■上司の心得、部下の心得■690号【人を認められますか!?】(部下編)

0

    この記事は、メールマガジン『上司の心得、部下の心得』にて発信したものです。 
    1つテーマに対して、上司と部下それぞれの視点で考えていきます。 
    毎週水曜日12:30に配信しております。 

    ご興味のある方は、こちらから登録して下さい。

     


    人には理屈を越えた、感情があります。

     

    ちょっとした心の持ちようで、人は大きく変れます。


    ちょっとした心遣いで、人は大きく変ります。

     


    ●今回のテーマは●(今回のテーマは約3分で読めます)

     

    【人を認められますか!?】(部下編)

     

    ◆○◆─ since 2006.02 ───────────────<2019.7.24>─

     

    上司の心得、部下の心得  ◆ 690号 ◆

     

    ────────────────────────────────◆○◆
    こんにちは。
    組織の当たり前のレベルを上げることで強い組織を構築する!!
    活き活き組織構築支援コンサルタント NK総研の瀬川裕之です。

     

    良い上司と悪い上司!!

     

    会社は選べても上司は選べないと言いますが、
    その現実をどう捉えるかは自分自身の考え方が大きく影響します。

     

    本当の楽ってどういうことだろう!?


    そう考えると、上司に対する見方も変わってきます。

     

     

    苦労と楽しさは表裏一体で、
    考え方次第ですぐに反対になってしまいますからね。(^^)

     


    今週も最後まで、お付き合いください。

     

     

     

    代表 瀬川裕之 著  経営者、管理者向け
    「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     〜 組織管理から組織マネジメントへ 〜

     ⇒ ご購入はこちら(amazon)

     

    働き方改革のために真の現状把握を!!
    『職場診断アンケート』

    社内風土と組織内の意識格差を客観的に分析
     ⇒ http://www.nksouken.com/investigate.html

     

    ────────────────────────────────◆○◆

     

    さて、今週は【人を認められますか!?】部下編をお送りします。

     

     

    部下の立場での“人”は
    ここでは上司を中心に話を進めます。

     


    単純に「上司を認められますか?」


    と質問されれば、どう答えるでしょうか?

     

     

    もちろん、尊敬する上司がいる方もいるでしょうし、
    尊敬までは行かなくても認めていると言う方は多いでしょう。

     

    しかし、不満がゼロかと言えば
    そうではないと思います。

     

    不満が理想と現実とのギャップとすれば、
    不満を持つこと自体は悪いことではありません。

     

     

    100点の上司など逆に気持ち悪いです。

     


    ただ、中には不満が高まり、良い部分までも見えなくなって、
    全てを打ち消してしまうことがあります。

     

     

    マイナス面が強くなると、
    プラス面が見えなくなってしまうのです。

     


    「そんなことは分かっている!!」

     

    と思っているでしょう。

     


    しかし、分かっていても、
    それが言葉や態度にどのように反映しているかまでは
    ほとんどの方が分かっていません。

     


    理屈では理解していても、
    感情は無意識に思考にまで大きく影響を与え
    言動に働きかけます。

     

     


    非言語表現と言われる、

     


    表情や態度はその典型です。

     

    「怒ってる!?」

     

    とか、

     

    「機嫌悪いの!?」

     

    のよく聞かれる人は
    無意識に感情が表れています。

     


    不満を持つことを止めろと
    言っているわけではありません。

     


    まずは自分の感情に目を向けることです。

     

    誰しもが持ってるフィルターの存在を認めることです。

     


    もちろん、想いとのギャップがあるわけですから
    簡単に素直にとはいかないかもしれません。

     


    多くの人は無意識のうちに
    自分だけ理想のゴールから見ています。

     

    そもそも相手はゴールに向かって走るとも限りません。

     

    そんな状況で不満が解消されるわけがありません。

     


    そう考えると、


    「人を変えるためにはまず自分が変わる」


    と言う意味が分かると思います。

     

     


    今、現時点での現実を素直に見つめる。

     

    今を認めると言うことです。

     


    何度も言いますが、理屈では理解していても
    感情は簡単にはいきません。

     


    だから繰り返し、
    何度も意識することが大切です。

     


    なぜ、不満がある上司のために
    そこまでする必要があるのか?

     


    それは自分が楽になるためであり、
    自分が能力を発揮し、前向きになるためです。

     

     

    自分のためです。

     


    人は認められたいと言う欲求があります。

     

    その欲求に多くの人は苦しんでいます。

     

     


    その苦しみから解放されるのは
    人を認めることです。

     


    まずは自分のフィルターの存在を意識し、
    フィルターを外してその人を見る!!

     

    そうすると、相手の気持ちが見えてきます。

     

     

    それは自分の気持ちを抑えて、
    妥協することではありませんので、
    そこはくれぐれもお間違えないように!!(^^)

     

     

    今週も当たり前のレベルを上げていきましょう!!

     

     

    ◆今回の心得◆

     

    フィルターを外して、相手を見てみよう!!

     

     

     

     

    代表 瀬川裕之 著  経営者、管理者向け
    「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     〜 組織管理から組織マネジメントへ 〜

     ⇒ ご購入はこちら(amazon)

     

    働き方改革のために真の現状把握を!!
    『職場診断アンケート』

    社内風土と組織内の意識格差を客観的に分析
     ⇒ http://www.nksouken.com/investigate.html

     


    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
    【編集後記】

    人に認められたいと言う想いを“承認欲求”と言います。

     

    今、SNSは“いいね!!”と言う承認欲求で溢れています。


    その想いが強すぎて常識外れのことをする人も増えています。

     

    だからと言って、承認欲求はモチベーションにもなり得ますので
    無理に無くそうと思う必要はありません。

     

    但し、強くなり過ぎると認められたいとすぐに不満に思ってしまいますし、
    自己中心的になりコミュニケーションを取るのが難しくなったりします。

     

    そこで、大切なことはいろいろな価値観に触れること!!

     

    社外でのコミュニティなどはその機会を広げます。

     

    そして、他人に価値観に触れると言うことは認めると言うこと!!

     

     

    “言うは易く行うは難し!!”なんですが・・・、

     

    まずは行動することです。(^^;)

     


    最後までお読み頂き、ありがとうございます。
    今週も笑顔の一週間でありますように!!

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

    JUGEMテーマ:ビジネス


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    新刊の紹介

    NK総研 代表 瀬川裕之著

    メールマガジン
    『上司の心得、部下の心得』

    ビジネスマン必読!!
    毎週水曜日発行中

    いくら能力があっても、
    組織内で能力を発揮しなければ意味がありません。
    上司と部下の立場から、
    組織における能力発揮コミュニケーション術をお送りしています!!

    メルマガ購読・解除
     

    子育て応援
    メールマガジン

    子育ては、
    ”子どもが独り立ちできるようにする”こと!!

    毎週月曜日発行中 読者急増中!!

    メルマガ登録・解除

    facebook

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      瀬川裕之
    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      名無し

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM