■上司の心得、部下の心得■584号【自律的に行動するには!!】(上司編)

0

    この記事は、メールマガジン『上司の心得、部下の心得』にて発信したものです。 
    1つテーマに対して、上司と部下それぞれの視点で考えていきます。 

    毎週水曜日12:30に配信しております。 


    ご興味のある方は、こちらから登録して下さい。

     


    人には理屈を越えた、感情があります。

     

    ちょっとした心の持ちようで、人は大きく変れます。

     

    ちょっとした心遣いで、人は大きく変ります。

     


    ●今回のテーマは●(今回のテーマは約4分で読めます)

     

    【自律的に行動するには!!】(上司編)

     

    ◆○◆────────────────────────<2017.6.28>─

     

    上司の心得、部下の心得  ◆ 584号 ◆

     

    ────────────────────────────────◆○◆
    こんにちは。
    組織の当たり前のレベルを上げることで強い組織を構築する!!
    活き活き組織構築支援コンサルタント NK総研の瀬川裕之です。

     

    この時期は温度や湿度の変化が激しく、自律神経も大忙しです。
    意識して身体と心を休ませてあげることも大切です。

     

    ジメジメした日が続いていますが、背筋をシャキッとして
    心は晴れやかに行きましょう!!

     

    今週も最後まで、お付き合いください。

     


    業務生産性の向上を目指し、組織の持つ“当たり前”をレベルアップ!!
    『活き活き組織構築プロジェクト』
     ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html

    ────────────────────────────────◆○◆

     

    さて、今週はテーマ【自律的に行動するには!!】上司編をお送りします。

     


    部下が思ったように動いてくれない。
    上司として常に付きまとう悩みの一つです。

     

    話をお聞きすると多くの愚痴ともとれる悩みが溢れてきます。


    ちゃんと報告しろと言っても、都合の良いことしか報告せず、
    後になって大きな損失が明るみに出る。

     

    いくら叱っても同じことの繰返し。

     

    新しいことを試みていたのに、
    気が付くと勝手に元に戻している。

     

    最低限の仕事はするが、
    周りのことを気にせず、言われないと気付かない。

     

    言われたときはすぐに動くが、その時だけ。

     

     

    挙げるとキリがありません。

     


    なぜ、自発的に自律的に動いてくれないのか?
    どうしたら動いてくれるのか?

     

    組織を運営していく大きなテーマです。

     

     

    ここでご質問です。

     

    逆の立場になって考えるとどうでしょうか?

     

    自発的に自律的に動く人は
    なぜ、自発的に自律的に動くのか?

     

    どうしてそんなに動くのか?

     

     

    つまり、上からの圧力(やらせよう)ではなく、
    自分が自発的、自律的になるにはどうすればとなるわけです。

     

     

    その一つが目標です。

     

    人は目標に向かっているとき、その歩みは明確になります。


    “目標設定”することはとても大切な要素です。

     

     

    「では、目標設定をすればいい!!」

     

    その通りです。

     

     

    しかし、その目標設定は人それぞれです。

     

    現在地も違えば、欲求も違います。

     

     

    それを組織全体で一括りにしようと(楽しようと)すると、
    全てが薄まり上手くいきません。

     

    個人レベルまでしっかりとブレイクダウンしてこそ
    それに明確に向かうことができます。

     


    さらに言えば、褒められて伸びる人がいれば、
    悔しい思いをさせた方が伸びる人もいます。

     

     

     

     

    それを知るためには、

     

    部下一人ひとりをしっかりと見なければ分かりません。

     

    部下の話をしっかり聴かなければ分かりません。

     

    部下をしっかり認めてあげなければ分かりません。

     


    このような話をすると、

     

    「部下を甘やかしているんじゃないか?」

     

    と言う方がいます。

     


    それは全く逆です。

     

    平均点で勝てる時代は終わりました。

     

    個々が能力を最大限に活かしてこそ、
    組織として高い付加価値を生むことができます。

     

    個々の能力を最大限に活かすには
    個々を理解する必要があるのです。

     

    与えられた環境で人材を人財とし、
    結果を出すのがマネジメントです。

     

    個々の能力を最大限に活かす。

     

    この部分を意識して今のマネジメント振り返ってみて下さい^^

     

     

    今週はここまで!!


    ◆今回の心得◆

     

    能力を発揮できる環境づくりは知ることから始まる!!

     

     

    業務生産性の向上を目指し、組織の持つ“当たり前”をレベルアップ!!
    『活き活き組織構築プロジェクト(活プロ)』
     ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
    【編集後記】

    組織改革をお手伝いする中で、改革が必要とされる組織を見ると、
    ほとんどの組織で明確なマネジメント・スタイルがありません。

     

    各業務に対しては細かく標準を作っているような組織であっても
    マネジメントに関しては個人任せになっています。

     

    多くの組織が仕組みやルールでは効率的に仕事をしようと取組んでいますが、
    マネジメント自体ではまだまだ成長の余地を残しています。

     

    ある意味チャンスなんですよね^^

     


    今週も最後までお読み頂き、ありがとうございます。
    今週も笑顔の一週間でありますように!!

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

    JUGEMテーマ:ビジネス


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    新刊の紹介

    NK総研 代表 瀬川裕之著

    メールマガジン
    『上司の心得、部下の心得』

    ビジネスマン必読!!
    毎週水曜日発行中

    いくら能力があっても、
    組織内で能力を発揮しなければ意味がありません。
    上司と部下の立場から、
    組織における能力発揮コミュニケーション術をお送りしています!!

    メルマガ購読・解除
     

    子育て応援
    メールマガジン

    子育ては、
    ”子どもが独り立ちできるようにする”こと!!

    毎週月曜日発行中 読者急増中!!

    メルマガ登録・解除

    facebook

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      瀬川裕之
    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      名無し

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM