■上司の心得、部下の心得■727号【こんな時だからこそメリハリを意識する!!】(部下編)

0

    この記事は、メールマガジン『上司の心得、部下の心得』にて発信したものです。 

     

    1つテーマに対して、上司と部下それぞれの視点で考えていきます。 
    毎週水曜日12:30に配信しております。 

    ご興味のある方は、こちらから登録して下さい。

     



    人には理屈を越えた、感情があります。

    ちょっとした心の持ちようで、人は大きく変れます。
    ちょっとした心遣いで、人は大きく変ります。


    ●今回のテーマは●(今回のテーマは約4分で読めます)

    【こんな時だからこそメリハリを意識する!!】(部下編)

    ◆○◆─ since 2006.02 ───────────────<2020.4.15>─

    上司の心得、部下の心得  ◆ 727号 ◆

    ────────────────────────────────◆○◆
    こんにちは。
    組織の当たり前のレベルを上げることで強い組織を構築する!!
    活き活き組織構築支援コンサルタント NK総研の瀬川裕之です。

    いろいろな不安が渦巻いている方も多いと思います。
    だからこそ、無理のない範囲で自分が今できることを明確にする。

    知恵を出すにはいい機会です。
    何もしなくても時間は経っていきますからね。(^^;)


    今週も最後まで、お付き合いください。


     

    代表 瀬川裕之 著  経営者、管理者向け
    「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     〜 組織管理から組織マネジメントへ 〜

     ⇒ ご購入はこちら(amazon)

     

    働き方改革のために真の現状把握を!!
    『職場診断アンケート』

    社内風土と組織内の意識格差を客観的に分析
     ⇒ http://www.nksouken.com/investigate.htm


    【メディア掲載】
    月刊ロジスティクス・ビジネス(Logi-Biz)誌 4月号
    「働き方改革というキッカケを組織マネジメントに生かす」
    抜き刷り版ファイル(PDF版)はこちら
     ⇒ http://www.nksouken.com/Logibiz20042.pdf


    ────────────────────────────────◆○◆

    今週のテーマは

     

    【こんな時だからこそメリハリを意識する!!】部下編

     

    をお送りします。

     


    仕事をする上でメリハリが大事なことは誰もが認識しています。

    しかし、部下の立場では常に仕事に追われ
    自らメリハリを付けるのが難しいという方も多いでしょう。

    そこで葛藤が生まれますが、
    その葛藤の次の行動が大きな分岐点となります。


    それは、

     

    葛藤がやがて上司や周りへの不満へと変わっていく人と、

    自分なりのメリハリのある働き方を見つけようとする人です。



    意識をしないと人は自然と不満を抱いていきます。


    他人のせいにすることで
    心の葛藤を整理(無理やり納得する)するのです。


    そこで、それを止めるものが無かったり、
    その不満に同調する仲間がいると
    どんどんエスカレートしていきます。

    すると、同調しない意見には、
    「無理に決まっている」などと言って
    耳を貸さないようになっていきます。




    では、逆に自分なりのメリハリのある働き方を
    見つけられる人はどのような人でしょうか。

    そこにはいくつかの共通点があります。



    1、メリハリを付けることの有効性を本気で認識している。


    一見、当たり前のことのようですが、
    多くの方は何となく分かっているだけで
    行動にはなかなか移すことができません。

    本人はそれなりに頑張っているかもしれませんが、
    気づけばダラダラと残業をしている人は少なくありません。

    分かっていても実行する勇気がない人も多くいます。

    全員が分かっているのに、
    長時間労働が美徳と言うような
    雰囲気から抜け出せずにいます。

    悪い言い方ですがその方が楽なのです。
    (残業代も大事ですしね)

    そうなる理由の一つが以下に繋がります。



    2、目標達成に責任を持っている。


    メリハリを付けることは
    より効率的に仕事を行うための有効な手段の一つです。

    「しかし、周りの目が・・・」

    頑張っている時はいいですが、
    頑張るために休む時に周りの目が気になります。

    「みんな、頑張っているのに・・・」

    しかし、それは極端に言えば、
    与えられた仕事に対して
    本気で取り組んでいないとも言えます。

    その証拠に多くの方から、

    「目標を達成できなかった時に
     言い訳できなくなってしまうから・・・」

    という裏の意見が必ず出ます。

    休まずに頑張ることはある程度は評価されますが、
    そんな人は継続して結果を出すことはできません。

    常に“それなり”になってしまいます。

    結果を出し続けるためにも
    自分に厳しくなることが大切です。

    周りに合わせることも大切ですが、
    ただの仲良し集団では本末転倒です。

    自信を持って、“休むことも仕事の内!!”
    と言える仕事のやり方ができるかです。



    3、目標が明確になっている。


    目標があいまいでは
    自己の責任もあいまいになります。

    目標を明確にすることで、
    達成までのストーリーが描け、
    メリハリを付けることに繋がります。

    臨機応変に対応することも大事ですが、
    しっかりと自己主張することも
    目標達成には必要なことです。

    あいまいのままではメリハリをつけることもできず、
    結局いい仕事はできません。


    以上のように、

    1、メリハリを付けることの良さを再認識する

    2、目標達成に責任を持つ(自分に厳しく)

    3、目標を明確にする



    この3つを意識して、まずは、
    自分なりに時間を区切って挑戦してみることです。

    その時に、周りに宣言しても効果的です。
    自分の結果に責任を持つことにもつながります。

    そして、メリハリ(減り張り)と言いますが、
    必ず頑張ってから休むこと。

    つまり、ハリ(張り)が先でメリ(減り)が後

    休んでから頑張るのでは、
    行動の選択肢が狭まってしまいます。

    まず行動することが重要です。


    そして最後に、

    無駄に時間を奪われているものが無いかを振り返ること。

    コミュニケーションの価値を
    どう判断するかは難しいですが、
    メリハリのないコミュニケーションは
    お互いの能力を蝕むことになります。

    また、プライベートで言えば、
    テレビやスマホゲームを否定するわけではないですが、
    ケジメをつけないとあっという間に時間は過ぎていきます。



    人生をどう過ごすかは自分次第です。

    メリハリをつけたほうが楽しくなることは
    誰もが知っていることです。

    まずは重い腰を上げて行動しましょう。(^^)



    今週も当たり前のレベルを上げていきましょう!!




    ◆今回の心得◆

    勇気を出して、自分のためにメリハリをつけよう!!

     

    勇気を出して、自分のためにメリハリをつけよう!!

     

    代表 瀬川裕之 著  経営者、管理者向け
    「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     〜 組織管理から組織マネジメントへ 〜

     ⇒ ご購入はこちら(amazon)

     

    働き方改革のために真の現状把握を!!
    『職場診断アンケート』

    社内風土と組織内の意識格差を客観的に分析
     ⇒ http://www.nksouken.com/investigate.htm


    【メディア掲載】
    月刊ロジスティクス・ビジネス(Logi-Biz)誌 4月号
    「働き方改革というキッカケを組織マネジメントに生かす」
    抜き刷り版ファイル(PDF版)はこちら
     ⇒ http://www.nksouken.com/Logibiz20042.pdf

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
    【編集後記】

    当社でも遅ればせながら、Web会議システムを始めました

    やっぱり、面と向かって話すのと同じとはいきませんが、
    メールや携帯電話が当たり前になってきたように、
    一つのツールとして馴染んでくると信じています。

    でも、それはそれとして、
    一日でも早いコロナウイルスの収束を願うばかりです。


    最後までお読み頂き、ありがとうございます。
    今週も笑顔の一週間でありますように!!

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

    JUGEMテーマ:ビジネス

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    新刊の紹介

    NK総研 代表 瀬川裕之著

    メールマガジン
    『上司の心得、部下の心得』

    ビジネスマン必読!!
    毎週水曜日発行中

    いくら能力があっても、
    組織内で能力を発揮しなければ意味がありません。
    上司と部下の立場から、
    組織における能力発揮コミュニケーション術をお送りしています!!

    メルマガ購読・解除
     

    子育て応援
    メールマガジン

    子育ては、
    ”子どもが独り立ちできるようにする”こと!!

    毎週月曜日発行中 読者急増中!!

    メルマガ登録・解除

    facebook

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      瀬川裕之
    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      名無し

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM