■上司の心得、部下の心得■730号【こんな時だからこそ、ロードマップを示す!!】(上司編)

0

    この記事は、メールマガジン『上司の心得、部下の心得』にて発信したものです。 

     

    1つテーマに対して、上司と部下それぞれの視点で考えていきます。 
    毎週水曜日12:30に配信しております。 

    ご興味のある方は、こちらから登録して下さい。

     


    人には理屈を越えた、感情があります。

    ちょっとした心の持ちようで、人は大きく変れます。
    ちょっとした心遣いで、人は大きく変ります。


    ●今回のテーマは●(今回のテーマは約5分で読めます)

    【こんな時だからこそ、ロードマップを示す!!】(上司編)

    ◆○◆─ since 2006.02 ───────────────<2020.5.6>─

    上司の心得、部下の心得  ◆ 730号 ◆

    ────────────────────────────────◆○◆
    こんにちは。
    組織の当たり前のレベルを上げることで強い組織を構築する!!
    活き活き組織構築支援コンサルタント NK総研の瀬川裕之です。

    緊急事態宣言があいまいではありますが条件付きで延長されました。
    これまで経験したことのない状況が続きます。

    そう、これまで多くの方が頼っていた過去の経験が活かせません。

    だからこそ決断力が試されます。
    マネジメントのレベルアップのチャンスですね。(^^)


    今週も最後まで、お付き合いください。

     

     

    代表 瀬川裕之 著  経営者、管理者向け
    「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     〜 組織管理から組織マネジメントへ 〜

     ⇒ ご購入はこちら(amazon)

     

    働き方改革のために真の現状把握を!!
    『職場診断アンケート』

    社内風土と組織内の意識格差を客観的に分析
     ⇒ http://www.nksouken.com/investigate.htm


    【メディア掲載】
    月刊ロジスティクス・ビジネス(Logi-Biz)誌 4月号
    「働き方改革というキッカケを組織マネジメントに生かす」
    抜き刷り版ファイル(PDF版)はこちら
     ⇒ http://www.nksouken.com/Logibiz20042.pdf


    ────────────────────────────────◆○◆

    今週のテーマは【こんな時だからこそ、ロードマップを示す!!】
    上司編
    をお送りします。



    「先のことなど分かりませんよ」

    先月からリモートでのコンサルをスタートさせましたが、
    多くの企業で同じような声が聞かれます。

    実際に口に出さなくても
    そう思っている方は多いはずです。

    確かに、未来のことは誰にも分りません。

    しかし、今まではそうは言っていませんでした。

    分からないなりにも
    ロードマップを示し、計画を立てていました。

    なぜか!?

    それは、過去を参考にできたからです。



    そして、その結果の多くは予測と変わらず
    多少の修正を行うことで済んでいました。

    逆に言えば、過去に修正を加えて計画を立て、
    実際に実行段階においてさらに修正を加える。

    臨機応変に対応することで
    結果を出し続けてきました。

    なのに今の状況になった途端に
    「先のことなど分からない・・・」

    この思考が何を意味しているか
    よ〜く考えてみてください。



    仕事を放棄しているのと同じです。

    失敗したないという思いが先行し、
    できない、やらない言い訳を言っているだけです。

    現場では最も評価を下げる言い訳です。

    普段、あれだけチャレンジ、挑戦と言っておきながら、
    肝心な時になると臆病になる。

    そう言うと、ムキになって言い訳を
    ぶつけてくる方が必ず現れます。

    しかし、どんな論理的な言い訳であろうと、
    私には「仕事をしない」としか聞こえません。

    現場ではどんな状況でも頑張っている
    頑張らざるを得ない部下がいます。

    その部下に向かって、仕事をしない言い訳を
    並べていることに気付いてください。



    と、ここまでキツイことを言いましたが、
    では、具体的にどうやって作ればいいのか!?


    ポイントを3つ挙げてみます。


    一つは、物理的な視点からですが、“少数のチーム!!”で検討する。


    できれば、3人、多くても5人まで。

    1人や2人はあまりお勧めしません。

    なぜなら、これまでアクションできていない状況から考えると
    責任回避によって消極的な方向に行きやすいからです。

    もちろん、人数が多すぎても
    意見がまとまりません。

    今はスピードが重要な要素の一つとなります。



    2つ目は、心理的な要素として、“アクションを前提”に検討する。


    “できない言い訳”はいりません。

    「どうしたらできるのか!?」

    “できる言い訳”を検討しましょう。

    仮にできない場合でも、
    「その代わりに・・・」
    と言うような代替案を出しましょう。

    ただ止まっていては死を待つのみです。

    難しいのはこの状況下では誰も同じです。
    ここが上司としての力の見せ所です。

    “できない言い訳”はいりません。



    3つ目も、心理的な要素として、“とりあえず精神!!”で検討する。


    スピードが重要な要素と言いましたが、
    今まではそれを過去の経験で補ってきました。

    過去の事例に当てはめることで
    より早く思考を整理し、まとめることができました。

    その成功体験が強いが故に
    多くの人が過去のページをめくります。

    しかし、いくら探しても
    あてはまるページは出てはきません。

    それを無理に当てはめようとすれば、
    多くの矛盾が生まれます。

    そんな無駄なことは今すぐやめましょう。


    それでもロードマップを示し、
    具体的な行動計画を立てなければなりません。

    上司として部下の仕事の段取りを
    整える必要があるのです。

    そこで新しい思考が必要になります。


    「とりあえず」なんてとんでもない。

    そんな風に考える方もいるでしょう。

    しかし、今までだって、自覚はなくとも
    「とりあえず過去にならって・・・」
    と考えていたのです。

    とりあえずでも決めることができたから、
    それが目標となり工夫が生まれ、
    変化を認識でき対応することができました。

    正確に未来を予測できれば
    それに越したことはありません。

    しかし、その前に部下が目標に向かって
    一歩を踏み出せるようにすること
    が重要です。

    仮に大きく修正があっても
    自信を持って修正すればいいんです。

    それを非難する人もいるでしょうが、
    何も決めないことの方がよっぽど非難されます。

    未来のことは誰にも分りません。

    だからこそ、“今”を大事にして、
    決断すること
    が何よりも重要です。

    見るべきは“過去”ではありません。
    最も未来に近い“今”です。


    今、まさに上司の価値が問われます。

    くれぐれも“烏合の衆”にならないように
    自覚を持ってアウトプットしてください。(^^)


    今週も当たり前のレベルを上げていきましょう!!



    ◆今回の心得◆

    未来は分からない。
    だからこそ“今”を大事に決断しよう!!


     

    代表 瀬川裕之 著  経営者、管理者向け
    「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     〜 組織管理から組織マネジメントへ 〜

     ⇒ ご購入はこちら(amazon)

     

    働き方改革のために真の現状把握を!!
    『職場診断アンケート』

    社内風土と組織内の意識格差を客観的に分析
     ⇒ http://www.nksouken.com/investigate.htm


    【メディア掲載】
    月刊ロジスティクス・ビジネス(Logi-Biz)誌 4月号
    「働き方改革というキッカケを組織マネジメントに生かす」
    抜き刷り版ファイル(PDF版)はこちら
     ⇒ http://www.nksouken.com/Logibiz20042.pdf

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
    【編集後記】

    最近ニュースを見ていると、私の住んでいる日本と
    政治の世界の日本は別にあるのかなと思ってしまいます。

    1人1人はとても優秀な方々ばかりだと思うのですが、
    大勢集まると身動きできなくなってしまうのでしょうか。

    “少数精鋭で覚悟を持って決断する!!”

    非常事態だからこそ、必要なマネジメントスタイルがあるはずです。(^^)


    最後までお読み頂き、ありがとうございます。
    今週も笑顔の一週間でありますように!!

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

    JUGEMテーマ:ビジネス


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    新刊の紹介

    NK総研 代表 瀬川裕之著

    メールマガジン
    『上司の心得、部下の心得』

    ビジネスマン必読!!
    毎週水曜日発行中

    いくら能力があっても、
    組織内で能力を発揮しなければ意味がありません。
    上司と部下の立場から、
    組織における能力発揮コミュニケーション術をお送りしています!!

    メルマガ購読・解除
     

    子育て応援
    メールマガジン

    子育ては、
    ”子どもが独り立ちできるようにする”こと!!

    毎週月曜日発行中 読者急増中!!

    メルマガ登録・解除

    facebook

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      瀬川裕之
    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      名無し

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM