■上司の心得、部下の心得■669号【生産性を理解していますか!?】(上司編)

0

    この記事は、メールマガジン『上司の心得、部下の心得』にて発信したものです。 
    1つテーマに対して、上司と部下それぞれの視点で考えていきます。 
    毎週水曜日12:30に配信しております。 

    ご興味のある方は、こちらから登録して下さい。

     


    人には理屈を越えた、感情があります。

     

    ちょっとした心の持ちようで、人は大きく変れます。


    ちょっとした心遣いで、人は大きく変ります。

     


    ●今回のテーマは●(今回のテーマは約4分で読めます)

     

    【生産性を理解していますか!?】(上司編)

     

    ◆○◆─ since 2006.02 ───────────────<2019.2.27>─

     

    上司の心得、部下の心得  ◆ 669号 ◆

     

    ────────────────────────────────◆○◆
    こんにちは。
    組織の当たり前のレベルを上げることで強い組織を構築する!!
    活き活き組織構築支援コンサルタント NK総研の瀬川裕之です。

     

    働き方改革という言葉が浸透するなかで、
    生産性も製造業だけでなく多くの業種・業界でより課題視されています。

     

    今回はそんな生産性にスポットを当ててみました。^^

     


    今週も最後まで、お付き合いください。

     

     

     

    代表 瀬川裕之 著 
    「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     〜 組織管理から組織マネジメントへ 〜

     ⇒ ご購入はこちら(amazon)

     

    組織の持つ“当たり前”のレベルを上げる!!
    『活き活き組織構築プロジェクト』
     ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html

    ────────────────────────────────◆○◆

     

    さて、今週は【生産性を理解していますか!?】
    上司編をお送りします。

     

     


    生産性と言えばほとんどの方は
    「労働生産性」をイメージするでしょう。

     

    労働生産性とは
    労働者が一人あたり、もしくは一時間あたりに
    どのくらいの成果を生み出したかの指標です。

     

     

    今、働き方改革が進められ、
    多くの会社で労働生産性の向上は
    最も重要な課題の一つとなっています。

     

     


    ここで労働生産性向上の考え方を
    3つに分けて整理してみました。

     

     

     

     

    1、投資による労働生産性の向上

     


    例えば、パソコンに代表されるIT技術の導入

    これまで人手に頼っていたことを
    コンピューターで行うことで
    正確に迅速に行うことができるようになりました。

     


    製造現場で言えば、最新設備の導入。

     

    これもコンピューターが導入され、
    プログラムで作業を管理できるようになっています。

     


    これらのように設備などを導入することにより
    労働生産性は飛躍的に向上させることができます。

     

    この場合、労働者は多くの場合は以前よりも楽になります。

     

    もちろん操作を覚える必要はありますが、
    楽になる分、早く正確にアウトプットを出すことができます。

     

    それは、会社が投資した結果であって、
    労働者の評価がこれだけで上がることはありません。

     

    当然、投資に対する効果(投資生産性)を
    検証する必要があります。

     

     

     


    2、労働者の努力・工夫による労働生産性の向上

     


    現場の方々の努力や工夫によって労働生産性が
    向上することも少なくありません。

     

    これが日本企業の強みの一つと言っても過言ではありません。

     

    例えば、
    製造現場でやり方を工夫して、
    これまで1時間に10個だったものを12個に作れるようにした。

     

    不良率が0.5%だったものを
    自分たちでポカヨケ(うっかりミスの防止)を設置して、
    不良率を0.01%に向上させた。

     

    営業マンがカタログに新たな資料を追加して
    成約率が1.2倍に上がった。

     

    組織間の業務を見直して、
    重複業務を整理することで週9時間の時短になった。

     

     


    多くの会社で行っている現場の改善活動が
    これらに当たります。

     

     

    ここで投資が掛からないような場合は、
    会社から見れば投資生産性が向上したことになり、
    労働者の付加価値が向上したことになります。

     

     

    すなわち、評価(賃金)を上げられます。

     


    もちろん、投資が必要になることもあります。

     

    その場合にはそのアイディア自体が
    評価となり得ます。

     

     

     


    3、マネジメントによる労働生産性の向上

     


    上司編ではここが最も重要な部分です。

     

    マネジメントにおいて、
    業務計画や事前の段取り、不具合の対処や対策
    モチベーションアップのためのコミュニケーションや
    環境づくり、人材育成など・・・、

     

    多くのことを迅速に決断し、多角的に支援することが、
    労働生産性の向上に繋がります。

     

     

    これはマネジメントの本質であり、
    与えられた使命です。

     


    1、の投資による向上も
    2、の労働者の努力・工夫による向上も、
    マネジメントによって大きく変わります。

     


    これは、世の中を知り、現場のことを知らなければ、
    力を発揮することはできません。

     

    情報収集力が必要なことは言うまでもありません。

     

     


    最終的な目的は競争力のある、
    勝ち続けられる組織を構築することです。

     

    1、の投資による向上と
    2、の労働者の努力・工夫による向上を
    いかに効果的にスピーディーに継続的に行うか。

     

     

    それを実現するのが上司の役目です。

     

     

    そこで考えてほしいのが、

     


    上司として今の生産性とはどうか!?

     

    上司の成果とは何か!?

     

    向上するには何をすべきか!?

     

     

     

    会社から役職という力を与えられ、
    高い評価(給与)を得ている意味を振り返ってみてください。

     


    目的の理解度が問われますよ。^^

     

     

     

    今週も当たり前のレベルを上げていきましょう!!

     

     


    ◆今回の心得◆

     

    上司としての生産性を考えてみよう!!

     

     

     

     

     

     

    代表 瀬川裕之 著 
    「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     〜 組織管理から組織マネジメントへ 〜

     ⇒ ご購入はこちら(amazon)

     

    組織の持つ“当たり前”のレベルを上げる!!
    『活き活き組織構築プロジェクト』
     ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html


    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
    【編集後記】

    花粉症で苦しんでいる方も多いこの季節ですが、
    会社にとっても無視できない大きな問題です。

     

    事務所に空気清浄機を導入しましたが、
    ほぼ一日中フル稼働しています。

     

    設備投資することで生産性が上がればいいのですが・・・。
    と言うよりも下がらなければいいのですが・・・。

     

    環境整備も大切ですね。(^^;)

     


    最後までお読み頂き、ありがとうございます。
    今週も笑顔の一週間でありますように!!

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

    JUGEMテーマ:ビジネス


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    新刊の紹介

    NK総研 代表 瀬川裕之著

    メールマガジン
    『上司の心得、部下の心得』

    ビジネスマン必読!!
    毎週水曜日発行中

    いくら能力があっても、
    組織内で能力を発揮しなければ意味がありません。
    上司と部下の立場から、
    組織における能力発揮コミュニケーション術をお送りしています!!

    メルマガ購読・解除
     

    子育て応援
    メールマガジン

    子育ては、
    ”子どもが独り立ちできるようにする”こと!!

    毎週月曜日発行中 読者急増中!!

    メルマガ登録・解除

    facebook

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      瀬川裕之
    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      名無し

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM