■上司の心得、部下の心得■755号【自分はどんな価値を生み出しているのか!!】(上司編)

0

    この記事は、メールマガジン『上司の心得、部下の心得』にて発信したものです。 

     

    1つテーマに対して、上司と部下それぞれの視点で考えていきます。 
    毎週水曜日12:30に配信しております。 

    ご興味のある方は、こちらから登録して下さい。

     

     

     

    人には理屈を越えた、感情があります。

     

    ちょっとした心の持ちようで、人は大きく変れます。

    ちょっとした心遣いで、人は大きく変ります。

     

     

    ●今回のテーマは●(今回のテーマは約4分で読めます)

     

    【自分はどんな価値を生み出しているのか!!】(上司編)

     

    ◆○◆─ since 2006.02 ───────────────<2020.10.28>

     

    上司の心得、部下の心得  ◆ 755号

     

    ────────────────────────────────◆○◆

    こんにちは。

    組織の当たり前のレベルを上げることで強い組織を構築する!!

    活き活き組織構築支援コンサルタント NK総研の瀬川裕之です。

     

    会社のスローガンなどで、“価値”という言葉をよく目にします。

     

    では、自分たちの業務でどれだけ価値を意識しているでしょうか。

     

    今回はそれぞれの業務の価値について考えていきたいと思います。(^^)

     

     

    今週も最後まで、お付き合いください。

     

     

     

    【メディア掲載】

    Webマガジン「by them(バイゼム)」掲載記事

    『デキる大人が「しない」こと。部下が思わず憧れるビジネス会議術』

     ⇒ https://by-them.com/413083

     

    代表 瀬川裕之 著  経営者、管理者向け
    「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     〜 組織管理から組織マネジメントへ 〜

     ⇒ ご購入はこちら(amazon)

     

    働き方改革のために真の現状把握を!!
    『職場診断アンケート』

    社内風土と組織内の意識格差を客観的に分析
     ⇒ http://www.nksouken.com/investigate.htm

    ────────────────────────────────◆○◆

     

    今週のテーマは

     

    【自分はどんな価値を生み出しているのか!!】上司編

     

    をお送りします。

     

     

     

    「あなたは部下を幸せにしていますか?」

     

    そして、

     

    「あなた自身は幸せですか?」

     

     

     

    この2つの質問を頭の片隅に置きながら

    上司の価値を考えていきましょう。

     

     

     

    会社という枠組みの中で、

    上司の立場の方は自らが直接価値を

    生み出すことほとんどないでしょう。

     

    上司の価値とは、

    組織で生み出す10の価値を2倍3倍と上げていく、

    もしくはより早く10の価値を生み出す。

     

    そして、その価値の品質を担保する。

     

    さらに、それを継続し、向上させる。

     

    マネジメントを通して

    より大きな価値を創造させる。

     

    とても重要な役目です。

     

     

    しかし、多くの上司の方は、

    分かっていても普段の業務の中で

    その意識はかなり薄いものになっています。

     

    なぜなら、多くの方から聞かれる言葉は

     

    「忙しくて仕事が回らない」

     

    「とにかく時間がない」

     

    「やることが多すぎてそこまで考えられない」

     

    今の仕事で精一杯という悲鳴です。

     

    さらにそこに働き方改革での時短命令。

     

     

    本来ここで立ち止まって

    選択と集中を行うことが必要だとは

    誰もが認識しています。

     

    しかし、思考が完全に自転車操業状態になっており、

    立ち止まり振り返る余裕もなく

    ひたすらペダルを踏み続けています。

     

     

    そんな状態を外から見ると

    まるで逆風の中を進んでいるかのように

    一生懸命こいでいる割には進んでいません。

     

    ペダルの力が推進力に伝わっていないのです。

     

     

    自分の今の仕事のやり方や進め方が

    組織の価値をどれだけ上げているのか。

     

    自分の決断や発する情報が

    どれほど影響しているのか。

     

    逆に決断の遅れやあいまいな情報が

    価値向上を妨げていないか。

     

    一つ一つ考えれば、

    何をどう変えればいいのか。

     

    何を選択すればいいのか。

     

    どこに集中すればいいのか。

     

     

    自ずと見えてくるはずです。

     

     

     

    一つ例を挙げれば、「計画」

     

    価値をより向上させるために

    どのように取り組んでいるでしょうか?

     

    忙しいので計画は納期だけを示して、

    現場の負荷状況の確認もあいまいなまま

    見栄えのいい「できない計画」を立てさせる。

     

     

    それは何のための誰のための計画でしょうか?

     

    納期が厳しいのは分かります。

     

    だからこそ、その時点で

    「できない」、「厳しい」と言う声を聞き、

    どうしたらできるかを検討し

    調整することが価値向上に繋がります。

     

    それをせずに結果的に遅れると

    「何で遅れたんだ」と叱咤する。

     

    部下は叱咤されるのが嫌になり

    頑張りはするが間に合わせるために

    どこかで手を抜く。

     

    それが品質問題やデータの改ざんなどの

    原因の大きな要因の一つとなっています。

     

    つまり、その行為が組織の価値を下げているのです。

     

     

    これでは、誰も幸せになれません。

     

     

     

    今の業務の多くは、

    以前に起こった問題の再発防止などで

    安易に増えたものなどが多々含まれています。

     

    本当に価値を向上させるための業務は何か。

     

    原点に戻って、

    コア業務をもう一度明確にすることです。

     

     

    上司として、今の立場での

    コア業務は何か。

     

    何のために今の地位にいるのか。

     

    自分の仕事の本質は何か

     

     

    照準をしっかりと合わせないと

    せっかくの頑張りもムダになります。

     

    それは部下の頑張りに対しても言えることです。

     

    上司の考え方や取り組みが

    組織の価値に大きく影響を与えます。

     

     

    より大きな価値とより早く生み出し続ける。

     

     

    部下のためにも立ち止まって

    業務を振り返り、コア業務を明確にし、

    しっかり選択と集中を行うことで

    自分の価値を上げましょう。

     

    存在価値という名の価値をです。

     

     

    そして最後にもう一度、

     

    「あなたは部下を幸せにしていますか?」

     

    そして、

     

    「あなた自身は幸せですか?」

     

     

    甘い考えなどと思わずに

    ぜひ向き合ってほしいと思います。(^^)

     

     

     

    今週も当たり前のレベルを上げていきましょう!!

     

     

     

    ◆今回の心得◆

     

    マネジメントのコア業務を見極めよう!!

     

     

     

     

    【メディア掲載】

    Webマガジン「by them(バイゼム)」掲載記事

    『デキる大人が「しない」こと。部下が思わず憧れるビジネス会議術』

     ⇒ https://by-them.com/413083

     

    代表 瀬川裕之 著  経営者、管理者向け
    「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     〜 組織管理から組織マネジメントへ 〜

     ⇒ ご購入はこちら(amazon)

     

    働き方改革のために真の現状把握を!!
    『職場診断アンケート』

    社内風土と組織内の意識格差を客観的に分析
     ⇒ http://www.nksouken.com/investigate.htm

     

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

    【編集後記】

     

    上司の方に価値の話をすると、

    プレイングマネージャーの方が一番明確に話をしてくれます。

     

    しかし、それはプレイヤー視点の価値であることが多く

    マネジメントでの視点が抜け落ちていることが少なくありません。

     

    プレイングマネージャーとして頑張っている方。

     

    大変なのはよく分かりますが、大変にしているのが自分自身かもしれません。

    それを薄々分かっている方も多いはずです。

     

    覚悟を持って取り組めるかどうかが鍵ですね。(^^)

     

     

    最後までお読み頂き、ありがとうございます。

    今週も笑顔の一週間でありますように!!

     

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

    JUGEMテーマ:ビジネス


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << November 2020 >>

    新刊の紹介

    NK総研 代表 瀬川裕之著

    メールマガジン
    『上司の心得、部下の心得』

    ビジネスマン必読!!
    毎週水曜日発行中

    いくら能力があっても、
    組織内で能力を発揮しなければ意味がありません。
    上司と部下の立場から、
    組織における能力発揮コミュニケーション術をお送りしています!!

    メルマガ購読・解除
     

    子育て応援
    メールマガジン

    子育ては、
    ”子どもが独り立ちできるようにする”こと!!

    毎週月曜日発行中 読者急増中!!

    メルマガ登録・解除

    facebook

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      瀬川裕之
    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      名無し

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM