■上司の心得、部下の心得■609号【チームで仕事をしていますか!?】(部下編)

0

    この記事は、メールマガジン『上司の心得、部下の心得』にて発信したものです。 
    1つテーマに対して、上司と部下それぞれの視点で考えていきます。 
    毎週水曜日12:30に配信しております。 

    ご興味のある方は、こちらから登録して下さい。

     

     

    人には理屈を越えた、感情があります。

     

    ちょっとした心の持ちようで、人は大きく変れます。


    ちょっとした心遣いで、人は大きく変ります。

     


    ●今回のテーマは●(今回のテーマは約3分で読めます)

     

    【チームで仕事をしていますか!?】(部下編)

     

    ◆○◆────────────────────────<2017.12.20>─

     

    上司の心得、部下の心得  ◆ 609号 ◆

     

    ────────────────────────────────◆○◆
    こんにちは。
    組織の当たり前のレベルを上げることで強い組織を構築する!!
    組織マネジメント改革支援コンサルティング
    活き活き組織構築支援コンサルタント NK総研の瀬川裕之です。

     

    チームで仕事をするよりも、一人でやった方が早い!!

     

    そう思っている人も多いでしょう。

     

    確かに今の仕事は早く終わるかもしれません。


    しかし、長い目でみるととても損をしています。

     

     

    薄々は分かっているとは思います。(^^)

     

     


    今週も最後まで、お付き合いください。


    組織の持つ“当たり前”のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる!!
    『活き活き組織構築プロジェクト』
     ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html

    ────────────────────────────────◆○◆

     

    さて、今週はテーマ【チームで仕事をしていますか!?】
    部下編をお送りします。

     


    従業員の方にインタビューを行うと

    必ずと言っていいほど、

     

    「うちは個人商店の集まりですよ!!」

     

    と言う声が聞かれます。

     

     

    業務が固定化していて、
    個々がそれぞれに作業をこなす。

     

    できる人、分かる人が限られている。

     

    負荷のバランスが取れおらず、
    特定の人に仕事が集中する。

     

    組織ではあるければ、
    実際の作業は個人任せ。

     

     

    とてもチーム力があるとは言えない。

     

    多くの方がそう思っている組織が非常に多いです。

     

     

     

    しかし、逆にチームで仕事をしようとすると、
    その想いと逆行するかのように
    気がつくと個人商店が開店しています。

     


    なぜそうなるのか・・・?

     


    それは、その方が楽だからです。


    周りを気にせずに、自分のペースで
    いつもの自分のやり方で作業ができる。

     

    報告ではそれなりのことを言って、
    最終的につじつまを合わせれば問題ない。

     


    逆に仕事が立て込んでくると、

     

    「個人に丸投げでやってられない・・・!!」

     

    と不満を吐き出す。

     

     


    自分では意識していなくても、
    多くの人が今に焦点が当てられ、
    自分の都合が優先になっています。

     


    確かにやり慣れた仕事であれば、
    チームでやるよりも効率よくできることもあります。

     

     

    しかし、それは一時的な事であって、
    個人商店化してしまうことで
    長期でみると大きく欠けてしまうものがあります。

     


    それが、“刺激”であり、“成長”です。

     


    私が本当にチーム力を感じるのは、
    お互いが刺激し合い、切磋琢磨している状態です。

     


    そこには、“成長の勢い”があります。

     


    逆にチーム力を感じない組織は、
    多くの人が、“守り”に入っており、
    現状維持の意識が強くなっています。

     

     

    最悪はキズの舐め合いです。

     

    そこには妥協しか生まれません。

     

     

     

    表面では、

     

    「いつも自分だけ忙しい」

     

    などと言いながら、
    実際は自ら仕事を抱え込んでいる。

     

     

     

    もしくは、チームで仕事をしているようでも、
    実際はバラバラで、情報共有もできていない。

     


    それを許している上司にも問題があるのですが、
    本人もそれに甘えています。

     

     


    自分はどうでしょうか・・・?

     


    社外から見ているとよく分かるのですが、
    このチーム力の有無で成長速度が全く違います。

     


    そこでチーム力を高める第一歩として、
    個人商店から脱却するためにできることがあります。

     

    それが、自らの情報をアウトプットしていくことです。

     


    知識や技術を溜めこまずに、吐き出していく。

     

    計画や進捗を情報として吐き出していく。

     

    困ったことがあったらプライドを持って吐き出していく。

     


    不思議なもので、吐き出せば、
    吐き出した以上に別のものが入ってきます。

     

     

    もちろん、吐き出せば必ず情報も集まってきます。

     

    力も集まってきます。

     

     


    また、吐き出し始めると自ら新しいものを入れようと
    頭も体も自然と動くようになります。

     


    それが成長に繋がります。

     

     

    同僚や後輩に教えてしまっては・・・。


    などと考えいると、
    入ってくるものも入ってきません。

     

     


    吐き出すことが、自分を成長させ、
    周りに刺激を与え、それがチーム力につながります。

     

     

    今、多くの業務が高度化し、
    専門性が高くなってきました。

     

    だからこそ成長スピードが問われる時代です。

     

    10年前と同じことを行っていては
    十分な付加価値を生み出しているとは言えません。

     


    自分が持っている知識や技術は生ものと同じです。

     

    しっかりと吐き出すことで次の成長につながります。

     

     

    そして、それが刺激となり、チーム力の向上に繋がります。

     

    まさに一石二鳥です。

     

     


    中途半端に守って勝てる時代ではありません。

     

    それは誰もが分かっていることです。

     


    それを解決する第一歩が、“吐き出すこと!!”です。
     

    思い切ってやってみて下さい。(^^)

     

     

    今週はここまで。

     


    ◆今回の心得◆

     

    あえて自ら刺激のある場に身を置こう!!

     

     

     

    組織の持つ“当たり前”のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる!!
    『活き活き組織構築プロジェクト(活プロ)』
     ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
    【編集後記】

     

    “情報は生もの!!”と言われますが、

     

    “技術も生もの!!” です。

     

     

    10年同じ技術で飯を食べれることは稀であり、
    同じように見える技術でも常に進化しています。

     

    仕事のやり方も同じです。

     

    “改善は永遠なり!!”であり、その先に革新が訪れます。

     

    変わらないように変わることが大切なんですよね(^^)

     


    今週も最後までお読み頂き、ありがとうございます。
    今週も笑顔の一週間でありますように!!

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

    JUGEMテーマ:ビジネス


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    新刊の紹介

    NK総研 代表 瀬川裕之著

    メールマガジン
    『上司の心得、部下の心得』

    ビジネスマン必読!!
    毎週水曜日発行中

    いくら能力があっても、
    組織内で能力を発揮しなければ意味がありません。
    上司と部下の立場から、
    組織における能力発揮コミュニケーション術をお送りしています!!

    メルマガ購読・解除
     

    子育て応援
    メールマガジン

    子育ては、
    ”子どもが独り立ちできるようにする”こと!!

    毎週月曜日発行中 読者急増中!!

    メルマガ登録・解除

    facebook

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      瀬川裕之
    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      名無し

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM