■上司の心得、部下の心得■648号【行なったとできたは違う!!】(上司編)

0

    この記事は、メールマガジン『上司の心得、部下の心得』にて発信したものです。 
    1つテーマに対して、上司と部下それぞれの視点で考えていきます。 
    毎週水曜日12:30に配信しております。 

    ご興味のある方は、こちらから登録して下さい。

     


    人には理屈を越えた、感情があります。

     

    ちょっとした心の持ちようで、人は大きく変れます。

     

    ちょっとした心遣いで、人は大きく変ります。

     


    ●今回のテーマは●(今回のテーマは約3分で読めます)

     

    【行なったとできたは違う!!】(上司編)

     

    ◆○◆─ since 2006.02 ────────────────<2018.9.26>─

     

    上司の心得、部下の心得  ◆ 648号 ◆

     

    ────────────────────────────────◆○◆
    こんにちは。
    組織の当たり前のレベルを上げることで強い組織を構築する!!
    活き活き組織構築支援コンサルタント NK総研の瀬川裕之です。

     

    仕事をする上で勘違いや認識の違いなどはよくあることです。

     

    しかし、それをよくあることで済ませてしまっては
    生産性も業務品質も上がらず、モチベーションも下がってしまいます。

     

    今回はその原因となり、なかなか気づかない“あいまい”に
    焦点を当てていきましょう。

     

     

    今週も最後まで、お付き合いください。

     

     

     

    新刊本「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     ご購入はこちら(amazon)

     

    組織の持つ“当たり前”のレベルを上げる!!
    『活き活き組織構築プロジェクト』
     ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html

    ────────────────────────────────◆○◆

     

    さて、今週はテーマ【行ったとできたは違う!!】
    上司編をお送りします。

     

     

     

     

     

    「プロセスと結果、どちらを重要視した方がよいですか?」

     

    よくこのようなご質問をいただきます。

     


    「どちらも重要です!!」

     

    それが答えですが、考え方を整理しなければ
    成り行きになってしまいます。

     


    マネジメントの目的の一つに

     

    “個々の能力を発揮させ、成長できる環境を整える”

     

    と言うことがあります。

     


    そこから考えると、プロセスを重視した方がよいのか、
    結果を重視した方がよいのか。

     

    この2つを使い分けることこそが
    重要だと言うことが分かります。

     

     

    例えば、
    新人に対してはプロセス、
    つまりやり方や考え方を
    初めは教えた方がよいだろう。

     

    しかし、これ以上は自分で考えさせ
    行動を促すために結果を示しておこう。

     

     

    などとプロセスと結果を使い分けるでしょう。

     

    これは新人に限ったことではありません。

    その業務の経験や持っているスキル、
    その時の状況や個人の感情など
    状況に合わせて使い分けることで
    マネジメントの質を上げることができます。

     


    しかし、実際に振り返ってみてどうでしょう。

     


    多くの組織で見られるのが、普段の業務では

     

    「○○をやっといて!!」

     

    無意識にプロセスを指示し、

     

    対して会議やミーティングなどでは、

     

    「何時までに○○を達成するように!!」

     

    と結果を指示し、計画は立てるけど
    具体的なプロセスは担当任せになってしまう。

     


    先ほどの状況に応じた使い分けが
    意識できていないことが多いのです。

     

    使い分けができているとすれば、
    納期が迫ったという状況の時に
    具体的なプロセスを指示するぐらいでしょうか。

     

    しかし、それは意識的というよりは
    そうせざるを得ないという方が正しいかと思います。

     

     


    実はそれらことが、組織内で

     

    “あいまいな指示・命令”

     

    “あいまいな計画”

     

    となり、お互いの

     

    “あいまいな認識”

     

    に繋がっています。

     

     

    プロセスと結果を意識的に使い分けようと思えば、
    現在の状況をよりキッチリと把握する必要があります。

     

    また、将来に向けての人財育成の計画も
    明確になっていなければなりません。

     


    組織運営において当たり前のことですが、
    キッチリと意識して使い分けるには
    まだまだ現状把握も育成計画もあいまいで
    明確になっていないことが多いのです。

     

     

    現状把握も育成計画も結果を出し続けるための手段です。

     

    それらはすべて繋がっていなければ意味がありません。

     

     

     

    そのためにはまずは意識すること。

     

    そして、それらの情報を普段のマネジメントに活かすこと。

     

     

    普段の業務の中で、

     

    “個々の能力を発揮させ、成長できる環境を整える”

     

    ためにはどう使い分けるか。

     

    使い分けるためには何が必要なのか。

     

    それを伝えるためのマネジメントスタイルは。

     


    意識すれば状況に応じた答えが出てきます。

     


    ただし、

     

    知っているつもり、
    分かっているつもり、
    伝えたつもり、
    決めたつもり、
    ・・・

     

    自分自身がつもりになっていないか、
    一度謙虚に振り返ってみて下さい。

     

    本当に謙虚になり、
    その上でコミュニケーションを取れば、
    新たに見えてくるものが出てきます。

     

    それが今のレベルであり、
    レベルアップするための課題です。

     


    しっかりと謙虚になって意識しないと、
    “あいまい”は逆に増殖していきます。

     

    立場でのストレスが、
    立場での甘えになっていませんか。^^

     

     

    今週も当たり前のレベルを上げていきましょう!!

     

     

    ◆今回の心得◆

     

    無意識に生み出す“あいまい”をまずは明確に!!

     

     

     

    新刊本「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     ご購入はこちら(amazon)

     

    組織の持つ“当たり前”のレベルを上げる!!
    『活き活き組織構築プロジェクト』
     ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html


    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
    【編集後記】

     

    本編で“一度謙虚に振り返ってみて下さい。”

    と書きましたが、実際に謙虚に振り返るは容易ではありませんよね。

     

    だからこそ、謙虚さはその人の成長と変化に大きく影響します。

     

    これまで多くの方にお会いしてきましたが、
    謙虚である人は貪欲でもあり、ハングリーです。

     

    逆に貪欲であり、ハングリーだから謙虚でいる、
    謙虚になれるのかもしれません。

     

     

    “人の話を聞く!!”

     

    この行為が最も謙虚さが表れるとこですかね。^^

     


    最後までお読み頂き、ありがとうございます。
    今週も笑顔の一週間でありますように!!

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

    JUGEMテーマ:ビジネス



    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    新刊の紹介

    NK総研 代表 瀬川裕之著

    メールマガジン
    『上司の心得、部下の心得』

    ビジネスマン必読!!
    毎週水曜日発行中

    いくら能力があっても、
    組織内で能力を発揮しなければ意味がありません。
    上司と部下の立場から、
    組織における能力発揮コミュニケーション術をお送りしています!!

    メルマガ購読・解除
     

    子育て応援
    メールマガジン

    子育ては、
    ”子どもが独り立ちできるようにする”こと!!

    毎週月曜日発行中 読者急増中!!

    メルマガ登録・解除

    facebook

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      瀬川裕之
    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      名無し

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM