■上司の心得、部下の心得■587号【人を育てるための指示!!】(部下編)

0

    この記事は、メールマガジン『上司の心得、部下の心得』にて発信したものです。 
    1つテーマに対して、上司と部下それぞれの視点で考えていきます。 

    毎週水曜日12:30に配信しております。 


    ご興味のある方は、こちらから登録して下さい。

     


    人には理屈を越えた、感情があります。

     

    ちょっとした心の持ちようで、人は大きく変れます。


    ちょっとした心遣いで、人は大きく変ります。

     


    ●今回のテーマは●(今回のテーマは約6分で読めます)

     

    【人を育てるための指示!!】(部下編)

     

    ◆○◆────────────────────────<2017.7.19>─

     

    上司の心得、部下の心得  ◆ 587号 ◆

     

    ────────────────────────────────◆○◆
    こんにちは。
    組織の当たり前のレベルを上げることで強い組織を構築する!!
    活き活き組織構築支援コンサルタント NK総研の瀬川裕之です。

     

    先週、長野県にお伺いするので
    避暑地に行けると楽しみにしていたのですが・・・。

     

    連日30度を超える真夏日で現地の人もエアコン無しではと嘆いていました。

     

    これから夏本番、気合を入れ直して頑張りましょう^^;

     

     

    今週も最後まで、お付き合いください。


    業務生産性の向上を目指し、組織の持つ“当たり前”をレベルアップ!!
    『活き活き組織構築プロジェクト』
     ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html

    ────────────────────────────────◆○◆

     

    さて、今週はテーマ【人を育てるための指示!!】部下編をお送りします。

     

     

    部下の立場であれば、
    普段から様々な指示を受けることになります。

     

    多くは組織の業務計画に基づいて、

    迅速に正確に仕事をこなすことを
    前提した指示となるでしょう。


    ここで大事なことがあります。

     

    それは目的を理解することであり、
    アウトプットをしっかりとイメージすることです。

     

    これは自分のパフォーマンスと成長に
    大きな影響を与えることは理解できるでしょう。

     


    しかし、仕事の指示を受ける立場では
    もう1つプロセスの問題があります。

     

    仕事とは評価される価値を創造することであり、
    社内で行う業務はその価値の創造のために全てが繋がっています。

     

    中には業務の目的は理解できても
    そのプロセスそのものが納得できないことがあります。

     


    「なぜそんなやり方をさせるのだろう」

     

    「もっと良いやり方があるのに・・・」

     

    「他の部署がやった方が効率がいいのに・・・」

     


    しかし、多くの人は納得することなく
    仕事だからと言われたことをこなしていきます。

     

    中にはそんなことを考えることなく
    言われたことを淡々とこなしている人もいます。

     


    時には上司が間違っていることもあります。
    もっと良い方法もあることもあります。

     

    本来、事前に納得するまで話し合うのが一番であり、
    組織にも個人にとってもその方が最善であることは

    疑いの余地はありません。

     

    しかし、全てをそのように解決することは
    時間的制約や人間関係、組織風土などから
    現状では難しいと言う組織が大半でしょう。

     

     

    そうなると、ある程度割り切らなければ
    ならないことが必ず出てきます。


    すると大きく3つに分かれます。

     

    1つ目は割り切って、一生懸命に仕事して結果を出す人。


    2つ目は割り切った気になり、最低限の仕事をする人。


    3つ目は割り切れずに、不満ばかり言う人。

     

     

    この3つで発揮するパフォーマンスが
    大きく異なることは容易に想像がつきます。

     


    実際に組織を見ると、本人はあまり意識はしていませんが、
    2つ目の割り切った気になり、最低限の仕事をする人に
    なっている人が多いように感じます。

     

    3つ目は割り切ることもできずにいますが、
    全く仕事をしないわけではありません。

     

    不満を言いながらも仕事はしています。

     


    しかし、そんな中途半端な後ろ向きの状態で
    いいパフォーマンスを出せるわけがありません。

     

    中途半端にすることで結局自分が一番損をしています。

     


    組織内でインタビューをすると
    上司の業務指示に納得できないことで
    仕事にやる気が出ないと言う話はよく出てきます。

     


    納得できないことを言われてやる気が出る人はいないでしょう。

     

    しかし、納得できないままにしていても組織としても損をしますが、
    それ以上に自分自身が損をします。

     

    場合によってはただの我がままな人という
    レッテルを貼られてしまいます。

     


    少し理不尽な言い方になりますが、
    納得したければまずは仕事を一生懸命にこなし、
    結果を出すことです。

     

     

    結果を出すことで納得できる仕事ができるようになります。

     

    これまで多くの組織で多くの人を見てきましたが、
    中途半端に割り切ってる風にしている人や
    納得できないと不満を言う人に限って
    周りを納得させるような仕事をしていません。

     


    すると、

     

    「納得できないのだから仕方がない」

     

    という言い訳が必ず出てきます。

     

     


    しかし、何を言おうと結果が出ていないことには
    変わりありません。

     


    一番良いのは納得して仕事をすることです。

     

    それは誰もが分かっています。

    せっかく仕事をするのですから
    納得して自分の能力をより発揮して、
    成長に繋げた方が良いに決まってます。

     

     

    それを諦めて、ただ言われたままでは
    組織にとっても自分にとてももったいないことです。

     

    自分が納得するための努力はすべきです。

     

     

    しかし、組織で仕事をする上で
    時には割り切ることも必要になります。

     

     

    「納得できない」といつまでも尾を引いて
    それなりの仕事をするのは大人のすることではありません。

     

    ましてや納得した振りをして
    いい加減な仕事をするのは誰にためにもなりません。

     


    割り切るべき時はキチンと割り切って
    仕事をこなすことで発言力も出てきます。

     

    どちらにしても中途半端が一番もったいないです。

     


    しかし、そんな中途半端を
    打破するのは容易ではありません。

     

    だからこそしっかりと仕事をして
    しっかりと結果を出す。

     

    そうすることで自ずと
    仕事が納得できるようになってきます。

     


    納得しようがしまいが、
    時間は常に過ぎていきます。

     

     

    自ら立ち止まる理由を探しても何の得にもなりません。

     

    前進する理由を探しましょう^^

     

     

    今週はここまで!!

     


    ◆今回の心得◆

     

    自分が前進できる理由を探そう!!

     

     

    業務生産性の向上を目指し、組織の持つ“当たり前”をレベルアップ!!
    『活き活き組織構築プロジェクト(活プロ)』
     ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
    【編集後記】

     

    最近納得できないと言えば、駅などで遭遇する歩きスマホ。

     

    出張が多いのでキャリーケースを持ち歩くことが多いのですが、
    後ろからいきなり突っ込んでこられたことは一度や二度ではありません。

     

    中には上手くよけてくれる人もいますが、
    当たってきてこちらが悪いような顔をされるとなんだかな〜と思ってしまいます。

     

    いい大人が人に迷惑になることが分かっていて、
    あれだけ注意喚起されていながら
    止められないスマホって逆に凄いですよね。

     

    歩きながらスマホを使うって、
    時間を有効に使っているようでスマホに時間を奪われているじゃないかな〜

     

    そんな風に感じる今日この頃です。
     


    今週も最後までお読み頂き、ありがとうございます。
    今週も笑顔の一週間でありますように!!

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

    JUGEMテーマ:ビジネス


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    新刊の紹介

    NK総研 代表 瀬川裕之著

    メールマガジン
    『上司の心得、部下の心得』

    ビジネスマン必読!!
    毎週水曜日発行中

    いくら能力があっても、
    組織内で能力を発揮しなければ意味がありません。
    上司と部下の立場から、
    組織における能力発揮コミュニケーション術をお送りしています!!

    メルマガ購読・解除
     

    子育て応援
    メールマガジン

    子育ては、
    ”子どもが独り立ちできるようにする”こと!!

    毎週月曜日発行中 読者急増中!!

    メルマガ登録・解除

    facebook

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      瀬川裕之
    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      名無し

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM