急増中!!

    メルマガ登録・解除

    facebook

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      瀬川裕之
    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      名無し

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM