■上司の心得、部下の心得■706号【現状維持に未来はない!!】(部下編)

0

    この記事は、メールマガジン『上司の心得、部下の心得』にて発信したものです。 
    1つテーマに対して、上司と部下それぞれの視点で考えていきます。 
    毎週水曜日12:30に配信しております。 

    ご興味のある方は、こちらから登録して下さい。

     


    人には理屈を越えた、感情があります。

     

    ちょっとした心の持ちようで、人は大きく変れます。

     

    ちょっとした心遣いで、人は大きく変ります。

     

     

    ●今回のテーマは●(今回のテーマは約4分で読めます)

     

    【現状維持に未来はない!!】(部下編)

     

    ◆○◆─ since 2006.02 ───────────────<2019.11.13>─

     

    上司の心得、部下の心得  ◆ 706号 ◆

     

    ────────────────────────────────◆○◆
    こんにちは。
    組織の当たり前のレベルを上げることで強い組織を構築する!!
    活き活き組織構築支援コンサルタント NK総研の瀬川裕之です。

     

    部下の立場で現状維持に未来はないと言われても・・・
    自己啓発に取り組むぐらいでしょうか・・・!?
    と言っても仕事は忙しいし・・・。

     

    仕事を通して成長はしていると思うのですが・・・。

     

    そんなモヤっとした感じの方が多いのではないでしょうか。

     

    この機会に自分自身の立ち位置をハッキリさせてみましょう。(^^)

     

     

    今週も最後まで、お付き合いください。

     

     

    代表 瀬川裕之 著  経営者、管理者向け
    「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     〜 組織管理から組織マネジメントへ 〜

     ⇒ ご購入はこちら(amazon)

     

    働き方改革のために真の現状把握を!!
    『職場診断アンケート』

    社内風土と組織内の意識格差を客観的に分析
     ⇒ http://www.nksouken.com/investigate.htm


    ────────────────────────────────◆○◆

    さて、今週は【現状維持に未来はない!!】部下編をお送りします。

     

     


    「1年前に比べてどれだけ成長しましたか?」

     


    そう質問されたらどのように答えますか?
    少しか考えてみてください。

     

    「○○ができるようになった」

     

    「○○が早くできるようになった」

     

    「○○を正確にできるようになった」

     

    「○○を達成することができた」

     


    職歴が長い人ほど時間が掛かります。

     

    そうは言っても細かいことまで振り返れば、
    いろいろな成長があるでしょう。

     


    では、

     

    「それらは目標に対して何%達成しましたか?」

     


    ここで答えは大きくに分かれます。

     

     

    目標がある人とない人です。

     


    そして、目標がある人も2つに分かれます。

     

     

    目標が具体的な人と漠然とした人。

     


    例えば、

     

    「○○をできるようになる」と言う人と、

     

    「○○を10分でできるようになる」

     


    同じできるようになるですが、
    さらにそれに時間的な目標が
    具体的に設定されています。

     


    営業で言えば、分かりやすいでしょう。

     

    「売り上げをあげる」

     

    と言うのと、

     

    「100万円/月売り上げをあげる」

     

     

    では大きな違いがあるのは明白です。

     

     


    「自分の仕事は具体的な数字では表せません」

     

    そんな風に思う方も多いかもしれません。

     

     

    では、逆にあなたの仕事を
    どのように評価すればよいのでしょうか?

     

    自分の仕事を具体的にどのように
    アピールすればよいのでしょうか?

     


    数字が全てではないことは分かっています。

     

    しかし、何も具体的に評価できるモノがない・・・。

     

    目標も具体的に設定できない・・・。

     

     

    本当にそうでしょうか?

     


    実は多くの人は、
    具体的にすることを自ら拒んでいます。

     

    本当は具体的な目標にした方が良いことは
    誰もが認識しています。

     

     

    しかし、あえて具体的にしたくないのです。

     

    今の業務を明確にしたくないのです。

     

     

    一つは本当に面倒だと言うことがあります。

     

     

     

    今の業務を数字にする。

     

    効率を考えてみる。

     

     

    「そんな面倒なことしてまで・・・」

     

    そんな想いがあります。

     

     

    そして、もう一つは、

     

    「ブラックボックスにしておきたい」

     

    ある程度、自由度を確保しておきたい。

     

    明確にすると仕事がきつくなる。

     

     

    本気でそう思っています。

     

     

    そして、今のままが一番いい。

     

    きついけれども楽である。

     

     

    不満を言いながらもそう思っています。

     

     


    実はこれこそが組織の効率を落としているだけでなく、
    自分自身の効率を落とし、成長を阻んでいます。

     

    自分の仕事を守ろうとして、
    自分自身をダメにしているのです。

     


    嘘だと思うのなら、
    自分の仕事を全てオープンにしてみてください。

     


    躊躇する自分がいるはずです。

     


    組織ではチャレンジ、チャレンジと言いますが、
    まずは自分の仕事を明確にしてみてください。

     

     

    実はこれは大きなチャレンジです。

     

     

    1年なんてあっという間です。

     

    誰もが頑張っていると思いますが、
    成り行きに任せるのはもったいないです。

     

    明確に目標を数字で表すことができれば、

    具体的な行動が見えてきます。

     

    成長の道筋が見えてきます。

     


    多くの方が無意識に力をセーブしています。

     

    まだまだ発揮していない能力が残っています。

     

     

    本当に頑張る場所をしっかりと意識して下さい。

     

    向かう場所が決まれば、気持ちも変わりますよ。(^^)

     


    今週も当たり前のレベルを上げていきましょう!!

     

     

     

    ◆今回の心得◆

     

    自分の仕事を数字で表してみよう!!

     

     

     

    代表 瀬川裕之 著  経営者、管理者向け
    「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     〜 組織管理から組織マネジメントへ 〜

     ⇒ ご購入はこちら(amazon)

     

    働き方改革のために真の現状把握を!!
    『職場診断アンケート』

    社内風土と組織内の意識格差を客観的に分析
     ⇒ http://www.nksouken.com/investigate.htm


    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
    【編集後記】

     

    “まずはやってみる!!”

     

    どの組織でもよく聞く言葉です。
    それだけ行動できずにいる証拠でもあります。

     

    なぜ行動できないのか?

     

    それは失敗するかもしれないからです。

     

     

    そこで、“まずは失敗してみる!!”

     

    そんな風に考えると、行動を抑えるものが一つなくなるんですよね。(^^)

     


    最後までお読み頂き、ありがとうございます。
    今週も笑顔の一週間でありますように!!

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

    JUGEMテーマ:ビジネス


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    新刊の紹介

    NK総研 代表 瀬川裕之著

    メールマガジン
    『上司の心得、部下の心得』

    ビジネスマン必読!!
    毎週水曜日発行中

    いくら能力があっても、
    組織内で能力を発揮しなければ意味がありません。
    上司と部下の立場から、
    組織における能力発揮コミュニケーション術をお送りしています!!

    メルマガ購読・解除
     

    子育て応援
    メールマガジン

    子育ては、
    ”子どもが独り立ちできるようにする”こと!!

    毎週月曜日発行中 読者急増中!!

    メルマガ登録・解除

    facebook

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      瀬川裕之
    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      名無し

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM