■上司の心得、部下の心得■684号【働き方改革を勘違いしていないか!?】(部下編)

0

    この記事は、メールマガジン『上司の心得、部下の心得』にて発信したものです。
    1つテーマに対して、上司と部下それぞれの視点で考えていきます。
    毎週水曜日12:30に配信しております。 

    ご興味のある方は、こちらから登録して下さい。

     

    人には理屈を越えた、感情があります。

     

    ちょっとした心の持ちようで、人は大きく変れます。

     

    ちょっとした心遣いで、人は大きく変ります。

     


    ●今回のテーマは●(今回のテーマは約3分で読めます)

     

    【働き方改革を勘違いしていないか!?】(部下編)

     

    ◆○◆─ since 2006.02 ───────────────<2019.6.12>─

     

    上司の心得、部下の心得  ◆ 684号 ◆

     

    ────────────────────────────────◆○◆
    こんにちは。
    組織の当たり前のレベルを上げることで強い組織を構築する!!
    活き活き組織構築支援コンサルタント NK総研の瀬川裕之です。

     

    働き方改革は誰のためのものなのか?
    働き方改革は誰が行うものなのか?

     

    労働時間の削減は結果としては良いことだと思います。

    その結果を生むためのプロセスが重要で、誰もが当事者です。

     

    しかし、取り組み自体を見るとバランスの悪い組織も多いですね。^^;

     


    今週も最後まで、お付き合いください。

     

     

     

    代表 瀬川裕之 著  経営者、管理者向け
    「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     〜 組織管理から組織マネジメントへ 〜

     ⇒ ご購入はこちら(amazon)

     

    組織の持つ“当たり前”のレベルを上げる!!
    『活き活き組織構築プロジェクト』
     ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html

     

    ────────────────────────────────◆○◆

     

    さて、今週は【働き方改革を勘違いしていないか!?】部下編をお送りします。

     

     

    多くの組織で働き方改革が進められる中で、
    組織インタビューを行うと、

     

    「早く家に帰れるので家族サービスができるようになった」

     

    「余暇の時間が増えた」

     

     

    などの嬉しい声が聞こえる反面、

     


    「残業規制で仕事が終わらない」

     

    「家に仕事を持ち帰るようになった」

     

    「逆にストレスが増えた」

     

     

    などと仕事がきつくなったと嘆く方もいます。

     

     


    さらには、

     

    「残業代が減って家計が苦しくなった」

     

    と切実な悩みを打ち明ける方もいます。

     

     

     

    しかし、これらは会社が取り組みの一つとして
    時短や有休消化を実施した結果です。

     


    現状は現場の負担だけが増していることが多く、
    “やるだけ損をする!!”と感じている方もいます。

     


    「これのどこが働き方改革なんですか!?」


    そんな疑問を持つ方も多くいます。

     


    しかし、これは自分自身の仕事に対する
    考え方、取り組み方を見つめ直すチャンスです。

     

    どうなりたいのか!?

     

    どうしたいのか!?

     


    そのために

     

    何をすればよいのか!?

     

    何をしたいのか!?

     


    周りの環境は変化していきます。

     

    会社によって差はありますが、それは自分一人ではありません。

     


    多くの方が不満を抱いています。

     

    だらかこそ、自分自身を改革するチャンスです。

     


    そこで、ぜひチャレンジしてほしいことがあります。

     

     

    それは、自分の行動に対して、“あいまいを排除すること!!”

     


    「なんとなくやっている」とか、

     

    「言われたからやっている」とか、

     

    「だいたいこのレベルでやればいい」とか・・・。

     

     

    仕事を続けていると組織の流れに
    流されてしまうことが少なくありません。

     

    「出る杭になると面倒だ」

     

    と思っているかもしれません。

     

     

    「チームワークだから」

     

    と周りに合わせているかもしれません。

     

     

    「誰かがやってくれるから」

     

    と手を抜いているかもしれません。

     


    そこに自分の意思を入れていくのです。

     

     

    たとえ指示された仕事であっても
    自ら目的とゴールを明確にして取り組む。

     

    着手する前にあいまいを排除する。

     


    だらだらと8時間の仕事に10時間かけても
    長い目で見れば誰も為にもなりません。

     

    それを続けていると、本当に10時間かけないと
    できないようになってしまいます。

     

     

    この話をすると、必ず評価の話が出てきます。

     

    「やったもん負け!!」と言う話です。

     

     

    確かにすぐに正当な評価を得られないかもしれません。

     

    しかし、それは決断できない自分に対する
    表面上の言い訳でしかないはずです。

     

     


    一度、じっくりと考えてみてください。

     


    自分の考えは・・・。

     

    自分の想いは・・・。

     

     

    誰もが自ら泳ぐ力を持っています。

     

    成長の余地を残しています。

     


    それは自分が一番分かっているはずです。

     


    今、世の中は変わろうとしています。

     

    それを生かすも殺すと自分次第です。


    まずは自らを見つめ直して、決断しましょう。

     

    それが改革のスタートです。

     

    変化に対するチャンスです!!(^^)

     

     

     

    今週も当たり前のレベルを上げていきましょう!!

     

     

     

    ◆今回の心得◆

     

    流されるのではなく、自ら泳ごう!!

     

     

     

    代表 瀬川裕之 著  経営者、管理者向け
    「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
     〜 組織管理から組織マネジメントへ 〜

     ⇒ ご購入はこちら(amazon)

     

    組織の持つ“当たり前”のレベルを上げる!!
    『活き活き組織構築プロジェクト』
     ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html


    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
    【編集後記】

     

    あいまいを排除すると言うと、

     

    「コミュニケーションが悪くなる」

     

    本気でそう思っている方も少なくありません。

     

    それはプライベートにおけるコミュニケーションなら分かります。
    しかし、ビジネスにおけるコミュニケーションでは逆です。

     

    ビジネスにおける“あいまい”は責任の回避であり、先延ばしです。
    それは、結果的に信頼関係を失うことになり、組織の競争力を低下させます。

     

    最終的にはハッキリさせなければなりません。

     

    上司があいまいであれば、それに甘えることなくハッキリさせる。

     

    それは組織のためだけでなく、結局自分のためです。(^^)

     


    最後までお読み頂き、ありがとうございます。
    今週も笑顔の一週間でありますように!!

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

    JUGEMテーマ:ビジネス



    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    新刊の紹介

    NK総研 代表 瀬川裕之著

    メールマガジン
    『上司の心得、部下の心得』

    ビジネスマン必読!!
    毎週水曜日発行中

    いくら能力があっても、
    組織内で能力を発揮しなければ意味がありません。
    上司と部下の立場から、
    組織における能力発揮コミュニケーション術をお送りしています!!

    メルマガ購読・解除
     

    子育て応援
    メールマガジン

    子育ては、
    ”子どもが独り立ちできるようにする”こと!!

    毎週月曜日発行中 読者急増中!!

    メルマガ登録・解除

    facebook

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      瀬川裕之
    • ■上司の心得、部下の心得■574号【自信がないとダメなのか!?】(部下編)
      名無し

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM