■上司の心得、部下の心得■627号【今のままでいいのか!?】(上司編)

0

    この記事は、メールマガジン『上司の心得、部下の心得』にて発信したものです。 
    1つテーマに対して、上司と部下それぞれの視点で考えていきます。 
    毎週水曜日12:30に配信しております。 

    ご興味のある方は、こちらから登録して下さい。

     


    人には理屈を越えた、感情があります。

     

    ちょっとした心の持ちようで、人は大きく変れます。


    ちょっとした心遣いで、人は大きく変ります。

     


    ●今回のテーマは●(今回のテーマは約4分で読めます)

     

    【今のままでいいのか!?】(上司編)

     

    ◆○◆────────────────────────<2018.5.2>─

     

    上司の心得、部下の心得  ◆ 627号 ◆

     

    ────────────────────────────────◆○◆
    こんにちは。
    組織の当たり前のレベルを上げることで強い組織を構築する!!
    組織マネジメント改革支援コンサルティング
    活き活き組織構築支援コンサルタント NK総研の瀬川裕之です。

     

    ゴールデンウィーク真っ只中ですが、お休みの方も
    逆に忙しく働いている方もいらっしゃるでしょう。

     

    休みが欲しい気持ちもありますが、逆に仕事がなくなってしまっては
    元も子もありません。

     

    メリハリのある仕事ができる気概と取り組み方が大切ですね。^^

     


    今週も最後まで、お付き合いください。


    組織の持つ“当たり前”のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる!!
    『活き活き組織構築プロジェクト』
     ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html

    ────────────────────────────────◆○◆

     

    さて、今週はテーマ【今のままでいいのか!?】上司編をお送りします。

     

     

     

    「今のままでいい!!」

     

     

    そう思っている人は少なくとも
    このメルマガの読者の中にはいないでしょう。

     


    「今のままではダメだ!!」

     

    そう思い、悩み苦しんでいることと思います。

     


    反省することは大切ですが、
    過去に戻ることはできません。

     

     

    当然、“これから何をやるか!!”
    が重要になってきます。

     


    そこまでは誰もが考えます。

     

    しかし、実際にはなかなか行動に移せない。

     

     


    そして、その理由は、“時間がない!!”

     

     


    確かに、時間はないかもしれません。

     

    しかし、時間は与えられるものではなく、
    自ら生み出すものです。

     

    甘えていると言えば甘えています。

     

    もっと努力すれば
    時間を生み出すことはできる。

     


    と、自問自答している人も多いはずです。

     

     

     


    しかし、実際に何も行動していないのでしょうか・・・。

     


    多くの人は普段忙しく肉体的にも精神的にも
    くたくたになるまで仕事をしています。

     

    役割をまっとうするため、
    そして、お金を稼ぐために頑張っています。

     


    今以上にやる必要はあるけれども
    やっぱり時間には限界がある。

     

    それが現実です。

     

     


    しかし、そのような条件の中でも
    上手く成長を続けている人もいますし、
    成長している組織もあります。

     


    いや、忙しいほど成長しています。

     

     

     

    何が違うのか・・・!?

     

     

     

    それは、“問題と課題の認識”


    そして、“決断”です。

     

     


    自分の成長を実感できない人、
    忙しさが解消されない組織は
    その多くを、自ら決断することなく
    “問題解決”に時間を費やしています。

     


    ここで言う、“問題”というのは、
    目の前に立ちはだかる壁です。

     

    この壁を攻略しなくては前には進めません。

     

    登るか、壊すか、避けるか、
    何らの方法を模索し、戦略を立て
    決断しなければなりません。

     

    しかし、その決断をすることなく
    目の前の問題解決に一生懸命取り組む。

     

    それはそれで間違いではありません。

     


    しかし、そこにマネジメントは
    存在していません。

     

     

     

     

    それに対して、“課題”というのは、
    同じ壁でも自ら設定したものです。

     


    問題と言う壁を突破するために
    自分自身に課した結果を出すための壁です。

     


    直面した問題に対して
    どれだけ自分自身に課題を設定できるか。

     


    そのためには問題把握だけではなく、
    現状のレベルの把握が欠かせません。

     


    実はこの一連のプロセスを意識することが
    大きな差となります。

     

    レベルを上げれば問題は
    次から次に無限に生まれます。

     

     


    組織マネジメントにおいては、
    現状のレベルを把握し、ありたい姿を明確にして、
    どのレベルで問題を抽出し
    それをどう課題化するかが重要です。

     


    問題と課題をしっかりと区別しないと、
    目の前に見えている問題解決に
    常に追われるように取り組んでしまいます。

     

     

    そして、何時しか問題解決そのものが仕事となり、
    それで苦労し、それで満足してしまいます。

     


    しかし、客観的に見ると
    対処と言う“モグラたたき”に躍起になり、
    対策まで行われることなく次の問題が湧き出てくる。

     

     

    まさに悪魔のサイクルです。

     

     

     


    そうなると焦りを感じてきます。

     

     

     

    しかし、忙しいと言う現状が
    それをもかき消してしまいます。

     

     

    「先のことなど考える暇などないですよ!!」


    多くの方が本気でそんな言葉を口に出します。

     


    決して今のままでいいとは思ってはいませんが、
    考える余裕さえないと言います。

     


    しかし、実は考えたくないのです。

     


    考えることを避けているのです。

     

    それは、今に逃げた方が楽だからです。

     


    先のことを考えれば、
    今以上に大変なのは分かっています。

     

     

    なんせ、ただでさえ人手不足で忙しいんですから・・・。

     

    「会社が何とかしてくれないと・・・」


    「優秀な人材をたくさん入れてくれれば・・・」

     

     

    しかし、それは仕事をこなすことだけが目的であり、
    ビジネスではありません。

     

    組織を預かる者の思考ではないことは
    十分分かっているはずです。

     

     

     

    まずは、“自分自身の思考を振り返ってみる!!”

     


    今の思考はアクセルを踏みながら
    その奥ではブレーキを踏んでいるようなものです。

     

     


    組織マネジメントを任されると
    いろいろと悩みもあり、迷いもあります。

     

     

    考えることは大切なことです。

     

    しかし、最終的には決断しなければ
    攻めの行動にはなりません。

     


    決断することなく今に流されていませんか?

     

    自分自身が自分の嫌いだった思考に
    なっているかもしれませんよ^^;

     

     

     

    今週も気分よく行きましょう!!

     

     

     

    ◆今回の心得◆

     

    今に逃げずに、しっかりと先を見る!!

     

     

     

    組織の持つ“当たり前”のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる!!
    『活き活き組織構築プロジェクト(活プロ)』
     ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
    【編集後記】

    今、どこの会社にお伺いしても「忙しい!!」と言われます。


    人財不足はどの会社でも共通の課題です。

    個々の人財が一人分の仕事では足りません。


    つまり労働生産性の向上が必須と言うことです。

     

    方法は大きく2つ。

     

    仕事のやり方を変えるか、人財を成長させるか。

     

    AO化やIT化、ロボット化は労働生産性を大きく向上させます。

     

    お金があればどこでもできますが、投資と言う決断が必要です。

     


    しかし、改善や改革は知恵と行動力です。

     

     

    お金がなくてもできることはたくさんあります。

     

    その知恵を出すのも行動するのも人財です。

     

    人財の育成は組織の生命線です。

     

     

    「人財を育成するのにも人財が足りない・・・」

     

    そういう声も聞こえてきそうですが、
    だったらそのための知恵を出しましょう。

     

    チャレンジしてみましょう。

     

     

    結局、知恵と行動力で差が付くのです^^

     


    最後までお読み頂き、ありがとうございます。
    今週も笑顔の一週間でありますように!!

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

    JUGEMテーマ:ビジネス


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    新刊の紹介

    NK総研 代表 瀬川裕之著

    メールマガジン
    『上司の心得、部下の心得』

    ビジネスマン必読!!
    毎週水曜日発行中

    いくら能力があっても、
    組織内で能力を発揮しなければ意味がありません。
    上司と部下の立場から、
    組織における能力発揮コミュニケーション術をお送りしています!!

    メルマガ購読・解除
     

    子育て応援
    メールマガジン

    子育ては、
    ”子どもが独り立ちできるようにする”こと!!

    毎週月曜日発行中 読者急増中!!

    メルマガ登録・解除

    facebook

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      瀬川裕之
    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      名無し

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM