■上司の心得、部下の心得■657号【マネジメントスタイルを考える!!】(部下編)

0

    この記事は、メールマガジン『上司の心得、部下の心得』にて発信したものです。 
    1つテーマに対して、上司と部下それぞれの視点で考えていきます。 
    毎週水曜日12:30に配信しております。 

    ご興味のある方は、こちらから登録して下さい。

     

     

    人には理屈を越えた、感情があります。

     

    ちょっとした心の持ちようで、人は大きく変れます。


    ちょっとした心遣いで、人は大きく変ります。

     


    ●今回のテーマは●(今回のテーマは約4分で読めます)

     

    【マネジメントスタイルを考える!!】(部下編)

     

    ◆○◆─ since 2006.02 ───────────────<2018.11.28>─

     

    上司の心得、部下の心得  ◆ 657号 ◆

     

    ────────────────────────────────◆○◆
    こんにちは。
    組織の当たり前のレベルを上げることで強い組織を構築する!!
    活き活き組織構築支援コンサルタント NK総研の瀬川裕之です。

     

    「これまでマネジメントスタイルをしっかりと意識していなかった」

     

    「フレキシブルにスタイルを使い分けると言う発想がなかった」

     

    「協調型やエンハンサー型が良いと思い込んでいました」

     

    いろいろなコメントをいただきました。


    ありがとうございます。

     

     

    マネジメントでの伸び代がまだまだあると言うことですね。^^

     


    今週も最後まで、お付き合いください。

     

     

    代表 瀬川裕之 著 
    「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     〜 組織管理から組織マネジメントへ 〜

     ⇒ ご購入はこちら(amazon)

     

    組織の持つ“当たり前”のレベルを上げる!!
    『活き活き組織構築プロジェクト』
     ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html

    ────────────────────────────────◆○◆

     

    さて、今週はテーマ【マネジメントスタイルを考える!!】
    部下編をお送りします。

     

     

     

     

    部下としてマネジメントを受ける方の立場になると
    自分の望むようなスタイルではないことが多いかと思います。

     


    職場インタビューなどでよく出てくるのが、

     

    「話も聞かずに一方的に指示してくるばかり」

     

    「放任主義で結局何もしてくれない」

     

    結構二極に分かれます。

     

     

    ご自分の状況をふりかえるとどうでしょうか。

     

     

    では、どのようなマネジメントを望んでいるか?

     

    それは、人によってバラバラです。

     

    細かく指示してほしい人もいれば、
    ある程度は任せてほしい人もいます。

     

    また、業務内容によっても変わります。

     

    初めての業務やリスクの高い業務の時と
    ある程度経験のある業務の時では
    その関わり具合も同じではありません。

     

     

    しかし、実際はそこまで細かく対応できる
    管理職の方はなかなかいません。

     

    それはある程度理解できるでしょう。

     

    しかし、それでも考えれば考えるほど
    不満に思うことは出てきます。

     

     


    その不満の先が問題です。

     

     

    そのような状態でどう仕事に取り組むか?

     

     

    通常は二つに分かれます。

     


    一つは、上司に合わせる。

     

    不満を持ちながらも、上手く合わせて
    何事もないように仕事を行う。

     

    組織なんだから当たり前と
    考える人もいるでしょう。

     

    今の上司では仕方がないと
    あきらめている方もいるでしょう。

     

     

     

    もう一つは、上司に反発する。

     

    反発までいかなくても、
    批判的な態度をとる方は少なくありません。

     

     


    しかし、この2つは表面上の反応です。

     

     

    その反応となる前に、
    次の3つのことを考えてほしいのです。

     


    それは、今のマネジメントの中で、

     

    1、どうすれば自分の能力を最大限に発揮できるか。

     

    2、どうすれば自己成長に繋がるか。

     

    3、どうすれば結果を出せるか。

     

     


    その上で手段として、
    上司とどのような関係がベストかを考える。

     


    上司編で話した臨機応変にマネジメントスタイルを
    適用するのとまったく同じ考え方です。

     

    つまり、上の3つの目的を達成する手段として
    上司との付き合い方を選択する。

     

    大人しく従う時もあれば、反発する時もある、
    頼る時もあるでしょう、距離を開ける時もあるかもしれません。

     

    自分のパーソナリティーで画一的に決めるのではなく、
    目的達成のために臨機応変に対応する。

     


    この話をすると「それは八方美人じゃないか」
    という方もいます。

     

    見た目はそう見える時もあるかもしれません。

     

    しかし、上司に合わせて評価されるのと、
    結果を出し続けることで評価される。

     

    目的が全く違います。

     

     

    そして、決定的に違うのが、自己の成長です。


    正当な評価をされないこともあります。

     

    中には非難的な見方をする人もいるでしょう。

     

    しかし、それらによって妥協してしまえばそれまでです。

     

     


    確かに全てが整った環境が一番です。

     

    しかし、全てが整った環境など
    初めから存在することはありません。

     

    では、運次第なのか?

     

    それはあきらめているのと同じです。

     

     

    能力を発揮でき成長できる最良の環境になるように
    ただ我慢するのではなく、


    自らが臨機応変に対応していく。

    良い環境になるか悪い環境になるかは
    結局は自分次第なのです。

     

    まずは自分の能力を発揮すること、
    先を見据えた自己の成長を考えてみてください。

     

    結果は必ず付いてきます。

     

     

    まだまだ能力が眠っていますよね。^^

     

     

    今週も当たり前のレベルを上げていきましょう!!

     

     

     


    ◆今回の心得◆

     

    どんな環境でも結局は自分の想いと行動次第!!

     

     

     

    代表 瀬川裕之 著 
    「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     〜 組織管理から組織マネジメントへ 〜

     ⇒ ご購入はこちら(amazon)

     

    組織の持つ“当たり前”のレベルを上げる!!
    『活き活き組織構築プロジェクト』
     ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html


    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
    【編集後記】

    マネジメントスタイルを考えると
    部下の立場ではどうしても受け身になりがちです。

     

    私もサラリーマン時代には、
    「上司が変わらなきゃ何も変わらない」と本気で思っていました。

     

    しかし、そう考え不満を溜めてイライラしていた数年間は
    今思えばとてももったいない時間でした。

     

    人は周りの環境に大きな影響を受けます。

     

    だからこそ確固たる自分自身の目標を持つことが大切なんですよね。^^

     


    最後までお読み頂き、ありがとうございます。
    今週も笑顔の一週間でありますように!!

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

    JUGEMテーマ:ビジネス



    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    新刊の紹介

    NK総研 代表 瀬川裕之著

    メールマガジン
    『上司の心得、部下の心得』

    ビジネスマン必読!!
    毎週水曜日発行中

    いくら能力があっても、
    組織内で能力を発揮しなければ意味がありません。
    上司と部下の立場から、
    組織における能力発揮コミュニケーション術をお送りしています!!

    メルマガ購読・解除
     

    子育て応援
    メールマガジン

    子育ては、
    ”子どもが独り立ちできるようにする”こと!!

    毎週月曜日発行中 読者急増中!!

    メルマガ登録・解除

    facebook

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      瀬川裕之
    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      名無し

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM