■上司の心得、部下の心得■607号【原点に戻ってみる!!】(部下編)

0

    この記事は、メールマガジン『上司の心得、部下の心得』にて発信したものです。 
    1つテーマに対して、上司と部下それぞれの視点で考えていきます。 
    毎週水曜日12:30に配信しております。 

    ご興味のある方は、こちらから登録して下さい。

     


    人には理屈を越えた、感情があります。

     

    ちょっとした心の持ちようで、人は大きく変れます。


    ちょっとした心遣いで、人は大きく変ります。

     


    ●今回のテーマは●(今回のテーマは約4分で読めます)

     

    【原点に戻ってみる!!】(部下編)

     

    ◆○◆────────────────────────<2017.12.6>─

     

    上司の心得、部下の心得  ◆ 607号 ◆

     

    ────────────────────────────────◆○◆
    こんにちは。
    組織の当たり前のレベルを上げることで強い組織を構築する!!
    組織マネジメント改革支援コンサルティング
    活き活き組織構築支援コンサルタント NK総研の瀬川裕之です。

     

    12月に入りました。

     

    会社的には四半期の一つという感覚の人も多いでしょうが、
    個人的にはけじめをつけたい月です。

     

    来年こそはと言う前に、できることは今年の内にできるだけ!!(^^)

     


    今週も最後まで、お付き合いください。

     


    組織の持つ“当たり前”のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる!!
    『活き活き組織構築プロジェクト』
     ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html

    ────────────────────────────────◆○◆

     

    さて、今週はテーマ【原点に戻ってみる!!】部下編をお送りします。

     

     

     

     

    忙しく日々頑張っている中で、
    従業員の方々にインタビューをすると、

     

    気がついたら、


    1年経ってしまった。


    3年経ってしまった。


    5年経ってしまった。


    10年経ってしまった。

     

     

    そんな話を良く聞きます。

     

     


    そんな中、

     

    「いったい自分は何をやってきたんだろう・・・」

     

    と自分自身を振り返ると
    ちょっと寂しげに語る人は少なくありません。

     


    「出来ることなら過去に戻って勉強しなおしたい」

     

     

    そんな風に話す人もいます。

     

     


    分かってはいることですが、過去に戻ることは出来ません。

     

    だからこそ、“今、これから何をやるか”が重要になってきます。

     


    そこまでは誰もが理解しています。

     

     

    しかし、ここから先に大きな差が出てきます。

     

     


    それは、

     

    すぐに行動に移すか、

     


    「今更始めても・・・」

     

    「忙しくて・・・」

     

    などと言い訳を並べて、自らあきらめてしまうかです。

     

     


    確かに躊躇してしまう気持ちは分かります。

     

    しかし、そうやってまた1年、2年と
    あっという間に時間が経過してしまいます。

     


    そして、また

     

    「あ〜あの時、始めておけばよかった・・・」

     

    と、後悔する。

     


    しかし、その後悔を打ち消すように

     

    「あの時は忙しかったから・・・」

     

    と言い訳が浮かんでくる。

     

     


    そして、最後には

     

    「やらなくても今の生活に大きな影響はないし・・・」

     


    そう思った時点で、先の後悔は消え失せてしまいます。

     


    そして、数年経つと、

     

    「あ〜あの時、始めておけばよかった・・・」

     

    と後悔し、そしてまた言い訳を考える。

     

     


    まさに悪魔のサイクルです。

     

     

     

    どこかで悪魔のサイクルを断ち切らなければなりません。

     

     


    そのためには、決断しかありません。

     

     

    要は“やるか”か“やらないか”です。

     

     


    やらない理由を見つけるのは簡単です。

     

    「時間がない」


    「お金がない」


    「体力がない」


    「仲間がいない」


    「きっかけがない」

     

    ・・・ない、ない、ない。

     

     

    自分が始めるまでのハードルを上げるだけで、
    いくらでもやらない言い訳は出てきます。

     

     


    このような言い訳を言う人に
    大きく欠けているものがあります。

     

     

    それは、


    “成長の喜び”であり、


    “達成の喜び”です。

     

     


    そして、その2つが欠ける理由が、
    欲求が極端であり、具体的な計画を立てないからです。

     

     

    例えば、50歳を超えて、
    100mでオリンピックを目指すのは極端な欲求です。

     

     

    そのゴールだけを見れば
    チャレンジすることを躊躇します。

     

     

    しかし、叶わないとしても
    チャレンジすれば必ず近づきます。

     

     

    確実に成長することはできます。

     

     

    さらに、記録でも良いですし、
    小さな大会からの出場でも良いでしょう、
    具体的なマイルストーンを設定すれば、
    成長に加え、小さな達成感を味わうことができます。

     


    道は遠くても、しっかりとゴールに向かって進めば
    必ず近づいていきます。

     

     

    しかし、大人になって経験を積んでくると、
    ゴールまでの障害を想定できるようになってきます。
    (想定したつもりの人が多いですが・・・)

     

    そして、それを計算するようになります。

     

    損得を考えるようになります。

     


    やらない言い訳が論理的にでき上がってしまうのです。

     

     

     

    そこに“自分の想い”がどれほど入っているでしょうか?

     

    やらないこと(チャレンジしないこと)の損失が
    どれほど入っているでしょうか?

     

    何もないこと、そして失敗しないことが
    いい人生なのでしょうか?

     

    楽をすることが本当に人生の楽なのでしょうか?

     

     

     

    忙しく仕事をしていると
    どうしても気持ちが受け身になりがちです。

     

    そして、時間もない、コントロールできない。
    いや、できないと思ってしまいます。

     

    しかし、想いがあれば時間は必ず生み出せます。

     

     

     


    自分の想いの原点に戻って、
    心の中の言い訳をすべて吐き出してみて下さい。

     

     

    それらの言い訳を一つひとつ見ていけば、
    それらが行動できない本当の理由ではないことが分かります。

     

    目の前の壁や溝はほんの一部分であり、
    前進する道はいくらでもあります

     

    その道は決断した者に見えてきます。

     


    まずは、

     

    「取り合えず、やってみよう!!」

     

    からでもいいと思います。

     


    進めばまた新しいことが見えてきます。(^^)

     

     

     

     

    今週はここまで!!

     


    ◆今回の心得◆

     

    “やる”と決断すれば、自ずと道が見えてくる!!

     

     

     


    組織の持つ“当たり前”のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる!!
    『活き活き組織構築プロジェクト(活プロ)』
     ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
    【編集後記】

     

    “やる”と決断すると言うのは簡単ですけど、
    いざ、“決断”するとなると躊躇してしまう方も多いかと思います。

     

    私がよく使うのは、「有言実行!!」


    先に周りに宣言してしまう手をよく使います。

     

    私の場合、黙ってやっているとどうしても甘えが出てしまって、
    ついつい妥協してしまいます。
    (ダイエットは宣言しても妥協だらけですが・・・)

     

    言ってしまえば、周りからの刺激(冷やかし)も貰えて、
    ストレスになることもありますが、継続の力になります。

     

    まずは宣言することを決断しないければいけませんけどね。(^^;)

     

     


    今週も最後までお読み頂き、ありがとうございます。
    今週も笑顔の一週間でありますように!!

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

    JUGEMテーマ:ビジネス


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    メールマガジン
    『上司の心得、部下の心得』

    ビジネスマン必読!!
    毎週水曜日発行中

    いくら能力があっても、
    組織内で能力を発揮しなければ意味がありません。
    上司と部下の立場から、
    組織における能力発揮コミュニケーション術をお送りしています!!

    メルマガ購読・解除
     

    子育て応援
    メールマガジン

    子育ては、
    ”子どもが独り立ちできるようにする”こと!!

    毎週月曜日発行中 読者急増中!!

    メルマガ登録・解除

    facebook

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      瀬川裕之
    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      名無し

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM