■上司の心得、部下の心得■660号【一年をふりかえってみる!!】

0

    この記事は、メールマガジン『上司の心得、部下の心得』にて発信したものです。 
    1つテーマに対して、上司と部下それぞれの視点で考えていきます。 
    毎週水曜日12:30に配信しております。 

    ご興味のある方は、こちらから登録して下さい。

     


    人には理屈を越えた、感情があります。

     

    ちょっとした心の持ちようで、人は大きく変れます。

     

    ちょっとした心遣いで、人は大きく変ります。

     


    ●今回のテーマは●(今回のテーマは約4分で読めます)

     

    【一年をふりかえってみる!!】

     

    ◆○◆─ since 2006.02 ───────────────<2018.12.19>─

     

    上司の心得、部下の心得  ◆ 660号 ◆

     

    ────────────────────────────────◆○◆
    こんにちは。
    組織の当たり前のレベルを上げることで強い組織を構築する!!
    活き活き組織構築支援コンサルタント NK総研の瀬川裕之です。

     

    2018年が終わるまで2週間を切りました。


    あの暑かった夏がつい数か月前とは思えません。

     

    今年の配信も残すところ、今回を含めあと2回です。

     

    今週は一年をふりかえってみたいと思います。

     


    今週も最後まで、お付き合いください。

     

     

     

    代表 瀬川裕之 著 
    「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     〜 組織管理から組織マネジメントへ 〜

     ⇒ ご購入はこちら(amazon)

     

    組織の持つ“当たり前”のレベルを上げる!!
    『活き活き組織構築プロジェクト』
     ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html

    ────────────────────────────────◆○◆

     

    さて、今週はテーマ【一年をふりかえってみる!!】をお送りします。

     

     


    毎週お送りしているこのメルマガでは
    今年は25のテーマを取り上げました。

     

    お送りしたテーマをふりかえってみると、
    原点は上司と部下のコミュニケーションであり、
    気持ちと情報の相互理解。

     

    これがどのテーマにも根底にありました。

     


    各テーマでコメントをいただくことがありますが、


    一番多いのが、

     

    「まるで自分の組織のことのようです」

     

    という声。

     


    逆に言えば、
    多くの組織が同じような問題を抱えています。

     

    そして、課題としながらも
    なかなか解決できないでいる。

     

    もしくは、取り組むこともさえできていない
    と言う組織が多いのです。

     


    特に今年は働き方改革の名の下に
    多くの企業が時短に取り組んでいます。

     

    ここでも十分なコミュニケーションがないまま、
    半ば強制的に時短を実施していった結果、
    現場の士気は下がり、生産性も業務品質も
    低下していると言う声は少なくありません。

     


    現場に話を聞くと、

     

    「給料が下がるのは痛い!!」

     

    でも、それ以上に

     

    「仕事が終わらない状況が苦しい!!」

     

    という意見がとても多いのです。

     

     


    確かに中には8時間の仕事を
    10時間で行っているような人もいます。

     

    しかし、それはそれができる環境をつくっている
    マネジメントの問題です。

     

     

    今、多くの企業は
    10時間の仕事を8時間でやれと言います。

     


    そのために、“業務の効率化”はもちろん、
    “選択と集中”や“優先順位の明確化”
    などのキーワードが出てきますが、
    実際にはそれほど実行できていません。

     


    例えば、業務を効率化するために

     

    「一時的に活動のために残業を増やす」

     

    そんな決断がなされているでしょうか?

     


    確かに掛け声だけでも少しは効率は上がります。

     

    しかし、その先はやはり論理的に進めていかなければ
    全てが現場の負担となってしまいます。

     


    マネジメントの質を一段ではなく
    二段も三段も上げる必要があるのです。

     

     

    そのためには、
    まずはしっかりとコミュニケーションを取ること。

     

     

    これは現場を知ることであり、
    常に新鮮で高品質な情報を得る手段です。

     

     

    新鮮で高品質な情報があってこそ
    素早く正確な判断を自信を持って下すことができます。

     

    そして、その決断をタイムリーに
    最も良い形で現場に伝えることができます。

     

     


    これは部下の立場でも同じです。


    情報は生ものです。

     

    時間とともに鮮度はどんどん落ちていきます。

     

    自分の中に抱えていても
    良いことなんて何一つありません。

     


    よく、

     

    「自分を守るために情報は大事なんです」

     

    などと言う方がいます。

     


    確かにその通りです。


    しかし、古い情報などあるだけムダです。

     

    情報は出さないと入ってきません。

     

    情報は使ってこそ価値が生まれます。

     

     

    常に情報を回すことが大切なんです。

     

     


    技術も同じです。


    ビジネスにおいても、製造現場においても
    常に成長しています。

     

    抱えていたら、
    逆に自分だけ取り残されてしまいます。

     

    インターネットが当たり前になり
    多くの情報が手軽に手に入るようになりました。

     

    しかし、多くの職場ではまだまだ情報が淀んでいます。

     


    情報がしっかりと流れている組織は
    業務効率も業務品質も高いです。

     

    さらに、従業員もモチベーションも高いです。

     


    当たり前と言えば、当たり前です。

     


    そんな当たり前が組織内と自分自身はどうだったのか?

     

    情報の流れ、コミュニケーションはどうだったか・・・?

     


    この1年をふりかえってみてくだだい。

     


    いろんな想いが出てくるはずです。

     

    まずは他責にせずに
    しっかりとふりかえってみてください。

     

    更なる成長への道筋が見えてきますよ。^^

     


    今週も当たり前のレベルを上げていきましょう!!

     


    ◆今回の心得◆

     

    気づいて、さらに行動してこそ成長がある!!

     

     

     

    代表 瀬川裕之 著 
    「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     〜 組織管理から組織マネジメントへ 〜

     ⇒ ご購入はこちら(amazon)

     

    組織の持つ“当たり前”のレベルを上げる!!
    『活き活き組織構築プロジェクト』
     ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html


    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
    【編集後記】

    今年は4月にやっと本を出すことができました。


    このブログの読者の方々からも期待され催促されとても励みになりました。

     

    ほんとうにありがとうございます。
    また、ご購入下さった方、ありがとうございます。

     

    次の企画も考えてはいるのですが、なかなかパワーが・・・

     

    来年の目標にしようか迷っている今日この頃です。^^;

     

     


    最後までお読み頂き、ありがとうございます。
    今週も笑顔の一週間でありますように!!

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

    JUGEMテーマ:ビジネス


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    新刊の紹介

    NK総研 代表 瀬川裕之著

    メールマガジン
    『上司の心得、部下の心得』

    ビジネスマン必読!!
    毎週水曜日発行中

    いくら能力があっても、
    組織内で能力を発揮しなければ意味がありません。
    上司と部下の立場から、
    組織における能力発揮コミュニケーション術をお送りしています!!

    メルマガ購読・解除
     

    子育て応援
    メールマガジン

    子育ては、
    ”子どもが独り立ちできるようにする”こと!!

    毎週月曜日発行中 読者急増中!!

    メルマガ登録・解除

    facebook

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      瀬川裕之
    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      名無し

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM