■上司の心得、部下の心得■707号【なぜ気づいていても行動しないのか!?】(上司編)

0

    この記事は、メールマガジン『上司の心得、部下の心得』にて発信したものです。 
    1つテーマに対して、上司と部下それぞれの視点で考えていきます。 
    毎週水曜日12:30に配信しております。 

    ご興味のある方は、こちらから登録して下さい。

     

    人には理屈を越えた、感情があります。

     

    ちょっとした心の持ちようで、人は大きく変れます。

     

    ちょっとした心遣いで、人は大きく変ります。

     


    ●今回のテーマは●(今回のテーマは約4分で読めます)

     

    【なぜ気づいていても行動しないのか!?】(上司編)

     

    ◆○◆─ since 2006.02 ───────────────<2019.11.20>─

     

    上司の心得、部下の心得  ◆ 707号 ◆

     

    ────────────────────────────────◆○◆
    こんにちは。
    組織の当たり前のレベルを上げることで強い組織を構築する!!
    活き活き組織構築支援コンサルタント NK総研の瀬川裕之です。

     

    日本はおもてなしの国と言われますが、アメリカから来た友人に
    「電車内で高齢者が立っているのに誰も席を譲らないのにびっくりした」
    と言われたことがありました。

     

    個人個人それぞれ理由はあるでしょうし、譲っている人もたくさんいます。

    しかし、そう映るのも分かるような気もします。

     

    気づいていても行動できない人も多いんですよね。

    組織でも同じようなことが起こっていますよね!!

     

    今週も最後まで、お付き合いください。

     

     

    代表 瀬川裕之 著  経営者、管理者向け
    「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     〜 組織管理から組織マネジメントへ 〜

     ⇒ ご購入はこちら(amazon)

     

    働き方改革のために真の現状把握を!!
    『職場診断アンケート』

    社内風土と組織内の意識格差を客観的に分析
     ⇒ http://www.nksouken.com/investigate.htm

    ────────────────────────────────◆○◆

     

    さて、今週は【なぜ気づいていても行動しないのか!?】上司編をお送りします。

     

     

     

    「なぜ気づいていても行動しないのか!?」

     

    多分、上司の立場の方からすれば、
    部下へ言いたい言葉でしょう。

     

    “自主的に自律的に考え、行動してほしい!!”

     

    部下を育成していく上で、常に考えることです。

     


    では、自分自身はどうか・・・!?

     


    上司としてやるべきこと。

     

    多くの課題があると思います。

     

     

    課題とまではいかなくても、
    改善すべき点は数多くあるはずです。

     


    それらに対してキチンと行動できているでしょうか?

     


    多くの方はここで様々な想いが浮かびます。

     

     

    「人財不足で過負荷の状態である」

     

    「納期に追われて手一杯」

     

    「自分自身の業務も十分に手が回っていない」

     

    ・・・・

     

     

    行動できない理由はいくらでもあります。
    それを一般的には言い訳と言います。

     


    最近のテーマを思い出してください。

     

    「突発作業が効率を落とす」

     

    「断る勇気が成果を生む」

     

    「現状維持に未来はない」


    これらのことは誰もが分かっていますし、
    気づいていることです。

     

    なぜそれらをあえてテーマにするのか!?

     

     

    気づいていても行動できない、
    いや、行動しないからです。

     


    では、なぜ行動しないのか?

     

     

    できない理由があるから・・・。

     


    では、なぜあきらめてしまうのか?

     


    それは、あきらめても今すぐに
    大きな痛手にならないからです。

     


    上司として、
    多少部下から不満が出るかもしれませんが、それは仕方のない事であり、
    その程度で済むのなら無理をする必要はありません。

     

    何よりも全てをやることなんでできない。

     

    そんな風に考えている方がほとんどです。

     

     

    反論したい気持ちはあるでしょう。

     

    しかし、やっぱり危機感がないのは確かです。

     

     

     

    しかし、それが組織内の潜在的な問題として
    競争力を大きく落とすことになっています。

     

    そして、それに気づいています。

     

     

     

    行動できない理由としてもう一つ。

    それは、ゴールまでのストーリーが描けないことです。

     

    当然です。

     

     

    本気で考えていないのですから

    難しい問題が解けるわけがありません。

     


    これぞ、緊急性のない重要度の高い問題が、
    放置され、やがて緊急度を増してしまい、
    結局小手先の仕組みやルールでお茶を濁すパターンです。

     

     

    根本は何も解決できない。

     

    まさに悪魔のサイクルです。

     

     


    このサイクルを打ち破る一つのキッカケがあります。

     


    それは、まず見えるようにすることです。

     

    できる、できない。
    やる、やらない。

     

    ではなく、現状をオープンにする。

     

     

    「現状こんな問題があります」

     

    と組織全体が共有できるようにすることです。

     

     


    それが行動の第一歩です。

     

     

    一番ダメな組織は問題にあえてフタをします。

     

    誰もが見て見ぬふりをしながら、
    裏では不満を抱えています。

     


    「問題は分かっているが、今はできない!!」

     

    ちゃんとした理由があるならいい意味で開き直ることです。

     

    今はやらないと決断することです。

     

     

    それも立派な行動の一つです。

     

    気づいても行動しないのは
    葛藤を生み、大きなストレスとなります。

     

     

    その行動の第一歩として、
    課題をオープンにし、見えるようにする。

     


    組織内にはあえて潜在させている問題が
    数多くあると思います。

     

     

    ゴールまで行かなくてもまずスタートラインにつくこと。

     

     

    そして組織力を活かすこと。

     

     

    何でも自分一人でできる訳がありません。

     

    それも誰もが知っています。

     

     

    ちょっと立ち止まって、そして動き出すために
    自分の役割りを再確認してください。(^^)

     

     

     

    今週も当たり前のレベルを上げていきましょう!!

     

     

     

    ◆今回の心得◆

     

    思い切って課題を見えるようにしてみよう!!

     

     

    代表 瀬川裕之 著  経営者、管理者向け
    「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     〜 組織管理から組織マネジメントへ 〜

     ⇒ ご購入はこちら(amazon)

     

    働き方改革のために真の現状把握を!!
    『職場診断アンケート』

    社内風土と組織内の意識格差を客観的に分析
     ⇒ http://www.nksouken.com/investigate.htm
    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
    【編集後記】

    気づいていても行動しないと言えば、
    私の場合どうしてもダイエットが浮かんでいます。

     

    常に意識はしていますが、行動が伴わっていません。
    ついつい言い訳を考えてしまう・・・。

     

    この繰り返しです。

     

    危機感がないと言えばそれまでですが、

     

    「そんなに太ってないじゃないですか!!」

     

    などと言う言葉にまた甘えたことを考えてしまいます。
    明確な目標や外部からの刺激がないと甘えちゃうんですよね。(^^;)

     


    最後までお読み頂き、ありがとうございます。
    今週も笑顔の一週間でありますように!!

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

    JUGEMテーマ:ビジネス


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    新刊の紹介

    NK総研 代表 瀬川裕之著

    メールマガジン
    『上司の心得、部下の心得』

    ビジネスマン必読!!
    毎週水曜日発行中

    いくら能力があっても、
    組織内で能力を発揮しなければ意味がありません。
    上司と部下の立場から、
    組織における能力発揮コミュニケーション術をお送りしています!!

    メルマガ購読・解除
     

    子育て応援
    メールマガジン

    子育ては、
    ”子どもが独り立ちできるようにする”こと!!

    毎週月曜日発行中 読者急増中!!

    メルマガ登録・解除

    facebook

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      瀬川裕之
    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      名無し

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM