■上司の心得、部下の心得■731号【こんな時だからこそ、ロードマップを示す!!】(部下編)

0

    この記事は、メールマガジン『上司の心得、部下の心得』にて発信したものです。 

     

    1つテーマに対して、上司と部下それぞれの視点で考えていきます。 
    毎週水曜日12:30に配信しております。 

    ご興味のある方は、こちらから登録して下さい。

     


    人には理屈を越えた、感情があります。

    ちょっとした心の持ちようで、人は大きく変れます。
    ちょっとした心遣いで、人は大きく変ります。


    ●今回のテーマは●(今回のテーマは約5分で読めます)

    【こんな時だからこそ、ロードマップを示す!!】(部下編)

    ◆○◆─ since 2006.02 ───────────────<2020.5.13>─

    上司の心得、部下の心得  ◆ 731号 ◆

    ────────────────────────────────◆○◆
    こんにちは。
    組織の当たり前のレベルを上げることで強い組織を構築する!!
    活き活き組織構築支援コンサルタント NK総研の瀬川裕之です。

    新型コロナウイルスは確実に収束に向かっていますが、
    現在の状況では元の生活に戻るまでにはいきません。

    これまでの当たり前をコロナ仕様の当たり前に変えること。
    私たちは変化に対応できるのです。(^^)


    今週も最後まで、お付き合いください。

     

     

    代表 瀬川裕之 著  経営者、管理者向け
    「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     〜 組織管理から組織マネジメントへ 〜

     ⇒ ご購入はこちら(amazon)

     

    働き方改革のために真の現状把握を!!
    『職場診断アンケート』

    社内風土と組織内の意識格差を客観的に分析
     ⇒ http://www.nksouken.com/investigate.htm


    【メディア掲載】
    月刊ロジスティクス・ビジネス(Logi-Biz)誌 4月号
    「働き方改革というキッカケを組織マネジメントに生かす」
    抜き刷り版ファイル(PDF版)はこちら
     ⇒ http://www.nksouken.com/Logibiz20042.pdf
    ────────────────────────────────◆○◆

    今週のテーマは【こんな時だからこそ、ロードマップを示す!!】
    部下編
    をお送りします。

    新型コロナウイルスの感染対策として、
    テレワークという言葉が当たり前に
    聞かれるようになりました。

    実施状況は企業や業種、業態によって差はありますが、
    今後は一つの働き方として定着していくでしょう。

    そして、大きく変わろうとしているのが、
    評価の考え方
    です。

    成果を評価されるのは同じですが、
    これまでは、多くの企業が
    会社にいる時間も評価の一部としていました。

    「よく頑張っているね」

    残業の多い社員に掛けられる言葉です。

    働き方改革で時短勤務の取り組みが始まり、
    評価の考え方も変わってきました。

    しかし、やっぱり残業せざるを得ない状況にある人に対しては
    生産性に関わらずある一定の評価をしていました。

    つまり、成果+時間が根強く残っています。

    ある会社では年功序列で成果に対する評価が
    あいまいであるがゆえに
    8時間でできる仕事を10時間で行い、
    残業代を稼いでいるという人もいます。

    しかし、これからはテレワークの流れからも
    成果主義に変わっていくことは明らかです。

    業務の生産性を問われるようになります。

    そうなるといろいろな問題が出てきます。

    業務がより個人主義に
    なっていく組織もあるでしょう。

    もちろん、マネジメントの質が
    今以上に問われるようになります。

    もしかしたら、働きにくい環境になるかもしれません。

    しかし、会社や組織によって多少の違いはあっても。
    この流れは止められません。

    中には、

    「自分の会社はそうそう変わりませんよ」


    そんな風に考えている方もいるでしょう。

    しかし、自分の周りは変わっていなくても、
    一歩外に出れば状況は一変します。

    いつ、巻き込まれるかわかりません。
    時間の問題なのです。

    さらに多くの人は努力しています。
    努力せざるを得ない人もいます。

    止まっていても、周りは動いているのです。

    そんな状況の中、じっとしているのは
    自らの成長のチャンスを放棄しているのと同じです。

    そして、そういう人ほど
    めちゃくちゃ伸びしろがあります。

    ぜひ、自己の成長のロードマップを描いて、
    楽しくワクワクしながら成長してください。

    いきなり、長期的なものではなく、
    まずは1年で考えてみると描きやすいです。

    1年後にどの業務で、どのように評価されたいか。
    自分はどんな風に仕事をしていたいか。

    それが目標になります。

    より具体的にイメージして、
    それを表現してみてください。


    例えば、

    「今の業務(具体的に)を半分の時間でできるようになる」

    「今の業務(具体的に)を一人でできるようになる」

    「新たに3つの業務(具体的に)を習得する」


    1年後なら具体的にイメージできるはずです。

    目標が設定できたら、
    それが達成されるまでのプロセスを描きます。

    単純に、どうやったら、
    どうなったらできるのかを考えるだけです。

    そして、そのゴールまでを1年かけて
    どのように進むかをイメージします。

    自分のレベルを1ヶ月ごとに区切ってみるのも
    一つの考え方です。

    12か月であれば、
    毎月10%ずつレベルアップすれば
    十分に達成できます。

    また、成長のための技術の習得を
    ステップで考えることもできます。

    まずはここまでのイメージを
    しっかりと持つことが大切です。

    イメージできたら、
    それをアウトプットしてきます。

    初めは項目だけでOKです。

    何から始めて、どうなって、どうなる・・・。

    一連の流れをしっかりつくりましょう。


    ここまでくれば、あとは実行計画です。

    まずは月ごとに区切って、
    毎月どうなっているのかをイメージします。

    そして、毎月のゴール(マイルストーン)を決めていきます。

    次にそのゴールに達成するための
    手段を考えるのですが、
    あまり先のことまで細かく考える必要はありません。

    まずは、今月の1か月の手段を
    具体的に考えていきます。

    そして、その1か月の手段を週に区切ってみる。

    さらに、今週の手段を日に区切ってみる。
    そしてそれを日々実行していく。

    毎週、毎月、結果を振り返りながら、
    それを繰り返していきます。

    毎日行動することが重要です。


    1年先のゴールは明確に決めても、
    1年先の行動まで明確にする必要はありません。

    1年先を見据えた今日が明確になればいいんです。
    その明確になった今日をしっかりと行動する。


    積み重ねでしか人は成長できません。
    逆に言えば、積み重ねなくできるようなことは
    大きな評価に値しません。

    あくまで、日々行動し、前進する。

    こんな時だからこそ、
    ぜひ、自分のロードマップを作ってみてください。

    遅すぎるなんてことはありませんよ。(^^)


    今週も当たり前のレベルを上げていきましょう!!



    ◆今回の心得◆

    自分の地図は自分で作ろう!!

     

     

     

    代表 瀬川裕之 著  経営者、管理者向け
    「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     〜 組織管理から組織マネジメントへ 〜

     ⇒ ご購入はこちら(amazon)

     

    働き方改革のために真の現状把握を!!
    『職場診断アンケート』

    社内風土と組織内の意識格差を客観的に分析
     ⇒ http://www.nksouken.com/investigate.htm


    【メディア掲載】
    月刊ロジスティクス・ビジネス(Logi-Biz)誌 4月号
    「働き方改革というキッカケを組織マネジメントに生かす」
    抜き刷り版ファイル(PDF版)はこちら
     ⇒ http://www.nksouken.com/Logibiz20042.pdf


    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
    【編集後記】

    最近の国政関連のニュースを見ていると、
    「報道されている内容は本当なんだろうか」
    と思わず耳を疑ってしまうことが多いです。

    忖度という言葉が当たり前に使われるようになりましたが、
    もっと国民に対して忖度してほしいんですけどね。

    今はけっこうな有事だと思うんですけど・・・。
    別のところにもう一つ日本があるのかなと思ってしまいます。

    今こそ与えられた力を発揮する時なんですけどね。(^^;)


    最後までお読み頂き、ありがとうございます。
    今週も笑顔の一週間でありますように!!

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

    JUGEMテーマ:ビジネス


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    新刊の紹介

    NK総研 代表 瀬川裕之著

    メールマガジン
    『上司の心得、部下の心得』

    ビジネスマン必読!!
    毎週水曜日発行中

    いくら能力があっても、
    組織内で能力を発揮しなければ意味がありません。
    上司と部下の立場から、
    組織における能力発揮コミュニケーション術をお送りしています!!

    メルマガ購読・解除
     

    子育て応援
    メールマガジン

    子育ては、
    ”子どもが独り立ちできるようにする”こと!!

    毎週月曜日発行中 読者急増中!!

    メルマガ登録・解除

    facebook

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      瀬川裕之
    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      名無し

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM