■上司の心得、部下の心得■586号【人を育てるための指示!!】(上司編)

0

    この記事は、メールマガジン『上司の心得、部下の心得』にて発信したものです。 
    1つテーマに対して、上司と部下それぞれの視点で考えていきます。 

    毎週水曜日12:30に配信しております。 


    ご興味のある方は、こちらから登録して下さい。

     


    人には理屈を越えた、感情があります。

     

    ちょっとした心の持ちようで、人は大きく変れます。


    ちょっとした心遣いで、人は大きく変ります。

     


    ●今回のテーマは●(今回のテーマは約5分で読めます)

     

    【人を育てるための指示!!】(上司編)

     

    ◆○◆────────────────────────<2017.7.12>─

     

    上司の心得、部下の心得  ◆ 586号 ◆

     

    ────────────────────────────────◆○◆
    こんにちは。
    組織の当たり前のレベルを上げることで強い組織を構築する!!
    活き活き組織構築支援コンサルタント NK総研の瀬川裕之です。

     

    このたび九州地方の記録的な集中豪雨により、
    多数の尊い人命が犠牲になったことに対し、
    心より哀悼の意を表しますとともに、ご遺族の方々に謹んで
    お悔やみ申し上げます。

     

    また、被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、
    今なお非難されている皆様、復旧作業に従事されている皆様のご安全を
    心よりお祈り申し上げます。

     


    業務生産性の向上を目指し、組織の持つ“当たり前”をレベルアップ!!
    『活き活き組織構築プロジェクト』
     ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html

    ────────────────────────────────◆○◆

     

    さて、今週はテーマ【人を育てるための指示!!】上司編をお送りします。

     


    多くの上司の方々の悩みに、


    「部下が育ってくれない!!」

     

    よく相談を受ける内容です。

     


    しかし、具体的な話を聴いていくと、
    一つ共通して気になることが出てきます。

     

    それは、


    “仕事の指示の使い分けができていない”


    と言うことです。

     

     


    仕事を指示する場合は大きく2つの狙いがあります。

     


    一つ目は、純粋に仕事を進める為の指示。

     

    これは組織として確実に仕事をこなしていく為の指示であり、
    迅速に正確に仕事をして行く為に、
    ポイントを押えてしっかりと指示していきます。

     

    場合によってはプロセスも指示しますし、
    アウトプットも明確に示します。

     

    多くの方が通常行なっている指示です。

     

     

     

    2つ目は育成の為の指示。


    部下を育てる為に新しい仕事にチャレンジさせたり、
    一度失敗した仕事に再度チャレンジさせたりします。

     

    ここでは指示の内容が部下育成にとって
    とても重要なキーになってきます。

     

    指示する内容は部下のレベルよって変わりし、
    テーマだけを与えることもあります。

     

    これも、多くの方が意図して
    行っていることだと思います。

     


    さらに、この育成のための指示は指示を出した後が重要です。

     

    部下の仕事振りを“見守る”ことです。

     


    成長の過程と言うのは、失敗がつき物です。

     

    失敗することで多くのことを学んでいくのは
    皆さんの経験からも十分認識していると思います。

     

    しかし、大きな失敗はいけません。

     


    そこで、“見守る”ことが重要になります。

     

    手伝うのではありません。
    細かく指示するのでもありません。
    あくまで見守るのです。

     


    これはとても面倒な仕事です。

    仕事自体は自分でやった方が速いですし、
    細かく指示した方が確実です。

     

    見守るもは時間的にも精神的にも負荷がかかります。

     


    しかし、育てるという目的のための
    手段としては致し方ありません。

     

     

    問題はここからです。


    部下が育たないと言っている方の多くは、
    この目的に合った指示が一連の仕事を通して
    方向性が一貫していないのです。

     

    生産性を重視する時と育成を重視する時。

     

    その場面を自己の中で明確にしておらず、
    二兎を追うことで結果的に中途半端になってしまうのです。

     

    特に多いのが、初めは育成のためと指示を出し、
    納期が迫ってくると我慢できずに細かな指示を出す。

     


    すると、自己の中では次のような想いが出てきます。

     

    「人財不足で業務負荷が高い状態の中、
    悠長に育成のために時間を費やす余裕などない」

     

    「まずは業務をこなして何ぼだ」

     


    そして、ふと振り返ると人が育っておらず、
    自転車操業的な業務が繰り返されている。


    まさに悪魔のサイクルです。

     


    すると、今度は

     

    「今を乗り切るためにはしっかりと指示を出し、
    細かく管理しなければ仕事は終わらない」

     

    「その中で経験を積むことで
    部下も十分に成長できるはずだ」

     

    「自分の時もそうだった・・・」

     

     

    全く間違いとは言いませんが、
    都合の良い考え方です。

     


    お分かりとは思いますが、
    それがマネジメントと言えるでしょうか。

     

    それで勝ち続けることができるでしょうか。

     


    答えは「No」です。

     

     


    部下が育たないと思う前に、
    どうすれば育つのか、どうやって育てるのかを
    本気で考えていますか。

     

    多くの方はその前に思考がストップしており、
    結果的に具体的な計画に落とし込み行動するに至っていません。

     


    できる、できないではないのです。

     

    やるか、やらないかなのです。

     


    指示の目的があいまいになりブレるのは
    覚悟の無さと計画の甘さです。


    できない言い訳を考えても意味がありません。

     

    どうしたらできるのか、
    できる言い訳をトコトン考えることです。

     

    そして、前に進むために行動する。

     

    その時に出される指示には一本筋が通り、
    自信が満ち溢れ説得力があります。

     

    まずは自らが前のめりになることです。

     


    マネジメントとはそういう仕事です。

     

     

    今週はここまで!!

     


    ◆今回の心得◆

     

    上司がブレては部下は育たず!!

     

     


    業務生産性の向上を目指し、組織の持つ“当たり前”をレベルアップ!!
    『活き活き組織構築プロジェクト(活プロ)』
     ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
    【編集後記】

     

    今回のテーマでもほとんどの方は「分かってはいるけど・・・」
    と言う思いではないでしょうか。

     

    どの組織にお伺いしても、「何が正しいのか」「どうすればよいのか」
    と言うようなことは表にはなかなか出てはきませんが、
    ほとんど共通の認識として持っています。

     

    しかし、・・・

     

    実行するとなると多くの障害が立ちはだかり、
    気がつくと今の状況に逃げ込んでしまう。

     

    分かっているから葛藤するし、苦悩が続く。

     

    そんな当たり前を打破するにはもっと刺激が必要ですかね^^;

     


    今週も最後までお読み頂き、ありがとうございます。
    今週も笑顔の一週間でありますように!!

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

    JUGEMテーマ:ビジネス


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    新刊の紹介

    NK総研 代表 瀬川裕之著

    メールマガジン
    『上司の心得、部下の心得』

    ビジネスマン必読!!
    毎週水曜日発行中

    いくら能力があっても、
    組織内で能力を発揮しなければ意味がありません。
    上司と部下の立場から、
    組織における能力発揮コミュニケーション術をお送りしています!!

    メルマガ購読・解除
     

    子育て応援
    メールマガジン

    子育ては、
    ”子どもが独り立ちできるようにする”こと!!

    毎週月曜日発行中 読者急増中!!

    メルマガ登録・解除

    facebook

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      瀬川裕之
    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      名無し

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM