■上司の心得、部下の心得■674号【離職を防止する!!】(部下編)

0

    この記事は、メールマガジン『上司の心得、部下の心得』にて発信したものです。 
    1つテーマに対して、上司と部下それぞれの視点で考えていきます。 
    毎週水曜日12:30に配信しております。 

    ご興味のある方は、こちらから登録して下さい。

     


    人には理屈を越えた、感情があります。

     

    ちょっとした心の持ちようで、人は大きく変れます。

     

    ちょっとした心遣いで、人は大きく変ります。

     


    ●今回のテーマは●(今回のテーマは約5分で読めます)

     

    【離職を防止する!!】(部下編)

     

    ◆○◆─ since 2006.02 ───────────────<2019.4.3>─

     

    上司の心得、部下の心得  ◆ 674号 ◆

     

    ────────────────────────────────◆○◆
    こんにちは。
    組織の当たり前のレベルを上げることで強い組織を構築する!!
    活き活き組織構築支援コンサルタント NK総研の瀬川裕之です。

     

    やはり今週は新元号の話題でしょうかね。

     

    「令和」・・・、5月1日から新しい元号となります。

     

    平成が始まって今年で31年。振り返るとあっという間でした。

    本当に時が経つのは早いものです(特に30歳を超えたあたりから・・・)。

     

    あらためて、「一日一日大事にしていこう!!」

     

    そう思いいながらニュースを見ていました。(^^)

     

     

    今週も最後まで、お付き合いください。

     

     

    代表 瀬川裕之 著  経営者、管理者向け
    「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     〜 組織管理から組織マネジメントへ 〜

     ⇒ ご購入はこちら(amazon)

     

    組織の持つ“当たり前”のレベルを上げる!!
    『活き活き組織構築プロジェクト』
     ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html

    ────────────────────────────────◆○◆

     

    さて、今週は【離職を防止する!!】部下編をお送りします。

     


    部下の立場で離職を防止するって
    少しテーマ的におかしい感じですが、
    仮に最終的に離職を決意することがあっても
    その前に次の3つのことを考えてほしいと思います。

     


    1、ただ逃げるだけになっていないか

     

    2、自分の成長を考えているか

     

    3、人の話を聞く余裕があるか

     

     

    どれもあまり考えたくないと思うかもしれません。

     

     

    カウンセリングをしていても
    この質問を早々に切り出すことはありません。

     

    多くに方が明確に答えられないか、
    答えることが大きなストレスになるからです。

     

    逆にこの質問に何のストレスもなく答えられる人は
    事前に多面的に現状を捉え、
    次のステップをしっかりと考えている人です。

     

     

    ただし、勘違いしてほしくないのは、
    逃げることが悪いわけではないと言うことです。

     

    働いていれば我慢することも必要ですが、
    我慢すればいいと言うわけではありません。

     

    ただ我慢するのではなく、
    我慢するにも目的が必要です。

     


    と言っても、最悪の場合はただ逃げるだけでもかまいません。

     


    例えば、草原でライオンに襲われたら、
    ただただ逃げるだけです。


    しかし、問題はその状況になるまでの過程です。

     

    事前にいろいろと考えることもできます。


    分からないことは人に聞くこともできます。

     

     

    それによって襲われないように
    準備することもできます。

     

    仮に襲われても対処できる準備もできます。

     


    そうしないと、逃げてもまた襲われてしまいます。

     

     

    ただ逃げただけでは、
    一生逃げ続けなければなりません。

     


    事前にどれだけのことができかが重要になります。

     

    ライオンだと当たり前に考え行動することも
    離職となると同じようにできない場合が少なくありません。

     


    そこで大切なことが、

     

     

    2つ目の「自分の成長を考えているか」

     

    と、

     

    3つ目の「人の話を聞く余裕があるか」

     

    に繋がります。

     


    離職に関する相談を受けることがあります。

     

     

    個人の相談に対しては
    クライアントの利益を最優先に考えますので、
    最終的に離職を勧めることもあります。

     

    中には精神的に苦しんでいる方もおり、
    すぐに離職を勧めることもあります。

     

     

    しかし、多くの場合は数年頑張ってから
    という話になることが多いです。

     

    逃げたいのならただ逃げるのではなく
    次の自分の幸せのために実力をつける!!

     

    不満ばかり抱いて成り行きでの成長では
    目標を持って取り組んでいる人には勝てません。

     

     

    つまり、2つ目の「自分の成長を考えているか」です。

     


    それによりストレスに強くなることもできます。

     

    それは見方、見る場所が変わるからです。


    それが“目標”です。

     


    成長のためには明確な目標があった方が
    良いに決まっています。

     


    その時に他人の意見を聞く余裕が大事なんです。

     


    人は自分の見たいもの見たいして、
    聞きたいことを聞きたいものです。

     

    つまり、成功している事例であり、
    賛成してくれる意見です。

     


    人は無意識に自分の好みに合わせて
    それらの情報を選択します。

     

    それは気持ちに余裕がない時ほど顕著に表れます。

     


    失敗した事例を見ても、「自分はそうはならない」
    反対意見を聞いても、「何も分かっていない」

     

    そんな風に排除してしまいます。


    そこに客観的な根拠はありません。

     

     

    時にはそれも必要であり、
    チャレンジする時はそういうものです。

     

    しかし、それは全てを受け入れてからの決断であり、
    分かった上での覚悟です。

     

    だから本気で頑張れます。

     

     

     

     

    「こんな予定ではなかった!!」


    後になって相談に来る方がいます。

     

    そのほとんどの方は深く考えていませんし、
    都合のよいことばかりを考えて覚悟がありません。

     

    そして、行動が遅いか行動が中途半端で、
    基本的に悪いことは他責です。

     

     

    言葉は悪ですが、ただ逃げた結果です。


    離職すると言うのは人生での一つの決断です。

     


    例え明確な目標があるように見えても
    それが言い訳であることも少なくありません。

     


    自分自身のことは自分自身が一番知っていると
    勘違いしている人が多いんです。

     

    自分自身が見えなくなっていることに気づかないんです。


    人の言う通りにする必要はありません。


    最終的に決断し行動するのは自分自身です。

     

    ただ、人の話を聞く余裕がないというのは
    心に余裕がなく、思考の柔軟性が失われています。

     

    自分を正当化し、人を否定してしまいます。

     

     

    現実をしっかりと見ているかと言えば、
    見たいところだけを見ているだけです。

     

    離職を考えているながら、ちょっと立ち止まって、
    3つのことを考えてみてください。


    1、ただ逃げるだけになっていないか

     

    2、自分の成長を考えているか

     

    3、人の話を聞く余裕があるか

     

     

    それらを考えるかを決断をするもの
    実際に行動に移すのも自分自身です。

     

    だからこそ、自分のために人に頼るのも
    悪くはありませんよ。(^^)

     


    今週も当たり前のレベルを上げていきましょう!!

     

     

     

    ◆今回の心得◆

     

    時には人に頼ることも立派な決断です!!

     

     

     

     

    代表 瀬川裕之 著  経営者、管理者向け
    「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     〜 組織管理から組織マネジメントへ 〜

     ⇒ ご購入はこちら(amazon)

     

    組織の持つ“当たり前”のレベルを上げる!!
    『活き活き組織構築プロジェクト』
     ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html

     


    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
    【編集後記】

    5月からの新元号が「令和」に決まりました。


    そのニュースで目に留まったのが、号外を奪い合う人たち!!

     

    悲鳴や怒号が飛び交う姿はマナーなど全く存在せず、
    自己の欲求むき出しで、見ていて怖かったです。

     

    ある意味、人は目標が明確になると
    なりふり構わず力を発揮するんですね。(^^;)

     


    最後までお読み頂き、ありがとうございます。
    今週も笑顔の一週間でありますように!!

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

     

    JUGEMテーマ:ビジネス


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    新刊の紹介

    NK総研 代表 瀬川裕之著

    メールマガジン
    『上司の心得、部下の心得』

    ビジネスマン必読!!
    毎週水曜日発行中

    いくら能力があっても、
    組織内で能力を発揮しなければ意味がありません。
    上司と部下の立場から、
    組織における能力発揮コミュニケーション術をお送りしています!!

    メルマガ購読・解除
     

    子育て応援
    メールマガジン

    子育ては、
    ”子どもが独り立ちできるようにする”こと!!

    毎週月曜日発行中 読者急増中!!

    メルマガ登録・解除

    facebook

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      瀬川裕之
    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      名無し

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM