■上司の心得、部下の心得■725号【自分は本当に正しいのか!?】(部下編)

0

    この記事は、メールマガジン『上司の心得、部下の心得』にて発信したものです。 


    1つテーマに対して、上司と部下それぞれの視点で考えていきます。 
    毎週水曜日12:30に配信しております。 

    ご興味のある方は、こちらから登録して下さい。

     



    人には理屈を越えた、感情があります。

    ちょっとした心の持ちようで、人は大きく変れます。
    ちょっとした心遣いで、人は大きく変ります。


    ●今回のテーマは●(今回のテーマは約4分で読めます)

    【自分は本当に正しいのか!?】(部下編)

    ◆○◆─ since 2006.02 ───────────────<2020.4.1>─

    上司の心得、部下の心得  ◆ 725号 ◆

    ────────────────────────────────◆○◆
    こんにちは。
    組織の当たり前のレベルを上げることで強い組織を構築する!!
    活き活き組織構築支援コンサルタント NK総研の瀬川裕之です。

    新年度を迎え、気持ちも新たにスタートを切るはずですが、
    コロナウイルスの影響でそれどころではないという方も多いかと思います。

    そんな状況下で思い通りに行かないことも多くストレスは溜まる一方です。

    そんな時だからこそ、物理的な距離が離れるのは仕方がないですが、
    心の距離はより近くにいるように心掛けたいものです。

    お互いに相手を思いやる気持ちが大切ですね。(^^)


    今週も最後まで、お付き合いください。

     

     

    代表 瀬川裕之 著  経営者、管理者向け
    「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     〜 組織管理から組織マネジメントへ 〜

     ⇒ ご購入はこちら(amazon)

     

    働き方改革のために真の現状把握を!!
    『職場診断アンケート』

    社内風土と組織内の意識格差を客観的に分析
     ⇒ http://www.nksouken.com/investigate.htm


    ────────────────────────────────◆○◆

    今週のテーマは【自分は本当に正しいのか!?】部下編をお送りします。


    組織インタビューを行っていますと
    必ず次のような訴えがあります。


    「上司は自分たちのことを何も分かっていない」

    「だから正しい判断ができていない」

    「今よりももっといいやり方がある」



    話を聴いていくと、
    これまで何度も訴えてきたけれども聞き入れらず
    半ばあきらめている人も多くいます。

    ただ、このような機会だから
    思い切って話をしているとのこと。

    中にはただの愚痴もありますが、
    ほとんどはとても前向きな内容です。

    誰もが良くしたいと思っています。



    ただ、そんな想いをインタビュー後に
    上司にそれとなく伝えると、

    「それはそれで間違いではないのですが・・・」

    と十中八九歯切れの悪い返事が返ってきます。


    そこで考えてほしいのが、

    上司は“敵か味方か!!”

    極端な言い方かもしれませんが、
    多くの人が無意識に壁を作っています。

    その時点で味方ではなくなってしまいます。
    なぜなら味方に壁を作る必要はないからです。

    ほとどの人はそこまで意識していません。

    しかし、良くしたいという正しい想いが、
    いつしか相手を否定し、批判し、壁をつくる。

    味方のはずがいつしか敵のようになっているのです。


    その根底にあるのは、
    自分は正しく、相手(上司)は間違っている・・・。


    なんだかイソップ寓話の「北風と太陽」の“北風”に似ていませんか。


    「それでも悪いのは上司の方でしょ」

    「我々は現場で日々頑張っているのに・・・」

    「現場をよくするのが上司の役目でしょ」


    正しいであろう意見が出てきます。

    自分の考え、行動を正当化したくなります。
    (だって、それは正しいんですから・・・)

    インタビューを続けていると、
    この時点でほとんどの人は“正しい”に違和感を覚えます。

    ただ、それを認めたくはないですし、
    どうすればよいか分かりません。

    それでも心の中では葛藤が始まります。


    ここが分かれ道です。


    素直になれるか、頑(かたく)なになるか。

    味方にするか、敵のままか。


    結果(成果)が全てとは言いませんが、
    行動に移せなければ絶対に結果(成果)は出ません。


    一部の正しいに固執してしまうと、
    その影響で本来あいまい(確認が必要)なものも
    どんどん自己中心的に固まっていきます。


    それは思考の柔軟性も行動力も失われ、
    自らの成長をも止めてしまいます。



    それを防ぐために

    “どうすれば行動に移せるか(実現できるか)!!”


    このエッセンスを思考に加えてみてください。
    思考の幅が一気に広がり、言動が変わります。


    もちろん、周りの反応も変わります。

    正しいと思って思考が固まり、
    周りが見えなくなっているかもしれません。

    正しいは意外と難しいんです。(^^)


    今週も当たり前のレベルを上げていきましょう!!



    ◆今回の心得◆

    実現(行動)までのプロセスを考えよう!!

     

     

    代表 瀬川裕之 著  経営者、管理者向け
    「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     〜 組織管理から組織マネジメントへ 〜

     ⇒ ご購入はこちら(amazon)

     

    働き方改革のために真の現状把握を!!
    『職場診断アンケート』

    社内風土と組織内の意識格差を客観的に分析
     ⇒ http://www.nksouken.com/investigate.htm


    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
    【編集後記】

    “正しい”の認識は人間関係にとても大きな影響を与えます。

    それは、誰もが同じ“正しい”と言う認識なるものよりも、
    それぞれの価値観や時と場合によって“正しい”が変化するからです。

    そうなると“正しい”が複数存在することになります。

    相手がそれを主張するしないは別にして、
    その事実を受け入れることが大事ですよね。(^^)


    最後までお読み頂き、ありがとうございます。
    今週も笑顔の一週間でありますように!!

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

    JUGEMテーマ:ビジネス


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    新刊の紹介

    NK総研 代表 瀬川裕之著

    メールマガジン
    『上司の心得、部下の心得』

    ビジネスマン必読!!
    毎週水曜日発行中

    いくら能力があっても、
    組織内で能力を発揮しなければ意味がありません。
    上司と部下の立場から、
    組織における能力発揮コミュニケーション術をお送りしています!!

    メルマガ購読・解除
     

    子育て応援
    メールマガジン

    子育ては、
    ”子どもが独り立ちできるようにする”こと!!

    毎週月曜日発行中 読者急増中!!

    メルマガ登録・解除

    facebook

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      瀬川裕之
    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      名無し

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM