■上司の心得、部下の心得■670号【生産性を理解していますか!?】(部下編)

0

    この記事は、メールマガジン『上司の心得、部下の心得』にて発信したものです。 
    1つテーマに対して、上司と部下それぞれの視点で考えていきます。 
    毎週水曜日12:30に配信しております。 

    ご興味のある方は、こちらから登録して下さい。

     

     

    人には理屈を越えた、感情があります。

     

    ちょっとした心の持ちようで、人は大きく変れます。

     

    ちょっとした心遣いで、人は大きく変ります。

     


    ●今回のテーマは●(今回のテーマは約4分で読めます)

     

    【生産性を理解していますか!?】(部下編)

     

    ◆○◆─ since 2006.02 ───────────────<2019.3.6>─

     

    上司の心得、部下の心得  ◆ 670号 ◆

     

    ────────────────────────────────◆○◆
    こんにちは。
    組織の当たり前のレベルを上げることで強い組織を構築する!!
    活き活き組織構築支援コンサルタント NK総研の瀬川裕之です。

     

    早いもので年明けしてもう2ヶ月が過ぎました。
    3月が年度末の会社も多いでしょう。

     

    働き方改革の名の下、生産性の向上が業務の一部のようになっていますが、
    原点に戻ってラストスパートと来年度の準備に取り掛かりましょう。^^

     

     

    今週も最後まで、お付き合いください。

     

     

     

    代表 瀬川裕之 著 
    「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     〜 組織管理から組織マネジメントへ 〜

     ⇒ ご購入はこちら(amazon)

     

    組織の持つ“当たり前”のレベルを上げる!!
    『活き活き組織構築プロジェクト』
     ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html

    ────────────────────────────────◆○◆

     

    さて、今週は【生産性を理解していますか!?】部下編をお送りします。

     

     


    「生産性の良い仕事のやり方を考えろ!!」

     


    言い方は違えど、
    同じようなことを言われたことは多いでしょう。

     

    今ではどの業種でも生産性の向上は
    業務の一つとして語られます。

     

    改善提案の提出を
    義務付けている会社もあります。

     

     


    ここで2つの視点が生まれます。

     

     

    それが、「改善」と「改革」です。

     

     

    どちらも同じように捉えている方もいますが、
    両者はまったく考え方が違います。

     

     

    改善は“現状肯定”であり、
    改革は“現状否定”です。

     


    改善は現状のやり方を肯定しているわけですから
    悪い所があれば良くするのは当然のことです。

     

    例えば、ムダがあるのに放置しているのは
    仕事をさぼっているのと同じことです。

     

    しかし、このムダと言うのが問題で、
    ムダに対する認識にバラツキがあります。

     

    中には必要なムダもあるという方もいます。

     

    この時点で認識があいまいです。

     


    例えば、休憩時間。

     

    仕事をしていません。

     

     

    しかし、
    「集中力を維持するためには
    ムダだけども必要なこと」

     

    そんな解釈です。

     

     

    ここで大切なことは目的意識です。

     

    「何のために行うのか!?」

     

     

    そして、その目的達成のために

     

    「今のやり方にムダがないか!?」

     


    休憩がムダだけど必要だと考えると
    その時点で思考が止まってしまいます。

     

    休憩が必要なムダと考えるのではなく
    どのような形で休憩するのが良いのか?

     

    そもそも休憩の目的は何だ!?

     

    目的達成のため以外に
    必要のないムダが隠れていなか!?

     


    そう考えると、いろんなものが見えてきます。

     

    ましてや、人が違えば尚更です。

     

    その刺激が改善のアイディアに繋がります。

     

     


    一生懸命仕事をしていると
    見えなくなることもたくさん出てきます。

     

    目的を考えることなく
    継続的に行われている業務もあります。

     

    それが当たり前になってしまっています。

     


    そこで、「もっと楽にできなかな〜」
    という欲求を持つことが大切です。

     


    そして、その仕事の目的を考えてみる。

     

     

    すると、今の手段、動きにもムダが見えてきます。

     


    改善を行うことで、
    仕事の中身が本当に理解できるようになります。

     

     


    この、

     

    “仕事を理解できるようになる!!”

     

    これがとても大切なことなのです。

     

     

     

    そすると、さらに一歩進んで、現状に囚われず、

     

    “その目的を達成する最良の手段!!”

     

    というものを考えられるようになります。

     

     

    それが、今の手段に囚われずに新しい手段を生み出す、
    ”改革!!“に繋がります。

     

     

    改善も改革もより早く安く確実に
    目的を達成するためのものです。

     

    その手段を磨くのか!!、
    新しいやり方に変えるのか!!

     


    生産性を考える時、
    まずは目的をしっかりと認識することです。

     

     

    改善と改革!!

     

     

    改善を続けることが、改革に繋がります。

     

    それは仕事の理解が深まるからです。

     

     

     

    一年前を全く同じ仕事を同じペースでしていては
    評価されることはありません。

     

    逆に評価は下がります。

     

     


    会社が投資して生産性が向上しても
    自分の評価が上がるわけではありません。

     


    自ら改善と改革を続けていくこと。

    これは自分自身の成長です。

     


    生産性の向上は
    会社のためだけではありません。

     

     

    そこを勘違いしてしまうと、
    自己の成長に自らブレーキを掛けてしまいます。

     


    まずはしっかりと今の仕事の目的を
    理解することから始めてみましょう。

     

     

    意外とあいまいになっていますよ。^^

     

     

     

    今週も当たり前のレベルを上げていきましょう!!

     

     

     

    ◆今回の心得◆

     

    自己成長と生産性向上をイコールにする!!

     

     

     

     

    代表 瀬川裕之 著 
    「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     〜 組織管理から組織マネジメントへ 〜

     ⇒ ご購入はこちら(amazon)

     

    組織の持つ“当たり前”のレベルを上げる!!
    『活き活き組織構築プロジェクト』
     ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html


    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
    【編集後記】

     

    「もっと楽にできなかな〜」という欲求を持つことが大切ですと言いました。

     

    私はそれが生産性向上の原点だと思っています。

     

    それにプラスするとすれば、“競争心!!”

     

    誰よりも楽に結果を出せると言うことは、
    誰よりも生産性が高いと言えます。

     

    それは個人だけではなく、組織でそうなることが大切です。

     

    それが働き方改革にも繋がります。(^^)

     


    最後までお読み頂き、ありがとうございます。
    今週も笑顔の一週間でありますように!!

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

    JUGEMテーマ:ビジネス



    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>

    新刊の紹介

    NK総研 代表 瀬川裕之著

    メールマガジン
    『上司の心得、部下の心得』

    ビジネスマン必読!!
    毎週水曜日発行中

    いくら能力があっても、
    組織内で能力を発揮しなければ意味がありません。
    上司と部下の立場から、
    組織における能力発揮コミュニケーション術をお送りしています!!

    メルマガ購読・解除
     

    子育て応援
    メールマガジン

    子育ては、
    ”子どもが独り立ちできるようにする”こと!!

    毎週月曜日発行中 読者急増中!!

    メルマガ登録・解除

    facebook

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      瀬川裕之
    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      名無し

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM