■上司の心得、部下の心得■703号【断る勇気が成果を生む!!】(上司編)

0

    この記事は、メールマガジン『上司の心得、部下の心得』にて発信したものです。 
    1つテーマに対して、上司と部下それぞれの視点で考えていきます。 
    毎週水曜日12:30に配信しております。 

    ご興味のある方は、こちらから登録して下さい。

     


    人には理屈を越えた、感情があります。

     

    ちょっとした心の持ちようで、人は大きく変れます。

     

    ちょっとした心遣いで、人は大きく変ります。

     


    ●今回のテーマは●(今回のテーマは約4分で読めます)

     

    【断る勇気が成果を生む!!】(上司編)

     

    ◆○◆─ since 2006.02 ───────────────<2019.10.23>─

     

    上司の心得、部下の心得  ◆ 703号 ◆

     

    ────────────────────────────────◆○◆
    こんにちは。
    組織の当たり前のレベルを上げることで強い組織を構築する!!
    活き活き組織構築支援コンサルタント NK総研の瀬川裕之です。

     

    昨日、即位礼正殿の儀が行われました。

     

    テレビなどでご覧になった方も多いかと思います。

     

    テレビを見ていて、日本人の・・・、
    少なくとも私のDNAにある想いが刻まれているのを感じました。

     

    どの国にもそのようなものがあるんだろうな〜と思うと、
    文化や伝統を大切にし、尊重することも大事だな〜と思う今日この頃です。

     


    今週も最後まで、お付き合いください。

     

     

     

    代表 瀬川裕之 著  経営者、管理者向け
    「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     〜 組織管理から組織マネジメントへ 〜

     ⇒ ご購入はこちら(amazon)

     

    働き方改革のために真の現状把握を!!
    『職場診断アンケート』

    社内風土と組織内の意識格差を客観的に分析
     ⇒ http://www.nksouken.com/investigate.htm


    ────────────────────────────────◆○◆

     

    さて、今週は【断る勇気が成果を生む!!】上司編をお送りします。

     


    “選択と集中!!”

     

    “業務の整理・整頓!!”

     

     

    働き方改革も進む中で、
    これらの言葉をスローガンに組織マネジメントを
    行っている方は多いかと思います。

     

    スローガンにしていなくても、
    今の状況では必須の考え方であるという方は多いはずです。

     

     

     

    しかし、実際にはどうでしょうか?

     


    組織インタビューを行うと

     

    “できない計画!!”

     

    と言うキーワードが必ず出てきます。

     

     

     

    これは、計画の時点で現場の方々が
    実行不可能であろうと半ばあきらめ、あきれている表現です。

     

     

    もちろん、ゆるゆるの計画では
    組織の競争力を維持することはできません。

    しかし、実際には多くの計画が遅延を起こすか、
    納期優先で品質(内容)の妥協の繰り返しです。

     

     

    その結果、後になって余計な業務が増え、
    結局、業務効率も業務品質も低下してしまい、
    個々のモチベーションも下がっていきます。

     


    初めに決断しないことで、
    多くのムダを生み出しています。

     

     

    すると、そのムダをより効率的にこなすことに
    一生懸命になっている人もいます。

     


    極端に言えば、自分でゴミを散らかして、

    そのゴミを効率的に拾うことに四苦八苦しているようなものです。

     

     


    するとお決まりの言葉が出てきます。


    「仕方がない!!」

     

    「やるしかない!!」

     

    「止めるなんてできない!!」

     

     


    分かっているから言い訳が生まれてきます。

     

    苦しんでいるのは分かります。

     

     

    しかし、そこで判断しない結果が、
    現場での不効率な業務に繋がっています。

     

    それは、現場の方々の頑張りが
    成果に繋がらないことを意味します。

     

     

    ここが大きな問題です!!

     

     

     

    選択するから集中できるのに、その選択ができていない。

     

    整理できないから、整頓もできない。

     

     


    そもそも、やるしかないんだから、

     

    「全部をなんとか頑張ってやる」

     

    もちろん、それでできれば最良でしょう。

     

     


    しかし、それができずに、納期遅延を起こしたり、
    品質の低下を招いています。

     


    どこかで、決断が必要です。

     

    それは計画をする時、する前です。

     


    選択するというのは、
    不要なものを捨て、必要なものを選ぶことです。

     

    整理も同じです。

     


    すると、

     

    「不要なものなどない!!」

     

    確かに、不必要なものなどないでしょう。

     

     

     

    しかし、その考え方が
    選択をあいまいにし、決断を躊躇させています。

     


    では、それで競争に勝てるか?

     


    全部やれれば最良なのは分かっています。

     

    でも、今の状況ではそれができない。

     

    納期遅延を起こすか、品質を妥協することになる。

     

     

    それでも「頑張るしかない」ではなく、
    まずそれをしっかりと認識することです。

     

     

    もちろん、成長を期待し、
    教育をしていくことも重要です。

     

    しかし、今信用を無くせば、未来はありません。

     

     

    その危機感が選択する勇気、断る勇気を生みます。

     

    なあなあにやっていては死ぬのです。

     

     

    仕事が減ってからでは間に合いません。

     

     

    忙しい今だから、選択すること、整理することが
    マネジメントの重要な仕事です。

     

     

    ここで大きな差が付きます。

     

     

    そのためには現場を知ることが必須です。

     

    現状把握なくして決断などできません。

     

     


    そして、目指すは、ムダを無くして、

     

    “105%の業務!!”を行う。

     

     

     


    常にジャンプはできなくても
    ちょっと背伸びするぐらいなら頑張れます。

     


    それは現場を知らずしてはできません。

     

    現場を知るからこそ、決断できます。

     


    実質的な価値は現場からしか生まれません。

     

     

     

    その価値を最大限にするために、しっかりと計画を立てる。

     

     

    計画は段取りです。

     

     

    命令するだけで全てができればそんな楽なことはありません。

     


    “105%の業務!!”

     

     

    そのためには断ることも誠意です。

     


    管理の前に、しっかりとマネジメンと行いましょう。

     

     

    それが与えられた仕事です!!(^^)

     

     

     

    今週も当たり前のレベルを上げていきましょう!!

     

     

     

    ◆今回の心得◆

     

    マネジメントは決断しなければ始まらない!!

     

     

     

    代表 瀬川裕之 著  経営者、管理者向け
    「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     〜 組織管理から組織マネジメントへ 〜

     ⇒ ご購入はこちら(amazon)

     

    働き方改革のために真の現状把握を!!
    『職場診断アンケート』

    社内風土と組織内の意識格差を客観的に分析
     ⇒ http://www.nksouken.com/investigate.htm


    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
    【編集後記】

     

    先週、QCサークル山梨地区チャンピオン大会にて
    特別講演をさせていただきました。

     

    当日は選ばれた8チームの発表を聞かせていただいたのですが、
    どのチームも現場での業務の合間を縫って、
    チーム一丸となって改善活動を行ってきた様子がビシビシと伝わってきました。

     

    そして、チームで取り組むことの強みを再確認することができました。

     

    やはり、組織マネジメントは大切なんです。(^^)v

     


    最後までお読み頂き、ありがとうございます。
    今週も笑顔の一週間でありますように!!

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

    JUGEMテーマ:ビジネス


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    新刊の紹介

    NK総研 代表 瀬川裕之著

    メールマガジン
    『上司の心得、部下の心得』

    ビジネスマン必読!!
    毎週水曜日発行中

    いくら能力があっても、
    組織内で能力を発揮しなければ意味がありません。
    上司と部下の立場から、
    組織における能力発揮コミュニケーション術をお送りしています!!

    メルマガ購読・解除
     

    子育て応援
    メールマガジン

    子育ては、
    ”子どもが独り立ちできるようにする”こと!!

    毎週月曜日発行中 読者急増中!!

    メルマガ登録・解除

    facebook

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      瀬川裕之
    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      名無し

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM