■上司の心得、部下の心得■598号【失敗から逃げちゃダメだ!!】(上司編)

0

    この記事は、メールマガジン『上司の心得、部下の心得』にて発信したものです。 
    1つテーマに対して、上司と部下それぞれの視点で考えていきます。 
    毎週水曜日12:30に配信しております。 

    ご興味のある方は、こちらから登録して下さい。

     


    人には理屈を越えた、感情があります。

     

    ちょっとした心の持ちようで、人は大きく変れます。


    ちょっとした心遣いで、人は大きく変ります。

     


    ●今回のテーマは●(今回のテーマは約4分で読めます)

     

    【失敗から逃げちゃダメだ!!】(上司編)

     

    ◆○◆────────────────────────<2017.10.4>─

     

    上司の心得、部下の心得  ◆ 598号 ◆

     

    ────────────────────────────────◆○◆
    こんにちは。
    組織の当たり前のレベルを上げることで強い組織を構築する!!
    組織マネジメント改革支援専門コンサルティング
    活き活き組織構築支援コンサルタント NK総研の瀬川裕之です。

     

    10月に入り下期がスタートした会社も多いことでしょう。

    期初の挨拶でチャレンジを掲げた組織も多いのではないでしょうか。

     

    今回のテーマはそんなチャレンジにまつわる話です。

     

    今週も最後まで、お付き合いください。

     


    組織の持つ“当たり前”のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる!!
    『活き活き組織構築プロジェクト』
     ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html

    ────────────────────────────────◆○◆

     

    さて、今週はテーマ【失敗から逃げちゃダメだ!!】
    上司編をお送りします。

     

     

    会社や組織のスローガンや標語に
    “チャレンジ!!”という言葉がよく出てきます。

     

    競争社会の中で
    新しいことにチャレンジしていかなければ、
    組織は必ず衰退していきます。

     


    業務を改善するのは当たり前です。

     

    しかし、チャレンジするのが当たり前になっている組織は
    そう多くはありません。

     

    だからこそ、スローガンや標語に
    チャレンジという言葉が溢れています。

     


    では、なぜチャレンジが必要だと分かっていても
    チャレンジが当たり前にならないのか。

     


    それは、失敗を怖がり、
    失敗から逃げているからです。

     


    そもそもチャレンジと言うのは、
    これまでできなかったことや未経験の事に挑戦することです。

     


    “できなかったことをできるようにする!!”

     

    “やったことがないことをやってみる!!”

     


    新入社員にはまさにピッタリの言葉です。

     


    では、ベテラン社員や管理職、組織そのものははどうでしょう?

     

     

    まず、通常業務とチャンレジ業務が
    しっかりと分けて考えられているでしょうか?

     

    そしてその2つの業務をバランスよく
    進められているでしょうか?

     


    この質問に対してほとんどの方は

     

    「通常業務が忙しくて・・・」

     

    まずできない言い訳が出てきます。

     

     


    実際に忙しいのは嘘ではありません。


    どの会社も忙しいです。

     

     

    しかし、本当に時間がないのかと言えば
    それは「時間がない」と言った本人が一番分かっているはずです。

     

     

    厳しい言い方かもしれませんが、

     

    “本気でチャンレンジする気がないだけです”

     


    その本気を躊躇させるのが、失敗することへの恐怖心です。

     


    多くの人はチャレンジへの必要性を認識しているにもかかわらず
    本気でチャレンジできない自分に矛盾を感じており、
    それが大きなストレスになっています。

     

    そして、言い訳を考えるようになっていきます。

     

     


    “本当は思いっきりチャレンジしたい!!”

     


    心の底ではそう考えている人がたくさんいます。

     

     


    もちろん、チャレンジできないのは
    個人も問題ものもありますが、
    大きいのは組織の持つ雰囲気であり、風土です。

     


    チャレンジすることが当たり前になっていない。

     


    逆に言えば、

     

    チャレンジしないことが当たり前になっている。

     

    チャレンジしない言い訳が当たり前になっている。

     


    その当たり前を作り出す一番の要因が
    チャレンジに対する上司の言葉や態度です。

     

    すなわち日頃のマネジメントなのです。

     


    具体的に挙げれば、
    チャンレジすることと、プロセスや結果を
    分けて評価せずに結果のみで評価している。

     

     

    これが最も消極的な組織を作り上げていきます。

     

     

     

    「ビジネスは結果を出さなくては意味がない!!」


    そんなことを言う方がいますが、
    その結果をより高めるためにマネジメントがあり、
    組織から役職と言う力を与えられています。

     


    チャレンジできない組織、そして社員は
    悪しきマネジメントが作り上げていると言っても
    過言ではありません。

     

     

    継続的に結果を出し続けるためには
    チャレンジし続けなければなりません。

     

     

    しかし、チャレンジには
    必ず失敗のリスクがつきまといます。

     


    その失敗を嫌うとマネジメントは必ず歪んでいきます。

     

     


    新人が失敗を通して成長していくように、
    組織も失敗を繰り返しながら成長していきます。

     

    失敗も成長のための大切な栄養なのです。

     


    確かに失敗しないことに越したことはありません。

     

    しかし、失敗を嫌うとそれは老いに繋がります。

     


    それは個人も組織も同じです。

     


    失敗を嫌わない。


    失敗から逃げない。

     

    だからチャレンジできるのです。

     

     

     

    チャレンジをスローガンにする前に
    まずこのことを肝に銘じて下さい^^

     


    今週はここまで!!

     


    ◆今回の心得◆

     

    失敗から逃げれば、それは老いにつながる!!

     

     

     

     

    組織の持つ“当たり前”のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる!!
    『活き活き組織構築プロジェクト(活プロ)』
     ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
    【編集後記】

     

    今回のテーマは組織マネジメントにとってとても重要なテーマで、
    認識はあってもなかなか具体的に取り組めていない課題です。

     

    なぜなら、本文でも触れていますが、個々の問題ではなく
    長年のマネジメントがもたらした組織風土そのものだからです。

     

    目的を達成するための手段として
    どのようなマネジメント・スタイルを選択するのか。

     

    選択するのは、
    自分に合ったマネジメント・スタイルではありません。
    組織に合ったマネジメント・スタイルです!!

     


    今週も最後までお読み頂き、ありがとうございます。
    今週も笑顔の一週間でありますように!!

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

    JUGEMテーマ:ビジネス


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    新刊の紹介

    NK総研 代表 瀬川裕之著

    メールマガジン
    『上司の心得、部下の心得』

    ビジネスマン必読!!
    毎週水曜日発行中

    いくら能力があっても、
    組織内で能力を発揮しなければ意味がありません。
    上司と部下の立場から、
    組織における能力発揮コミュニケーション術をお送りしています!!

    メルマガ購読・解除
     

    子育て応援
    メールマガジン

    子育ては、
    ”子どもが独り立ちできるようにする”こと!!

    毎週月曜日発行中 読者急増中!!

    メルマガ登録・解除

    facebook

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      瀬川裕之
    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      名無し

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM