■上司の心得、部下の心得■691号【成功のストーリーは描けていますか!?】(上司編)

0

    この記事は、メールマガジン『上司の心得、部下の心得』にて発信したものです。 
    1つテーマに対して、上司と部下それぞれの視点で考えていきます。 
    毎週水曜日12:30に配信しております。 

    ご興味のある方は、こちらから登録して下さい。

     


    人には理屈を越えた、感情があります。

     

    ちょっとした心の持ちようで、人は大きく変れます。


    ちょっとした心遣いで、人は大きく変ります。

     


    ●今回のテーマは●(今回のテーマは約4分で読めます)

     

    【成功のストーリーは描けていますか!?】(上司編)

     

    ◆○◆─ since 2006.02 ───────────────<2019.7.31>─

     

    上司の心得、部下の心得  ◆ 691号 ◆

     

    ────────────────────────────────◆○◆
    こんにちは。
    組織の当たり前のレベルを上げることで強い組織を構築する!!
    活き活き組織構築支援コンサルタント NK総研の瀬川裕之です。

     

    梅雨明けしたと思ったら、いきなりの猛暑!!

     

    急な変化と室内外の気温差に身体がなかなか対応できずに、
    喉の渇きにも気づきづらい人も増えているそうです。

     

    意識的に水分補給を行うよう組織で取り組むことも大切です。

     

    仕事に集中しちゃうとついつい忘れちゃいますからね(^^)

     


    今週も最後まで、お付き合いください。

     

     

    代表 瀬川裕之 著  経営者、管理者向け
    「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     〜 組織管理から組織マネジメントへ 〜

     ⇒ ご購入はこちら(amazon)

     

    働き方改革のために真の現状把握を!!
    『職場診断アンケート』

    社内風土と組織内の意識格差を客観的に分析
     ⇒ http://www.nksouken.com/investigate.html


    ────────────────────────────────◆○◆

     

    さて、今週は【成功のストーリーは描けていますか!?】上司編をお送りします。

     

     


    「結果とプロセスのどちらを重視すればいいですか?」

     

    そんな質問をいただくことがあります。

     


    私は“結果重視”と答えます。

     

     

    それは、結果が目的であり、プロセスはその目的達成のための手段なので、
    常に結果(ゴール)を意識することが重要だと考えているからです。

     


    特に長年継続された業務は、
    時として道を外れてしまうことが少なくありません。

     


    「この仕事は何のために行っているのか!?」

     


    この質問に答えられない人はいないと思いますが、

     


    「今のやり方が最適か?」

     

    「重複や抜けがないか?」

     


    と聞かれたらどうでしょうか?

     


    「いや・・・、もっと良いやり方はあると思いますが・・・」

     

    「前の担当者がやっていたことなので・・・」

     


    いろいろな言い訳が出てきます。

     

    だからこそ、目的(結果)を常に意識することが大切で、
    結果のためにプロセスがあることを忘れてはいけません。

     

     


    そして今、どの組織でも現場の方々に対して
    より良い結果を出すために常に改善・改革を求めています。

     

    プロセスに対して柔軟性を持って取り組むことが必要になっています。

     


    では、一つの手段であるマネジメントはどうでしょうか?

     


    多くの組織では人手不足で納期に追われ
    今を生き抜くために苦労しています。

     

    そして、それではダメだと思っていますが、
    なかなか抜け出せずにいます。

     

     


    その魔のサイクルを抜け出すために、

     

    “成功のストーリー!!”

     

    を描いてほしいのです。

     

     

     

    本来、この成功までのストーリーが
    具体的に業務計画に落とし込まれます。


    ここで言う“成功”をどう捉えるか?

     

    それがマネジメントに大きく影響します。

     

     


    会社が継続していく中で、現在と将来の視点、それは結果と成長の視点と
    言い換えてもいいですが、2つの視点で考える必要があります。

     


    例えば、今週と3年後や5年後・・・。

     

     

    つまり、組織マネジメントを行う上で、現状の結果に対する手段の選択に加えて、
    将来に向けての個々と組織の成長が加味されていることは不可欠です。

     


    今を楽にしようとすると将来に苦労が訪れます。

     

    将来楽になろうとすれば、今は苦労することになります。

     


    どちらを選択していますか?

     

     


    それが今のマネジメントに対する考え方であり、取り組み方です。

     


    いろいろと言い訳したい気持ちは分かります。

     

    仕方がないと思い込みたい気持ちも分かります。

     

     


    だからこそ、それらを課題とするためにも

    “成功のストーリー!!”を描くことが重要なのです。

     


    成功ストーリーがあれば、今の苦労も軽減されます。

     


    言い訳をしてあいまいにすることが
    モチベーションを奪い、チーム力を低下させます。

     


    まずは、成功のストーリーを描く!!

     

     

    それは、自分のためであり、組織のためであり、部下のためです。

     


    想いを込めたストーリーなら変更しても皆さんわかってくれます。(^^)

     

     

     

    今週も当たり前のレベルを上げていきましょう!!

     

     

     

    ◆今回の心得◆

     

    今に流されずに、成功のストーリーに乗っていこう!!

     

     

     

    代表 瀬川裕之 著  経営者、管理者向け
    「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     〜 組織管理から組織マネジメントへ 〜

     ⇒ ご購入はこちら(amazon)

     

    働き方改革のために真の現状把握を!!
    『職場診断アンケート』

    社内風土と組織内の意識格差を客観的に分析
     ⇒ http://www.nksouken.com/investigate.html

     


    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
    【編集後記】

    組織マネジメント改革の支援していると、

     

    「成功ストーリーを描けません!!」

     

    というような反応が返ってくることがあります。

     

     

    確かに不確定要素の多い将来のことですし、
    真面目に考えれば考えるほど難しいかもしれません。

     

    だからこそ、管理者として描く必要があります。

     

    今の自分を知る意味でも是非描いてください。

     

    もちろん、チームで取り組むのもいいやり方です。

     

    でも、まずは自分自身の想いを吐き出してみる。
    そうすると自分自身の成長ストーリーも描けますよ。(^^)

     


    最後までお読み頂き、ありがとうございます。
    今週も笑顔の一週間でありますように!!

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

    JUGEMテーマ:ビジネス


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    新刊の紹介

    NK総研 代表 瀬川裕之著

    メールマガジン
    『上司の心得、部下の心得』

    ビジネスマン必読!!
    毎週水曜日発行中

    いくら能力があっても、
    組織内で能力を発揮しなければ意味がありません。
    上司と部下の立場から、
    組織における能力発揮コミュニケーション術をお送りしています!!

    メルマガ購読・解除
     

    子育て応援
    メールマガジン

    子育ては、
    ”子どもが独り立ちできるようにする”こと!!

    毎週月曜日発行中 読者急増中!!

    メルマガ登録・解除

    facebook

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      瀬川裕之
    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      名無し

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM