■上司の心得、部下の心得■585号【自律的に行動するには!!】(部下編)

0

    この記事は、メールマガジン『上司の心得、部下の心得』にて発信したものです。 
    1つテーマに対して、上司と部下それぞれの視点で考えていきます。 

    毎週水曜日12:30に配信しております。 


    ご興味のある方は、こちらから登録して下さい。

     


    人には理屈を越えた、感情があります。

     

    ちょっとした心の持ちようで、人は大きく変れます。


    ちょっとした心遣いで、人は大きく変ります。

     


    ●今回のテーマは●(今回のテーマは約5分で読めます)

     

    【自律的に行動するには!!】(部下編)

     

    ◆○◆────────────────────────<2017.7.5>─

     

    上司の心得、部下の心得  ◆ 585号 ◆

     

    ────────────────────────────────◆○◆
    こんにちは。
    組織の当たり前のレベルを上げることで強い組織を構築する!!
    活き活き組織構築支援コンサルタント NK総研の瀬川裕之です。

     

    東京都議選は都民ファーストの会の圧勝で幕を閉じました。

     

    今後より透明性を高めていくとのことですが、
    そもそも代表している立場でブラックボックスにすること自体が
    可笑しな話なんですけどね。

     

    これまでの当たり前がどう変化するかを期待しましょう^^

     


    業務生産性の向上を目指し、組織の持つ“当たり前”をレベルアップ!!
    『活き活き組織構築プロジェクト』
     ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html

    ────────────────────────────────◆○◆

    さて、今週はテーマ【自律的に行動するには!!】部下編をお送りします。

     

     

     

    「やろうと思ってはいるのですが・・・」


    「やらなければいけないのは、分かっているのですが・・・」

     

    そして、
    「自分としても言われたことだけをやるのは楽しくないですし・・・」

     

    本当によくお聞きする悩みです。

     

     


    そして次に出てくる言葉は、

     

    「仕事が忙しくて・・・」

     


    そう言って1年2年と時が経ってしまう。

     


    仕方がないことであり、自分自身ではどうしようもないこと。

     

    多くの方が本気でそう思っています。

     


    しかし、それは全くの間違いで、
    自分を動かしているのは自分自身でしかありません。

     

    自らが決断した結果です。

     

    悪い言い方をすれば、
    最も楽な決断をした結果なのです。

     


    その最も楽な決断とは、“決断しない”ことです。

     


    「やらない」と決断してるわけでもなく
    自ら「やる」と決断したわけでもない。

     

    今の状況下で与えられたことをこなすだけ。

     

    もちろん、それだけでも大変なことです。

     

    しかし、それは自分で決めたことでなく与えられた仕事。

     

     

    そして、ふと気が付いた時には仕方がないと振り返る。

     

    その楽な決断が時が経つと後悔に変わる。

     

    そこで初めて危機感を抱く。

     

    そこで悩むのですが、
    会社に行くとやっぱり仕事に忙殺されてしまう。

     

    そして、また流される。

     

     

    まさに悪魔のサイクルです。

     

     


    ここで大切なことは、先に楽をすれば後に苦労がある
    と言うことを再認識することです。

     

    そして、自らの行動は自らが決断した結果であり、
    決断しないという楽な決断をしてきたいことを
    自ら認めることです。

     

     

    「選択肢が少ないから仕方がない」


    と思うのであれば、

    それは自らが選択肢がないと思い込んでいるか、
    これまでの自らの行動の結果です。

     

    それは、これまでの受験から就職や、
    これまで選択した時のことを思い起こせば分かるはずです。

     

    自らが望む選択をしたければ
    その権利を得られる位置に行かなければなりません。

     

    本当に楽をしたければ先に苦労しろと言うことです。
    (ここでの楽は楽しいの楽ですね)

     

     

    そして、その苦労というのが“目標”となります。


    ここまでは多くの人が辿り着きます。

     

     

    しかし、問題はここからです。


    目標に対してどうスタートを切るのか。


    ここで大きな差が付きます。

     

    ここで躊躇しては元も子もありません。

     

     

    先延ばしする言い訳を考える暇があったらできることをやる。

     

    考えているだけでは何も生まれません。


    考えるのは行動するための手段の一つです。

     

     

    綿密に計画を立てなくても
    行動できることはいくらでもあります。

     

    行動しながら考え、計画すればいいんです。

     

    考えることも大切ですが、
    自律的に行動できない人は結果よりも
    まずはどうしたら早く行動できるかを考える。

     

     

    全力疾走しなくてもいいので、とにかく動く。

     

     


    そこで必要なのが選択と集中です。


    忙しく時間がない中で、いかに時間を創出するか。

     

    やりたいこともいろいろある。

    となると、当然妥協しなければならないことが
    たくさん出てきます。

     

    しかし、その妥協も仕方ないではなく
    常に自ら積極的に選択する。

     


    結果的に今はやらないと決断したとしても
    それは自ら選択したものです。

     

     

    これが自律的に行動すると言うことです。

     


    上司に言われた通りにするにしても
    それを自分が選択し行動する。

     

    納得するかしないかは関係ありません。

     

    例え納得しなくてもやると決めたら
    それは自分が決断したことなのです。

     

     

    決してやらされているのではありません。

     

    自分の行動は自分で決断した結果である。

     

    そのことを意識するだけでも
    思った以上に選択肢があることに気が付きます。

     

     

    ストレス耐性も上がりますよ^^

     


    今週はここまで!!

     


    ◆今回の心得◆

     

    自分の行動は自分で決めていることを自覚する!!

     


    業務生産性の向上を目指し、組織の持つ“当たり前”をレベルアップ!!
    『活き活き組織構築プロジェクト(活プロ)』
     ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
    【編集後記】

    今週はちょっと厳しい言い方をしましたが、
    かく言う私も言い訳ばかりで自分が嫌になることもあります。

     

    特にダイエットに関しては自分の弱さを痛感しております。

     

    「そんな完璧な人はいませんからね!!」

     

    と、また言い訳が湧き出てしまう今日この頃です^^

     


    今週も最後までお読み頂き、ありがとうございます。
    今週も笑顔の一週間でありますように!!

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

    JUGEMテーマ:ビジネス


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    新刊の紹介

    NK総研 代表 瀬川裕之著

    メールマガジン
    『上司の心得、部下の心得』

    ビジネスマン必読!!
    毎週水曜日発行中

    いくら能力があっても、
    組織内で能力を発揮しなければ意味がありません。
    上司と部下の立場から、
    組織における能力発揮コミュニケーション術をお送りしています!!

    メルマガ購読・解除
     

    子育て応援
    メールマガジン

    子育ては、
    ”子どもが独り立ちできるようにする”こと!!

    毎週月曜日発行中 読者急増中!!

    メルマガ登録・解除

    facebook

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      瀬川裕之
    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      名無し

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM