■上司の心得、部下の心得■633号【新入社員を教育する!!】(上司編)

0

    この記事は、メールマガジン『上司の心得、部下の心得』にて発信したものです。 
    1つテーマに対して、上司と部下それぞれの視点で考えていきます。 
    毎週水曜日12:30に配信しております。 

    ご興味のある方は、こちらから登録して下さい。

     

     

    人には理屈を越えた、感情があります。

     

    ちょっとした心の持ちようで、人は大きく変れます。


    ちょっとした心遣いで、人は大きく変ります。

     


    ●今回のテーマは●(今回のテーマは約5分で読めます)

     

    【新入社員を教育する!!】(上司編)

     

    ◆○◆────────────────────────<2018.6.13>─

     

    上司の心得、部下の心得  ◆ 633号 ◆

     

    ────────────────────────────────◆○◆
    こんにちは。
    組織の当たり前のレベルを上げることで強い組織を構築する!!
    組織マネジメント改革支援コンサルティング
    活き活き組織構築支援コンサルタント NK総研の瀬川裕之です。

     

     

    4月から新入社員を迎えた企業では、3ヶ月の基礎研修を経て、
    来月から各配属先での実践教育がスタートする企業も多いでしょう。

     

    今回はそんな新人教育をテーマに挙げてみました。


    今週も最後まで、お付き合いください。

     

     

    新刊本「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     ご購入はこちら(amazon)

     

     

    組織の持つ“当たり前”のレベルを上げる!!
    『活き活き組織構築プロジェクト』
     ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html

    ────────────────────────────────◆○◆

     

    さて、今週はテーマ【新入社員を教育する!!】上司編をお送りします。

     

     

     


    人手不足が大きな課題となっている企業が多い中で
    新人をどう育てるかは組織力に大きく影響します。

     

    当然、一日でも早く戦力になるように
    実践的な教育を行っている組織も多いでしょう。


    さらに、中堅社員をレベルアップも兼ねて
    新人教育の担当に抜擢している組織も多いでしょう。

     


    しかし、これが上手く機能していない
    場合が少なくありません。


    そもそも人を教育するにはスキルが必要です。

     

     

    もちろん、それなりの準備をしているはずですが、
    どうも不十分な企業が多いように感じます。

     

     


    そこで、今回はまず教育する側に
    どのような準備が必要なのか。

     

     

    また、どのようなフォローをすればよいのかを
    考えていきます。

     

     

     

     

    まず、準備です。

     


    準備は大きく3つあります。


    一つは、組織としての準備です。

     

     

    そもそも組織がどのような
    成長ロードマップを描いているのか?

     

    これが明確になっている必要があります。

     

    その組織のロードマップに沿って
    新人の最終的な目標が定まります。

     

    それは、スキルだけでなく、
    考え方や行動目標にも繋がることです。

     

     

    最も基本的なことですが、
    これがあいまいになっていることが多く、
    教育係に丸投げになっていることが少なくありません。

     

    組織が今後どう成長していきたいのか。

     

     

    組織の成長ロードマップを明確にし、
    教育係とまずは共有することが基本です。

     

     


    2つ目は、教育係への教育です。


    これも個人に丸投げになっている場合があります。

     

    教育するのは一つのスキルです。

     

    分かっていることですが、
    業務を行うことと人を育成するのは
    イコールではありません。

     

    仕事ができる人が教育が上手いとも限りません。

     


    例えば、現状の知識として、
    会社の概要、企業李根やビジョン、
    業務の全体像や業務内容そのものを把握しているか。

     

    最低限この程度は事前に確認してあげるべきです。

     

     

     

    また、コミュニケーションスキルも重要です。


    圧力に頼った教育が通用する時代ではありません。

     

    教育スキルのない中堅社員が向かうのは
    圧力による一方的な教育です。

     

    それは“指示待ち人材!!”の育成です。

     


    そうならないためにも、
    伝達力や傾聴力、質問力や共感力と言うような
    ビジネスにおけるコミュニケーションスキルは必須です。

     

     

    これらのレベルアップは容易ではありませんが、
    難しいと言うことを認識させておくことはとても重要なことです。

     

     

    なぜなら、謙虚に接することができるからです。

     

     

     

    そして、3つ目は教育スケジュールの共有です。

     

     

    目標の設定から具体的な教育計画


    これを共有しておくのは上司の役目です。

     

    教育はプロセスが重要です。

     

    結果の報告ではなく、プロセスをしっかりと把握しながら、
    進めていく必要があります。

     

     


    まずは、この3点、

     

    1、組織の成長ロードマップの明確化

     

    2、教育係への教育

     

    3、教育スケジュールの共有

     

     

    これらはしっかりと準備しておきたいことです。

     

     

     

     


    そして、実際にスタートした時に大切なことが負荷の調整です。

     


    新人教育が上手く行かない理由の一つが
    教育係が多忙のための放置です。

     

    ただでさえ、忙しい中堅社員に
    新人教育と言う負荷を与えていることを
    しっかりと認識し、配慮する必要があります。

     

    どうしても納期が迫ってきたりすれば、
    新人教育の重要性は認識していても、
    優先順位は後になってしまいがちです。

     

    その判断を個人でさせてはいけません。

     

    現状の負荷を認識して即時対応する体制を整える。

     

     

    教育と言う大切な業務を与えているのですから
    当然のことです。

     

     

    そして、進捗度合いのフィードバックを受け
    組織として進めていく。

     

     

     


    中堅社員のレベルアップのために
    教育係に任命したのに、
    逆にそれが負担となってつぶれてしまう。

     

    そんなことが実際に起こっています。

     

     


    教育担当を選任するのは悪いことではありません。

     

     

    人に教えるという行為は自分を振り返ることにもなり
    とても勉強になります。

     

     

    まさに一石二鳥です。

     

     


    しかし、それもしっかりとした準備と
    組織的なフォローがあってのことです。

     


    ただの丸投げでは二羽とも逃げてしまいます。

     

     

    新人を教育して、

     

    “いかに早く稼げるようにするか!!”

     


    これは組織マネジメントそのものなのです。

     

     


    当たり前のレベルを上げていきましょう!!

     

     

     

    ◆今回の心得◆

     

    新人教育は組織で取り組む!!

     

     

     

     

    新刊本「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     ご購入はこちら(amazon)

     

     

    組織の持つ“当たり前”のレベルを上げる!!
    『活き活き組織構築プロジェクト』
     ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html


    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
    【編集後記】

     

    「今の新人は根性がない。すぐ辞めると言い出す!!」

     

    そんな嘆きをよくお聞きします。

     

     

    しかし、逆に考えると、今の新人教育は甘い!!
    そう思える企業も少なくありません。

     

    楽に教えられる、楽に育つ新人を望んでいるのです。

     

    難しいからこそ、人を育てる技術・技能が組織力の差となります。

     

    教育している、教育担当者をつけている
    それらが自己満足にならないように気をつけないと
    全てが他責(新人の根性がない)で終わってしまいますよ。

     

     

     

    最後までお読み頂き、ありがとうございます。
    今週も笑顔の一週間でありますように!!

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

    JUGEMテーマ:ビジネス


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    新刊の紹介

    NK総研 代表 瀬川裕之著

    メールマガジン
    『上司の心得、部下の心得』

    ビジネスマン必読!!
    毎週水曜日発行中

    いくら能力があっても、
    組織内で能力を発揮しなければ意味がありません。
    上司と部下の立場から、
    組織における能力発揮コミュニケーション術をお送りしています!!

    メルマガ購読・解除
     

    子育て応援
    メールマガジン

    子育ては、
    ”子どもが独り立ちできるようにする”こと!!

    毎週月曜日発行中 読者急増中!!

    メルマガ登録・解除

    facebook

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      瀬川裕之
    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      名無し

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM