■上司の心得、部下の心得■590号【どこを見ていますか!?】(上司編)

0

    この記事は、メールマガジン『上司の心得、部下の心得』にて発信したものです。 
    1つテーマに対して、上司と部下それぞれの視点で考えていきます。 
    毎週水曜日12:30に配信しております。 

    ご興味のある方は、こちらから登録して下さい。

     

     

    人には理屈を越えた、感情があります。

     

    ちょっとした心の持ちようで、人は大きく変れます。


    ちょっとした心遣いで、人は大きく変ります。

     


    ●今回のテーマは●(今回のテーマは約5分で読めます)

     

    【どこを見ていますか!?】(上司編)

     

    ◆○◆────────────────────────<2017.8.9>─

     

    上司の心得、部下の心得  ◆ 590号 ◆

     

    ────────────────────────────────◆○◆


    こんにちは。
    組織の当たり前のレベルを上げることで強い組織を構築する!!
    活き活き組織構築支援コンサルタント NK総研の瀬川裕之です。

     

    月曜日、8月7日は立秋でした。

     

    先週、少し涼しい日が続いてちょっとだけ秋の気配・・・
    なんて思っていましたが、

    今週に入って強烈な残暑が訪れてしまいましたね。

     

    「夏バテしないように栄養摂ろう・・・!!」

     

    カロリー控えめで・・・

    と都合の良いことを思う今日この頃です(笑)

     


    今週も最後まで、お付き合いください。

     


    業務生産性の向上を目指し、組織の持つ“当たり前”をレベルアップ!!
    『活き活き組織構築プロジェクト』
     ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html

    ────────────────────────────────◆○◆

     

    さて、今週はテーマ【どこを見ていますか!?】上司編をお送りします。

     


    会社のトップの方に、

     

    「どこを見て仕事をしていますか!?」

     

    とお伺いすれば、多くの方が、

     

    「お客様です」とか「競合他社です」

     

    とお答えます。

     


    現在継続的にシェアが拡大している業界は皆無で、
    特に国内においては限られたシェアを奪いあう状況で、
    当然、他社との競争に勝つことが生き残ることにつながります。

     

    お客様に選ばれなければなりません。

     

    そのためには、
    お客様に対して最も価値の高いものを提供し続ける。

     

    そして、それを行うためには、
    企業として、まずは最大限の力を継続的に発揮する。

     


    どの会社でも考えていることです。

     

     

    しかし、実際に企業にお伺いすると、トップとの想いとは裏腹に
    その目線が歪んいることが少なくありません。

     

     

     

    その歪みの表れが、“社内での競争”です。


    本来、社内での競争は、目的達成のために
    お互いが切磋琢磨し共に向上する関係でなければ意味がありません。

     

    社内で他部署を負かすことではありませんし、
    他部署に勝ることでもありません。

     

     

    そのような事は当たり前のことであり、
    誰もが理屈では十分理解しています。

     

     

    しかし、実際はそうなっていないのです。

     


    それは、組織内の「情報の流れ」
    という部分を見るだけでも分かります。

     

     

    ムダな競争意識が働いている企業は、

     

    “情報を流すのが遅い!!”

     

     


    いろいろと言い訳はあるでしょうが、
    組織全体から見れば、情報の流れの悪さが
    決断の精度を落とし、決断の遅れに繋がり、
    業務全体のリードタイムを延ばし、
    結果的に生産性を落とすことになっています。

     

     


    多少遅くても情報が流れれば、
    百歩譲ってまだ許せますが、

     

    “情報を一部しか流さない!!”

     

    または、

     

    “情報を流さない!!”

     


    少なからずどの企業でも
    どこかの部署で当たり前のように起こっています。

     

     

    「自分の企業ではそこまで悪くはない」

     

    「それは個人的な問題だ」

     

    「それを改善するために仕組みを作っている」

     


    大体この3つのどれかの言い訳が出てきます。

     


    しかし、実際には組織間で情報が共有できない状態すら
    把握できていない企業が多いんです。

     

     

    把握できないほど、
    組織間で溝が存在しているのです。

     


    そんな状況で会社組織として
    力を発揮できるはずがありません。

     


    これは会社規模が大きくなるほどその傾向が強くなります。

     

    俗に言う縦割りの組織です。

     


    この弊害を払拭するために
    幹部会議やマネージャーミーティングなど
    組織間のコミュニケーションの機会を
    設けている企業も多々あります。

     

    しかし、トップが期待している方向へ
    向かっていない状況がほとんどです。

     

     


    その要因の一つが、視点の違いです。


    全体を見ているようで、
    結局は自分の組織の枠からしか見ていない。

     

    いくら周りの組織を見ているようでも
    それはいつまで経っても自部署中心です。

     

     

    自分の会社から競争相手を見る。


    自分の会社からお客様をみる。

     

     

    そうして初めて、会社組織全体が見えてきます。

     

     

    大切なのは、

     

    “今、どこから、どこを見ているか!!”

     

    と言うことです。

     


    どの立ち位置からどこを見ているかは、
    その人の思考に影響を与え、発言、行動に表れます。

     


    特に中間管理職と言われる方々は、
    この立ち位置と目線をシチュエーションによって
    意識してフレキシブルに変化させることが重要です。

     


    今の状況では、

     

    “どこに立ち、どこを見るか!!”

     

     


    そう意識するだけで、
    考え方も言動も大きく変わります。

     


    今の自分はどこに立っているのか、

    どこを見ているのか、まずは意識してみて下さい。

     


    しっかりと意識しないと、
    いつも同じ場所、同じ目線になってしまいますよ。

     


    今週はここまで!!

     


    ◆今回の心得◆

     

    状況や立場にあった立ち位置と視点がある!!

     

     

     

    業務生産性の向上を目指し、組織の持つ“当たり前”をレベルアップ!!
    『活き活き組織構築プロジェクト(活プロ)』
     ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
    【編集後記】

     

    目線と言えば、
    人は自分が意識しているものに目が行ってしまいます。

     

    当然と言えば当然なのですが、
    意外とそのことに気づいていない人も多いのです。

     

    通勤の時などに、普段意識していないものを意識してみると
    いつもは目に留まらないものが見えて新しい発見があったりします。

     

    無意識に情報を選択しているんですよね〜

     

    目もそうですが、耳もそうですね。

     

    ある意味、凄い機能です^^

     


    今週も最後までお読み頂き、ありがとうございます。
    今週も笑顔の一週間でありますように!!

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

    JUGEMテーマ:ビジネス


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    新刊の紹介

    NK総研 代表 瀬川裕之著

    メールマガジン
    『上司の心得、部下の心得』

    ビジネスマン必読!!
    毎週水曜日発行中

    いくら能力があっても、
    組織内で能力を発揮しなければ意味がありません。
    上司と部下の立場から、
    組織における能力発揮コミュニケーション術をお送りしています!!

    メルマガ購読・解除
     

    子育て応援
    メールマガジン

    子育ては、
    ”子どもが独り立ちできるようにする”こと!!

    毎週月曜日発行中 読者急増中!!

    メルマガ登録・解除

    facebook

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      瀬川裕之
    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      名無し

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM