■上司の心得、部下の心得■724号【自分は本当に正しいのか!?】(上司編)

0

     

    この記事は、メールマガジン『上司の心得、部下の心得』にて発信したものです。 


    1つテーマに対して、上司と部下それぞれの視点で考えていきます。 
    毎週水曜日12:30に配信しております。 

    ご興味のある方は、こちらから登録して下さい。

     

     

    人には理屈を越えた、感情があります。

    ちょっとした心の持ちようで、人は大きく変れます。
    ちょっとした心遣いで、人は大きく変ります。


    ●今回のテーマは●(今回のテーマは約4分で読めます)

    【自分は本当に正しいのか!?】(上司編)

    ◆○◆─ since 2006.02 ───────────────<2020.3.25>─

    上司の心得、部下の心得  ◆ 724号 ◆

    ────────────────────────────────◆○◆
    こんにちは。
    組織の当たり前のレベルを上げることで強い組織を構築する!!
    活き活き組織構築支援コンサルタント NK総研の瀬川裕之です。

    先週に続いて、Webマガジン「by them(バイゼム)」に
    『ムダな使命感は捨てよ。「No」から始まる、成果を生む仕事のやり方』
    と題して、記事が掲載されました。

    お時間のある時にでもご一読いただければ幸いです。

    by them  ⇒ https://by-them.com/409495 (^^)

    今週も最後まで、お付き合いください。

     

    代表 瀬川裕之 著  経営者、管理者向け
    「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     〜 組織管理から組織マネジメントへ 〜

     ⇒ ご購入はこちら(amazon)

     

    働き方改革のために真の現状把握を!!
    『職場診断アンケート』

    社内風土と組織内の意識格差を客観的に分析
     ⇒ http://www.nksouken.com/investigate.htm


    ────────────────────────────────◆○◆

    今週のテーマは【自分は本当に正しいのか!?】上司編をお送りします。

     

     

    仕事をする上で誰しも
    正しい判断や行動を取りたいと思っています。

    しかし、中には妥協したり、
    意に沿わない判断を迫られることも出てきます。

    そんな時、人はその判断を
    正当化するための材料を探し始めます。



    「組織人としては正しい」

    「今は仕方がない」

    「仕事とはそういうものだ」


    色んな考えが頭の中を駆け巡ります。



    そして、そのようなことが繰り返されると
    少しずつ正しいの認識が変化していき、
    やがて組織風土となって定着していきます。


    また、結果からも大きな影響を受けます。

    成功 = 正しい

    失敗 = 間違い


    この図式が成り立ってしまうと、
    情報に対する重み付けが変わってしまいます。

    経験は諸刃の剣であることを意識しないと、
    思考は停止し、現状把握が甘くなります。


    実はこれらの正しいことへの認識の変化が
    コミュニケーションに大きな影響を与えています。


    その最も悪い例が相手の話を聴かずに
    高圧的になってしまうことです。

    そうなる要因は正しいことへのストーリがあいまいになり、
    相手(部下)に納得させるのがとても面倒になってくるからです。


    しかし、多くの管理職の方は
    自分の思考と行動の変化に気づきません。

    それは与えられた役職へのプレッシャーが
    大きくのしかかっているからです。

    その結果、部下との距離は遠ざかり、
    益々圧力を強めるという悪循環に陥ります。

    それは仮に判断自体が正しくても
    組織として正しい運営はできません。

    そうなると部下の頑張りも報われません。


    正しい判断をすることはとても重要ですが、
    その判断を活かすためにも正しい言動が大切です。

    正しい判断には正しい言動(コミュニケーション)が
    伴わなくてはまったく意味を成さないのです。



    組織力に最も影響を与えるのは人間関係です。

    そのベースがコミュニケーションであることは
    誰もが認識しています。


    それなのに意外と意識していない人が多いし、
    あえて避けている人もいます。

    「自分はそんなキャラクターではないから・・・」

    「正しいことを言っているのだから・・・」

    「上司の命令を聞くのは当たり前」



    もし、そんなことが頭をよぎるようなら
    その判断は大きな間違いです。

    人は正しい判断だと思えば思うほど
    意識しないと謙虚さを失います。

    正しい判断を続けるためにも
    正しい言動を意識することは重要です。

    しかし、正しい言動に答えはありません。
    だからこそ、何が正しい言動かを意識してみてください。

    意識すれば自ずと人(相手)を見るようになります。
    話を聴くようになります。


    “相互理解”

    それがコミュニケーションですかね。(^^)


    今週も当たり前のレベルを上げていきましょう!!



    ◆今回の心得◆

    人に対しての、“正しい”を意識する!!

     

     


     

    代表 瀬川裕之 著  経営者、管理者向け
    「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     〜 組織管理から組織マネジメントへ 〜

     ⇒ ご購入はこちら(amazon)

     

    働き方改革のために真の現状把握を!!
    『職場診断アンケート』

    社内風土と組織内の意識格差を客観的に分析
     ⇒ http://www.nksouken.com/investigate.htm


    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
    【編集後記】

    夫婦ケンカで男性の正論がキッカケと言うのが意外と多いんです。

    「それは本当に正しいことなの・・・?」
    「言い方が悪いだけで、内容は正しいんじゃない・・・?」
    「正論を言われて逆ギレしてるだけじゃない・・・?」

    いろんなことを考え、言う方がいますが、
    どれも正しくて、どれも間違っています。

    それはお互いにどれだけ相手ことを見ているか。
    そこが重要な鍵になります。

    人間関係は相手があってのことですからね。(^^)


    最後までお読み頂き、ありがとうございます。
    今週も笑顔の一週間でありますように!!

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

    JUGEMテーマ:ビジネス



    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    新刊の紹介

    NK総研 代表 瀬川裕之著

    メールマガジン
    『上司の心得、部下の心得』

    ビジネスマン必読!!
    毎週水曜日発行中

    いくら能力があっても、
    組織内で能力を発揮しなければ意味がありません。
    上司と部下の立場から、
    組織における能力発揮コミュニケーション術をお送りしています!!

    メルマガ購読・解除
     

    子育て応援
    メールマガジン

    子育ては、
    ”子どもが独り立ちできるようにする”こと!!

    毎週月曜日発行中 読者急増中!!

    メルマガ登録・解除

    facebook

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      瀬川裕之
    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      名無し

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM